全ての者に愛の手を 堕落する聖職者(4)

【第6章(4)】

ぢゅ…

充分に濡れた肉壺は容易に肉の挿入を受け入れた。

ずず…
ゆっくりと侵入する肉棒。

「んッ…ぁぁ…あ…」

少しずつではあるが炎之花は声を漏らす。
痛みのためではない。感じているのだ肉の喜びを。

「まだ狭いな。」
「あッ…あッ…み、水橋さッ…」

俺はその狭い肉壺をゆっくりとほぐすように、ゆっくりと腰を振り動かす。

「あくッ…ひ…ああッ…」

だんだんと炎之花の口から放たれる声が大きくなり、色を増していく。

「感じてるのか?」
「~~!!」

俺の言葉に口を閉ざしフルフルと首を横に振る。
俺は腰を押し進めさらなる刺激を与える。

「んあぁッ!」
「炎之花は嘘吐きだな。こんな濡らして、いやらしい声出して、感じてないわけないよな?」

「ち、違いますッ……わ…私は感じてなんか…」
「その台詞は腰を振るのをやめてから言え。」

炎之花の腰はゆっくりとではあるが、快楽を求めるようにジリジリと動いていた。

「あ…」

炎之花は俺の指摘で言葉を詰まらせ、顔を真っ赤にする。それでも腰は止まらない。

「昨日まで処女だったのにもう腰を振るなんて、炎之花は生まれつきの淫乱だったのかもな。」

耳元で息を吹きかけながら羞恥を高める言葉を吐く。
炎之花は否定も肯定も無く、ただただ押し寄せる快楽に耐えていた。

「んんッ…んー!」
「声を出して。快楽に身をまかせるんだ。神の言葉に耳を傾けるな。目の前の肉欲に忠実になれ。」

少しずつ、炎之花の神に対する信頼を奪うため、快楽をジワリジワリと与えていく。
神に対する信頼が炎之花の理性を縛りつけていることは明らか。
それを崩し、俺に依存させなければ炎之花を奴隷にすることは不可能だ。

「性の快楽は誰でも味わう当然の感覚だ。神が否定する悪魔の感覚じゃない。受け入れろ。」
「ん…あッ…あ…」

少しずつ。少しずつではあるが炎之花の反応が良くなってきた。

「性に溺れろ。神が見捨てたとしても、俺は炎之花を愛してやる。」
「み…みず…はし…さん…」
「堕ちろ。堕ちて俺に服従しろ。」

俺はピストンを速め、炎之花を絶頂に追い込む。

「ひあッああッああッ! みずッはしッさんッ…だめ…激しッ…すぎるッ!」
「気持良いんだろ!? なら鳴け! 鳴いて鳴いて! イッちまえ!」
「うあああッだめッだめだめだめだめぇッ! いっ…ちゃうぅ!」

ズンッ
炎之花を絶頂に追い上げる一突きが子宮口を擦りあげた。

「~~~~~~~ッ!!!」

炎之花は歯を食い縛り絶頂を向かえた。
俺もまた膣の痙攣で絶頂へと追い込まれる。

「くッ…」

ドク…

「!?ふあぁあッ…」
射精される快感で炎之花は声をあげた。

ドクドク…

「ふぅ…」
「あ……あ……」

最後の最後まで膣に出しきると、炎之花はそのまま気を失った。
もともと気が弱い炎之花だ。心労と強すぎる快楽で気を失ったのだろう。

「はぁ…はぁ……」

俺も寝不足と疲労でかなり眠い。逸物を引き抜き、炎之花の隣に倒れ込み眠りについた。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA