殺意ある誤診 ヌードパーティ

【第5話】

2人は、抱き合った後、撮った写真をプリントしていく。
「ダメ、これはダメ!」淫裂を露わにした、自分の写真はプリントされたくなかった。
「誰にも見せないよ。それに、これで抜かせてよ!」
「抜くって、オナニーの事?」
「そう、だからいいよね」

「オナニーするなら、私がして上げるわよ」
「毎晩とは行かないじゃないか。僕は毎晩やるんだから…」
「わかったわよ、プリントしていいわよ」文子も渋々承知して、次々と写真が印刷された。

「これで全部だな。これもいいよな…」2人が抱き合った写真だ。
「イヤだったのよ。私はレズじゃないのに」
「わかっているよ、文子さん。だからお礼に、もう1回するよ!」

「今度は私にさせて。私がやりたいの」
「わかった、まかせる」工藤が仰向けになると、文子は馬乗りになって淫裂に肉竿を迎え入れていく。

「文子さん。いいよ、凄くいい!」揺れ動く乳房を掴んだ。
「私もいいわ。凄くいいの」満足そうに腰を振っているが、工藤は美佳を想像していた。
(いずれは、美佳にもやらせてやるぞ…)泣きながら、腰を振る美佳を思い浮かべている。

そして、文子は工藤と打ち合わせた通りの事をしていく。
「美佳、明日は家に泊まってくれない?」
「明日ですか?」
「そうなの、お願いだから泊まってよ」

「でも、明日は用事が…」
「来てくれないと困るのよ、工藤さんが写真を見せたいって、聞かなくて」
「あの写真ですか?」
「そうなの。だから、美佳も一緒なら安心だし…」それには、美佳も不安になってしまった。

(何かあるわ。でも、行かないと、写真があるし…)暫く考え「わかりました、明日行きます」承知した。
「助かるわ。ごちそうは、用意しておくから」文子は美佳が承知すると笑顔になった。

翌日、美佳は文子のマンションを訪ねた。
「待っていたわよ、入って!」中に入ると工藤もいる。
「お待ちしましたよ。それでは始めましょうか!」
「始めるって、何をですか?」

「パーティですよ。3人だけの、ヌードパーティです」
「まさか、私にそれをやれと言うの?」
「当然です。金沢さんはやるそうですよ」
「そうなの。だから、今から脱ぐのよ」鍵を掛けると、2人の前で脱ぎだした。

「そんなの、私にはできないわ!」
「やらないと責任もちませんよ。いいんですか?」レズしている写真と、全裸の写真を見せた。
「そんな、脅迫だなんて…」

「脅しではありません、取引です。イヤなら、これが院長と渋谷に渡るだけです」
「美佳も脱いで。院長に渡ったら、私も首になってしまうのよ!」
(そうよ。首どころか、週刊誌で笑い物になってしまう…)悩んだ末に服を脱ぎだした。
(それでいいの。今夜は泣いて貰うからね)文子は笑うのを堪えて脱ぎ「僕も脱がないと」工藤も脱ぎだし、3人は生まれたままの姿になった。

「美佳、乾杯しようよ!」文子は隠そうともせずに、グラスにビールを注いでいく。
「工藤さんも、乾杯よ」グラスを渡してビールを注いだ。
「乾杯!」全裸の3人は一気に飲み干した。

「さてと、今夜はじっくり見せて貰うよ!」レズを催促すると「仕方ないわね、やりましょう」2人は抱き合った。
唇を重ね、乳房を吸い合い、淫裂を撫で合う。
それに「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声も上げだした。

やがて、2人はシックスナインになって、淫裂を舌と指で愛撫していく。
それを見て「僕も一緒にやらせて!」上になった美佳の腰を押さえ、腰を押しつけた。
「イヤ。入れないで、イヤ~!」声を上げるが、淫裂には肉竿が入り込んでしまった。
「抜いて。お願い、抜いて!」首を振るが、入った肉竿は更に奥を目指し、小刻みなピストンを始めた。

「だめ…。あっ、あっ、あっ!」肉竿が入るたびに、声を上げている。
「気持ちいいよ。美佳さんとオ○ンコやれるなんて!」工藤は肉竿の動きを速めた。
(いい気味よ。これで思い知ったでしょう。渋谷さんとは別れるのよ)目の前で行われるピストンを満足げに見ている。

工藤はピストンを速めて行くが「あ、あ、あ~!」肉竿を押し込まれて喘いでいた。
やがて「でる、でる!」登り切るが「出さないで。中はイヤ!」腰を引くが、工藤に抑えられているから逃れられず、膣の中で噴射された。
「いやよ。射精なんてイヤ!」声を上げて、泣き出した。

「美佳、洗わないと。ほら急ぐのよ!」文子に言われ、手で淫裂を押さえ浴室に入った。
「うまくいったぞ。これで、思うがままだな」
「そのようね。私の協力があったからよ」
「感謝するよ。これで、美佳は俺の言うがままだし…」

「そうよ。それに、渋谷さんとはと別れるしね」2人は笑顔でヒソヒソ話し合っていたが、美佳が戻ってくると「文子さん、やってよ!」フェラを要求した。
 (そんな、汚れたオチンチンを私になめさせるなんて…)不満だが、美佳の手前、言われた通りに、肉竿を口に迎え入れた。
「気持ちいいです、文子さん…」萎縮していた肉竿が、膨らみだした。

「文子さん。上になってやって貰えませんか?」
(美佳が見ているのよ。2人きりの時にするから、今はイヤ!)肉竿を加えたまま、首を横に振った。
「写真はどうしましょう。院長に見せてもいいんですか?」
(やるわよ。美佳の前ではやりたくないのに…)頭を起こし、工藤を寝かせて馬乗りになった。

「美佳さん、見ないで。恥ずかしいから」肉竿を掴んでゆっくり腰を下ろすと「あ、あ、あ~!」淫裂に肉竿が入り、声を上げた。
「美佳、見るんだ。オ○ンコに入ったぞ!」
「ダメ、見ないで。恥ずかしいから見ないで!」文子は首を振りながら、腰を動かしていく。

(凄いわ。膣にオチンチンが入っていく…)結合部を見るのは初めてだから、驚いている。
「見えるか、美佳!」工藤はわざと、文子を辱めようとした。
「はい、見えます…」
「ダメ、見ちゃダメ!」首を振るが文子の淫裂が濡れている。

(変な感じだわ。見られながら、セックスすると…)自分でも濡れていくのがわかる。
「美佳、もっと見るんだ!」
「ダメ、見ちゃダメ!」しかし、淫汁が流れて、肉竿や、睾丸を濡らしている。

(気持ちいいわ。もっと、虐めていいわよ…)文子は首を振りながら、淫汁を流し続けるが「出すぞ、受け止めるんだ!」
「ダメ、お腹はイヤ!」口では言うが(出して。オ○ンコに一杯出して!)と結合したままでいる。

「射精だ。精液が流れている!」淫裂から漏れ出るのが見えた。
「ダメ。出しちゃダメ…」息を弾ませながら降りて、淫裂を手で押さえた。
(凄く良かったわ。今度は2人きりでしてね)工藤を見つめてから、浴室に向かった。



 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA