高三もえ 濡れたつぼみ 絶頂の対面座位

【第7話】

 

もえにすれば今すでに満ち足りている。
さらにこの上ない至福の歓びがまだあると言うのか。
もえは未知の官能の極致に心をときめかせた。

そんな矢先、背後で律動を続けていた工藤が動きを止め耳元でそっとささやいた。

「もえの顔が見たい」
「え?」
「後ろからだと、もえの可愛い顔が見えないから、見える体位に変えたい」
「可愛い……だなんて嬉しいな。はい、分かりました」

もえは照れ隠しもあってわざと丁寧に答えた。

「じゃあ、こっちを向いて?」
「はい……」

工藤は四つん這いになっているもえを、自分の方を向かせた。
真正面の工藤と目が合うと、急に恥ずかしくなったのか目を伏せてしまった。
工藤はそんなもえの肩にそっと手を添えて、自分の膝の上にもえを誘導した。
真下には怒張したものが、今か今かともえを待ち構えている。
工藤は挿入の前にもえの乳房にしゃぶりついた。

「あぁん、せんせい……」

乳首からの刺激が、再びもえを悦楽の世界に引き戻そうとしていた。

「もえ……かわいい……」
「せんせい……」

小さな声だが、もえは即座に反応する。

「挿れるよ」
「は、はい……」

天井を仰いでいた肉棒が花弁を捉えた。
濡れそぼった花弁は容易に受け入れる。

「あぁぁっ……!」

工藤はもえを抱きしめ一気に突き上げる。
温かい肉の好感触が肉棒を包み込んだ。

「ああっ……」

工藤が上下に律動すると、もえはそのリズムに合わせるように腰を上下に振った。
工藤はしっかりともえを抱きしめ、激しく揺さぶる。

「あっ、あっ、今そんなに動かしちゃ……っ」

愛らしい二つの隆起が揺れ、工藤の厚い胸と触れ合う。
性を知り初めて喘ぐ少女の姿は、初々しくもあり、どこか痛々しくもある。
今ここにいるのは教師と生徒ではなく、一人の男と一人の女なのだ。
愛する者同士がひとつに結ばれる時、全ての垣根は取り除かれてしまう。
膣内はキュッキュッと工藤の肉棒を搾り取るように締めつける。
秘孔からはとろとろと愛液がこぼれ出す。
工藤が顔を歪め、抽送を速めていく。

「くぅっ~~、もえ、締めつけがすごい……」
「ああっ!せんせいっ!あっ、あっ、せんせい!いやっ!ああん!」
「もえ、いいぞ!」
「あああああ~~~!いやぁ~、あああ~~~!ああ、ああ、ああ、いやぁ~~~」

まだびくびくとうごめいているもえの中を、工藤がさらに強く突き上げる。
敏感な蜜壺は新たな快楽に従順に反応して、次々と蜜を生み出していた。
蜜口からだらだらと愛液を垂らしながら、もえは強すぎる快感にうめいた。

「ああ~っ、せんせい!どうしよう!何かへん!あぁん、あぁん、いやっ、だめっ、何かへんなの!」
「はぁはぁはぁ、もえ!」
「ああっ、せんせい!気持ちが良すぎて、あぁ…恐いくらい!あぁ、あぁ、どうしよう!」
「はぁはぁはぁはぁ」

(ズンズンズンズン!ズンズンズンズン!)

「ああっ、だめっ、んんっ、やぁっ、あぁんっ」
「もえ、やばい……いくぞ……っ」
「せんせいっ!」

工藤の肉杭がもえを貫く。
淫らな水音に、グチョグチョと荒々しく肉を擦る音がいやらしい。

「もえっ……」
「せ、せんせい……せんせい……」

求めるように互いの名を呼びながら、もえと工藤はひたすらに交わり続ける。
二人の息は次第に浅く早くなり、限界が近いことをうかがわせる。

「もえっ……もうイくかも……」
「うん、うん……」
「も、えっ」
「あっ、ああっっっ……!」

工藤はもえの一番深い所まで自身をねじ込んだところで彼の情熱が切なく爆ぜた。
コンドーム越しではあるがもえは工藤が脈打つのを感じ取り、そして時を同じくして、もえもまた雲まで伸びたエレベーターに乗って天に昇るような感覚に襲われた。
『気持ちが良い』をはるかに越えたすごい感覚であり、それが真の『イク』ことだと生まれて初めて知った。

「せんせい!せんせい!私、イッたかも……」

工藤が自身を引き抜くのを感じながら、もえはぼんやりとした意識の中でつぶやいた。

「もえ……好きだ……君を離したくない……」
「せんせい……私も……大好き……ずっとそばにいて欲しい……」

しばらくの間抱き合ったまま、ふたりして荒い息をついていた。
動きがぴたりと止まり静寂の時が訪れた。
心地よい痺れに身体が打ちひしがれている。
陶酔のひととき。
頭の中は真っ白になっている。
何も考えられない。いや、考えたくない。

工藤はそっとくちづけをした。

「もえ、君がいとおしい……」
「先生……私、先生と別れるの嫌だよ……離れたくないよぉ……」

もえは工藤の胸の中で泣きじゃくった。
工藤はもえの髪を撫でながら優しくささやいた。

「僕だってもえと別れるのは嫌だ。離したくないよ。でもね、人生って色々な人と出会いと別れを繰返すものなんだ。もえは将来沢山の人たちと出会う。僕よりももっと素敵な人と出会うかもしれない。今は辛いけど、時が過ぎれば昇華してよい想い出となっていく。僕もずっとずっともえのことは忘れない」
「いやだ~~~~~~!離れたくないよ~~~~~~!」

 
 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
gray
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA