ありさ・ふきふき幽霊 第2話

【第2話】

ボックス内は清掃がよく行き届いていて、臭気もなくとても清潔だ。
それに彼女たちが怯えるようなものは、何も見当たらない。
ありさのボックスの前で、美枝は2個のカバンを大事そうに抱えながら、何やらそわそわと落ち着きがない様子であった。
ボックス内にありさがいることは分かってはいるのだが、一人残されたような気がして不安にさいなまれた。

(ありさ、大丈夫かな……?)

ありさはスカートをまくりあげパンティを下ろし、和式便器に屈み込んだ。
新築棟の便器は全て洋式化されたが、ありさたちのいる旧棟の便所は従来のまま和式便器であった。

かなり我慢していたようだ。
膀胱に貯まっていたものが一気に噴出する。

待っている時間というものはすごく長く感じる。
美枝は居たたまれなくなって ボックス内にいるありさに声をかけた。

「ねえ、ありさ、まだぁ?」
「もう~、そんなに急がさないでよ~。おしっここぼしちゃうじゃん」
「ごめんね。でも何か心配で……」
「大丈夫、大丈夫、な~んにも出てこないよ~」
「それならいいんだけど……」
「あんなの噂だって」
「そうだよねえ」

ふつう用便中に声を掛けられるのは気分の悪いものだが、この場合は逆だった。
と言うのも、一見気丈夫そうに振舞っているありさだったが、内心はドキドキで恐怖に包まれ震えおののいていた。
ありさは美枝の声が聞こえてきた時、一瞬安堵のため息をついていた。

貯まっていた液体がすっかり放出され、ありさはトイレットペーパーのロールに手を伸ばした。

(カシャカシャカシャ……)

数回回転させ少し長めに紙を巻き取る。

(あ~あ、おなかが空いたな~。帰りに美枝と肉まんでも食べて帰ろうかな?)

空腹を感じたありさは、帰りの寄り道先を考えていた。
つかんでいたトイレットペーパーを股間に持って行き拭こうとした瞬間、ふと股間に違和感を感じた。

「えっ……!?」

今排泄を完了したばかりの尿道口を、柔らかな『紙の感触』が襲ったのだ。
ありさが自身がホルダーから巻き取ったトイレットペーパーは、手の中に収まったままでまだ使っていない。
『紙の感触』は亀裂の中心線をゆっくりと前後に往復した。

「う、うそ……私はまだ拭いてないのに……だ、だれなの…?私の大事な所を拭いているのは一体だれ……?」

背筋が凍りつくほどの恐怖感がありさを襲った。
やっぱりあの噂は作り話ではなかったのか。

(あわわわ………………)

ありさはありったけの声を張り上げ、ドアの向こう側にいる美枝を呼ぼうとした。

(きゃあああああ~~~~~~~~~!!)

声を出そうとしても、声が出ないのだ。

(うそっ!どうして!?どうして声が出ないの!?)

とにかく気味の悪い『紙の感触』から離れなくては、と思ったありさは直ぐに立ち上がろうとした。
ところが膝が痺れてしまったのか感覚がなく、まるで金縛りに遭った時のように身体が動かないのだ。

(えっ…そんなぁ……どうして…!?どうして身体が動かないの?なぜ!?)

誰かが股間に紙を忍ばせ拭いてくれている。
冗談じゃない!
ありさはしゃがみ込んだまま、股間のおぞましい感触から逃れようと、身を逸らそうとするが動かない、そして叫んでみるが声が出ない。

(美枝!美枝!助けて~~~~~!!)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ドアの外では美枝が、用を済ませたありさが出てくるのを今か今かと待ち侘びていた。

「ありさ、遅いなあ。おしっこだけで何でこんなに時間がかかるんだろう。あっ、もしかして、ついでに大もしてるのかな?」

外から頻繁に声を掛けるのも悪いと思った美枝は、我慢をして待っていた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

(ひぃ~~~っ!!お願い、もう拭くのはやめてよ~~~!!気持ち悪いよぉ~~~!!)

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA