官能の国~Shy Land~1 第1話

【第1話】

 

『Welcome!Shy Land』

惠(24歳)と恋人の俊介(28歳)は入場門で『Shy Land』と大きく描かれたネオンサインを見上げていた。入場門はいたってシンプルなもので、外観は通常の遊園地と大差なかった。

「どんなところなのかしら。ワクワクするわ~」
「めちゃくちゃエロいという評判だけど、表から見る限りは他の遊園地と大して変わらないようだね」
「いえいえ、表向きはそうだけど、中はきっと強烈なのよ~。あまりエッチ過ぎると、私、耐えられないかも知れないわ」
「嘘つけ。エッチなほど萌えるくせに」
「もう!俊介ったら~!」
「お、大きな声出すなよ。受付のお姉さんがこっちを見て笑ってるじゃん」
「あはは、ほんとだ~(^^;)」

惠たちはゲートを通って園内へと入っていった。
園内はさすがに大人向きの遊園地というだけあって、一般の遊園地でよく見掛けるキャラクターや親子連れの姿はなく、いたって落ち着いた雰囲気を醸し出していた。またポップコーン等を販売しているワゴンサービスは、著名なテーマパークと同様にその存在が確認できたが、売り子がすべてコスプレで統一しているところが『Shy Land』の特徴といえた。

「どこから行く?」

惠はマップを広げて俊介に尋ねた。

「カップル用のツイン館と、男女別々のシングル館があるみたいだわ」
「惠はどちらから行きたい?」
「そうね。最初はシングル館から行ってみる?」
「そうしようか」

ふたりが初めに目指したのは『ラバーチューザー』だった。
入口には次のような説明看板が掲げられていた。

【ようこそ、ラバーチューザーへ。この館では男女は交互に、“チャレンジャー”“アシスト”になることができます。男性がチャレンジャーになる場合、女性が先に特設ゲートから入場し係員に従って準備をしてください。約10分後に男性は会場に入ってください。会場に入ってしばらくするとメッセージが流れますので、男性はそのメッセージに従って行動してください。女性がチャレンジャーになる場合は、前述とまったく逆になります。男女とも見事当選すれば記念品を贈呈します。では、ご健闘をお祈りしています・・・】

「“チャレンジャー”“アシスト”?よく分からないけど、惠はどっちを先にやりたい?」
「そうねえ、先ずはチャレンジャーから行こうかな?」
「よし、じゃあ決まった。オレはアシストだから先にこのゲートから入って準備するね?」
「は~い」

しばらくの間とは言っても、俊介がそばから離れていったことで、惠はかすかな不安をいだいた。

「う~ん、なんか置いてけぼりを食った感じかも・・・(--;)な~んてこと言ってても始まらないから、さあ、先へ向かおう」

通路は薄暗くなっている。
ホラーハウスなど恐い所が大の苦手の惠にとって、暗いところはどうしても足がすくむ。

(俊介がいないから心細いよ・・・)

ようやく係員に促されて、しぶしぶ中に入っていった。
それでも腰が引けている。

通路は足元を照らすフットライトだけが頼りだ。
まもなく通路を抜けると少し広い空間に出た。
惠は不安そうな顔で周囲を見回した。
正面に5つ赤い豆電球が灯っているだけで、相変らず空間中は暗い。

しばらくするとアナウンスが流れた。

『ようこそ、ラバーチューザーへ。あなたは今からチャレンジャーとなって、5人の男性の中から彼を見つけ出さなければなりません』

「な~んだ。そんなの簡単じゃん~」

『ただし・・・』

「ん?」

『5人の男性は正面のホールからシンボルを覗かせるだけで顔は見せません。あなたが使えるのは口だけです。口だけを使って、大事な恋人をずばり当ててください。左から順にA、B、C、D、Eとなっています。なお、指を使うとその場で失格となりますのでご注意ください。因みに、すべての男性は予めシンボルをきれいに消毒していただいておりますので安心してお咥えください。持ち時間は10分です。では、がんばって彼氏を発見してください!スタート!』

「え~!?そ、そ、そんなあ・・・」

 
 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA