全ての者に愛の手を 支配者の傍ら(2)

【第9章(2)】

「ん…んん…」
「あむ…モグモグ…」

私の舌を唇に挟んだまま料理を飲み下していく。

ジワ…
久しぶりのキスに股間が熱くなるのを感じた。
たぶん、もう下着にシミができ始めている。

料理が半分なくなるくらいまで口移しを続けていった。

「んんッ…ぷは…」
「もぐ…」

彼は指示も文句もなく、ひたすらに移された料理を胃に落としていった。

「はぁはぁ…」

自らの息が上がっていくのがわかる。
意識的に手を股間に持てっていく。

「……」

パシッ
腕を捕まれ睨まれた。

いくら発情してるとはいえ、彼に、御主人様に許しを請わなければ自慰すら許されない。それが奴隷なのだ。

「ご、ごめんなさい…」
「お仕置きの覚悟があってやったのか?」

「いえ…あの…我慢できなくて…その…」
「覚悟があろうが無かろうが、受けてもらうんだけどな。来い。」
「きゃ!!」

髪を捕まれ厨房まで引きずられた。苦痛よりもこれから起こるであろう虐拷に胸を高鳴らせた。

「さてさて、俺はそこら辺の馬鹿なオヤジ達と違って、ガムシャラに叱るつもりはない。
 まずは言い分を聞こうかな。何で許しも乞わずに勝手なことをした?」
「その…我慢が出来なくて…」

怖い。ただ怒鳴ったり叫んだりは怖くない。頭にくるだけだ。
しかし今の彼のように静かに威圧されると、体の芯から恐怖を植え付けられている感覚にされる。

「我慢できなかったらして良いのか? 奴隷の分際で。」
「しては…駄目…です…」
「だよなぁ。駄目だよなぁ。だが、優しい俺君は、綾香にお仕置きを選ばせてあげようと思う。」

そう言うと彼は厨房をあさり、ワインビネガーとアイスピックを取りだし私に見せ付けた。

「浣腸とピアッシング。どっちが良い?」

彼の提示したお仕置きは、どちらも未知のものだった。
浣腸はされたことがあるが、水以外の物を入れたことはない。
ピアッシングは問題外。耳にピアスはするが彼が言っているのはそんなものじゃない。しかも普通の針じゃない。

「ど、どっちも嫌です…」
「…逆らうのか?」

彼の目が冷たさを増していく。

怖い。
怖い怖い怖い…
きっともっと酷いことをされる。
嫌な汗が背中を流れ始める。

「あ……あ……あのッ……ごめんなさいッ…やります!やりますからッ酷いことしないで!!」
「…………。」

「い…いや…」
「………………ぷッ…はッははははははッ。」

「?……え…あの?」
「いや、わりぃわりぃ。」

いきなり雰囲気が変わり、御主人様は笑い続けた。

「久々におまえのビビった顔が見たくてさ。安心しろ。今日は道具も無いし、浣腸もピアスもしねぇよ。」
「あ…」

そういえば御主人様は今日は手ぶらで来店してきた。
だけど少し残念に感じてしまう。確実に奴隷として私が作り変えられていると実感した。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA