全ての者に愛の手を 黒衣の堕天使として(3)

【第10章(3)】

「相変わらず、隙があればオナるやつだな。オナニー中毒はまだ治んねぇのか。」
「ご、ごめんなさい…」

言われて顔が赤くなる。オナニー中毒と言われると否定はできない。むしろ調教が私の性欲を強め、次の調教が待ち遠しくなってしまった。

「まぁ良いさ。俺がいない間は奴隷のルールも関係無いしな。」
「…ありがとうございます。」

「よし洗浄するぞ。」
「はい。」
「あ、その前に。これだな。」
「え…?」

御主人様の手にはバケツ以外にビデオカメラが握られていた。しかも本格的なもの。
それを三脚に乗せ、テープを中に入れスイッチを入れた。

「あとで四人で鑑賞しような。」
「そ、それはちょっと…」

四人とは御主人様と私と、炎之花と綾香さんだろう。さすがに恥ずかしい。

「ま、良いか。」
御主人様はカメラを壁に向けた。

彼は私を壁まで連れていき、点滴式の浣腸器を衣装架けにかけ、チューブに潤滑剤を塗り始めた。
最初からいくつか道具を準備していたのだろう。御主人様の鞄の中にはまだ道具が入っていそうだ。

「奥まで洗うからな。」

ズプッ

「んんッ…」

チューブはどんどん奥まで入れられ、S字菅あたりまで侵入してきた。

「バケツの上に座れ、入れられながら出せよ。」
「は、はい…」

ドボボボ…
浣腸器の中に薬剤の水溶液が入れられた。

「あッ…ああぁあ……」

お腹の奥に水を当てられた感覚が走り、排泄欲がこみ上げてくる。

「チューブを持って、離すなよ。勝手に抜いたら今日はお預けだからな。」
「は、はい…ああぁ…」

御主人様の言うとおり、チューブを持ちながら、肛門を緩めた。お腹の中で汚れた水がバケツの中に落ちていく。

「さて、洗浄の最中は俺に楽しませろよ。」

ヒュンッ

御主人様は手に鞭を持ち、それを振るった。
一本鞭だ。御主人様が言うにはバラ鞭の数倍痛いそうだ。

「今まで、試す場所がなかったからな。家だと狭すぎて振れないし、痛すぎてかなり叫ぶと思うから防音設備がないとな。
 その点このスタジオは防音されてるし、大丈~夫。」

ヒュンッ
パチン…

「ひッ…」

力を抜いた状態で少し振られ肌に当てられた。少し痛い。普通にバラ鞭で叩かれたような感じだ。
これが全力の力で叩かれたら。絶対叫んでしまう。いや、痛すぎで叫べないかもしれない。

「んじゃいくぞ。痛くてもバケツ倒すなよ。」
「はいッ…」

ヒュンッ
バチンッ!

「!?―ッあああぁッ!!」

叩かれたのは背中から二の腕にかけて。
痛い。今までに受けた痛みで一番痛い。刺す様な、切る様な痛み。

服の上からでもかなりの痛みが走る。
肌にミミズ腫れができ、叩かれた箇所の周りまで赤くなる。
全身をこわばらせ動かないように必死に耐える。

「痛ぇよな? 出来るだけ腕とか首回りには叩かないようにするから我慢しろよ。」

ヒュッ
バチィッ

「きゃあぁッ!!」
次は太股。

バチィッ

「うわあッ!?」
乳房。

バチンッ

「ひぃッ!」
下腹部。
ジンジンと痛みが残る。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA