ありさ・ふきふき幽霊 第5話

【第5話】

初めのうちは苦痛だけしかなかったが、奇妙なことに氷の肉棒に責め続けられているうちに、かすかに潤い始め同時に痛みも薄らいで行った。

(ズッチョンズッチョンズッチョン……)

(あぁ、いやぁ…………あぁ、だめぇ…………)

幽霊の肉棒と少女の美肉と言う不釣合いな組み合わせだが、二つは奇妙な不協和音を奏でていた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

扉の外で待つ美枝はありさが出てくるのがあまりにも遅いので、堪りかねて声を掛けてみた。

「ありさ、だいじょうぶ……?おなか痛いの……?」

(…………)

返事がない。
それに水を流す音も聞こえてこない。

「……??どうしたのかしら……?ありさ…だいじょうぶ……?ねぇ、ありさったらぁ……」

美枝の声は当然ありさの耳に届いているのだが、声が出ないから返事もできないし、身体を動かせないから扉を叩いて知らせることも適わなかった。
その間も氷の肉棒の激しい抽挿は間断なく続いた。

(グッチョングッチョングッチョン…グッチョングッチョングッチョン…)

『ぐふふふ……気持ちがいいなあ……ぐふふふ……可愛い子とのセックスってこんなに気持ちのいいとは……ぐふふふ……最高だよ……』

(はぁ、はぁ、はぁ……おねがい…もうゆるしてぇ……)

『まだダメだよ、今いいところなんだから……ねえ、名前……何て言うの……?』

(あ…あ…ありさ……)

『ありさちゃんっていうんだ……いい名前だねえ……とても気に入った……』

(はぁはぁはぁ……)

『ねえ、ありさちゃん……四つん這いに……なってよ……』

(え?四つん這いに……?)

『そうだよ……ぼく……可愛い女の子を四つん這いにさせて……エッチするのが夢だったんだ……』

(そんな恥かしい格好できないわ……)

『ぼくの頼みを聞いてくれないの……?』

(……分かったわ……でも、身体が動かないし……)

『だいじょうぶだよ……四つん這いになってみて……』

(……?)

ありさは闇の声に従って、両手を伸ばしてみた。
するとどうだろう。いくらもがいても先程まで動かなかった両手が、自由に動くようになっている。

『両手を床へ……』

不本意ではあったが、ありさは幽霊の指図どおり両手を床に着けた。
屈むと当然尻が浮き上がってしまうが、幽霊はさらに腰高を要求する。

『もっとお尻を高く上げて……』

逆らうと何をされるか分からない。
ありさはもぞもぞと腰を動かし指示に従った。
幽霊はなおも要求する。

『お尻をもう少し後に突き出してくれるかな……』

幽霊は意のままに操るためありさの金縛りを解いたのだろうが、それはありさにとって逃亡の絶好の機会でもあった。
ありさは四つん這いになる素振りを見せながら、脱出のタイミングを計っていた。

(今だ!)

ありさは急いで這いずりながら扉の方へ駆け出そうとした。
ところが再び足が痺れてしまい、まるで足に錘をつけたかのように身体が動かない。

(うそ……どうして!?)

『ありさちゃん…今僕から逃げようとしたね……?逃げるのは無理だよ、あきらめた方がいいよ……』

(そんなぁ……)

がっくりと肩を落とすありさの背後から、再びあの冷たい肉棒が侵入して来た。

(ズニュッ!)

(ひぇ~~~っ!!)

『ぐふぐふぐふ……ありさちゃん…いい気持ちだよ……最高の挿し心地だよ……ぐふぐふぐふ…………』

氷の肉棒はゆっくりと抽挿を開始した。
最初のうちは奥まで挿し込まず半分程度挿し込んですぐに戻す、といった動きをみせていたが、次第に突き込みが大胆になり奥の方へと侵入していった。
肉棒が人間よりも温度が低いこと以外はさして変わらなかった。
人間のそれのような弾力性は感じられなかったが、硬さは男性の怒張時とほとんど遜色がなく、野球の軟式ボール以上に硬かった。

突き込まれるたびに身体が大きく揺れ、膣道は激しく摩擦される。

(ズリュンズリュンズリュン…ズリュンズリュンズリュン…)

(あぁ!だめぇ~!そんに強く擦っちゃだめだってぇ~!!)

(ズンズンズン!ズンズンズン!)

ありさは気づいていなかったが、膣内にはすでに多量の潤滑油が滲み出していた。
そのせいもあって次第に動きが滑らかになり、律動的なものへと変化していた。
それは生身の男性と性行為に及んでいると錯覚するほどであった。

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA