全ての者に愛の手を 黒衣の堕天使として(2)

【第10章(2)】

「やっぱお前選んで正解だったな。乳はでけぇし、背もそこそこあるし。唇厚いし。」
「恥ずかしいです…」
「よし次。次はこれだな。」

次に手渡された衣装は黒いナース服。靴、ストッキング、ナースキャップまで黒。

「着慣れてるだろ?」
「あ、はい…」
着替えさせられまた写真撮影が再開される。

「次はプレートは普通に持って。」

カシャッ
カシャッ
カシャッ
フラッシュが焚かれ、写真が撮られていく。

「はい。お疲れ。いや、悪かった。作品売り込みに行ったインディーズバンドから仕事もらってさ。
 急遽ジャケット用の絵作らなきゃだったんさ。さっきのプレートは曲名。」

「そうなんですか…」
「出演料は……体でか?」
「え…」

言われて期待してしまう。 

「ツッコめボケ。“なんだその人妻がヤクザに払う借金みたいな表現は?”とか。」
「え…えっと…」

「…………………ふぅ。お前にツッコミを期待したのが間違いだったな。まぁいいや。やりたいんだろ?」
「……はい…」

なんだかわけのわからないことを言われながらも、彼は私に近付き私の体をまさぐる。

「んんッ…」
「何か変なシチュエーションだな。黒いナース服の看護婦を犯そうとしてるし、場所もスタジオだし。」

「用意したの…はッ…御主人様…ですッ…」
「まぁそうだな。今日はどっちでする?」

「あ…あの…今日は…ダメな日なので…後ろが良いです…」
「つうか後ろが好きなんだろ?」
「……はい…」

前も好きだが後ろも好きだ。むしろ後ろの方が独特の気持ち良さが味わえる。
普段出口だけの一方通行の穴を熱い筋肉の塊が逆走してくる、内蔵を撫でられるような感覚。

カリ首が直腸を引きずり出すように、排泄感を強めたような感覚と悪寒に似た背筋の寒気が心地良い。それに何の気兼無く御主人様のエキスを出してもらえる。

その変わり感染病を防ぐため、中を良く洗浄しなければならない。
エイズの原因の一つだからより慎重をにしたほうが良い。

「さて、入れる前に洗おうか。出してきたか?」
御主人様が言うのはもちろん排泄物のことだ。

「…は、はい。」

最近、お肉を食べていない。以前に増して菜食中心になった。お腹の中の臭いを少しでも軽減させるため、少しでも中に溜めないように。

「んじゃ、洗浄だけで良いな。」
「はい。よろしくお願いします…」

御主人様は浣腸器を取り出し、薬液の入った瓶を出し私に見せた。

「え~とバケツと水は……ちょっと待ってろ。用具室に取り行ってくるわ。」

御主人様はスタジオを出ていった。
……なんかお預けを食らった気分だ。

「………………………」

何をして良いかわからない。
少し…少し触るだけなら…
右手をスカートの中に運び、下着の上から秘部を擦る。

ニチャ…
もう、少し濡れていた。

「だから勝手にオナるなっつうの。」
「!!」

御主人様はすぐ戻ってきた。呆れた顔で私を見ていた。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA