囚われの女子アナ 中出し

【第6話】

 

それから数日後、美樹と浅野の番組の収録が始まった。
収録が始める前に、ゲストの中野との打ち合わせが行われる。
「美樹、始まる前に素っ裸を見せて欲しいな」会うなり言い出し「そんなの無理です、スタッフもいますし…」これ以上裸を晒したくないから言い訳した。
「裸にならないなら帰るよ。それでもいいんだね?」中野は強く出た。
「お願い、虐めないで。他の人に見られたら困りますから」頭を深々と下げるが「美樹、脱げよ、鍵を掛けて置くから」浅野もなおも言う。

それには(やるしかない。もし、収録できなかったら私の首が飛ぶし…)強ばった顔をしてスーツを脱ぎだした。
ブラウス、スカートと脱いで紫の下着姿になると美樹はパンティを引き下げ股間を露わにすると、そこには、コケのように絨毛が生えている。
更に両手で背中のホックを外し、乳房も露わにすると、両手を後ろで組み、2人の前に立った。
「これで、いいですよね?」目の下が赤く充血しており「いいよ、そのままだよ」2人は全裸を晒す美樹にカメラを向けた。
「イヤ、写真はイヤです。撮らないで!」両手で胸と股間を押さえうずくまった。

「手を退けろ。撮らせないなら、この服は捨てちゃうぞ」脱いだ服を浅野が押さえた。
「やめて。そんな事したら、私のヌードが…」
「だったら、手を退けて、素っ裸を撮らせろ!」そう言われれば逆らえず、両手を下げて、立ち上がった。
「笑え、笑顔になるんだ!」作り笑顔になり乳房と淫裂を晒した。
「いいぞ、その顔がいいよ」逃げたい気分を堪えてカメラに収まっていく。

「よし、次はこれだ!」中野が美樹の背中から抱き付き、淫裂に肉竿を押し込んできた。
「だめ、そんなのだめ…」拒んでも、肉竿が膣を押し広げ、入り込むとピストンを始める。
「気持ちいいよ、最高だな」腰を押さえ満足そうに腰を振り続けるが「撮らないで、お願いです」頼み込んでも浅野はやめず撮り続けた。

その間にも中野が絶頂を向かえ「出すぞ、オ○ンコの中に」美樹の腰を押さえている。
「イヤ、お腹はイヤ!」首を振って拒むが、膣の中に暖かい液体が漂いだした。
「イヤ、射精なんてイヤ…」力が抜けていき、淫裂から白い精液がこぼれだし「よし、もういいぞ」肉竿を抜くと、淫裂にティッシュを当てて、精液を拭き取っていく。
その後服を着てやっと打ち合わせが始まり、収録を無事に終えた。

収録を済ますと美樹は病院に行って診察を受けた。
「失敗しまして…」恥ずかしそうに説明すると膣が洗浄され避妊薬も処方され「これで妊娠は大丈夫だけど…」妊娠の恐れは消えたが、これからの事に不安を感じている。 

その不安が的中し、収録の前には必ずゲストに体を求められている。
「イヤです、ヌードにはなれません!」と断っても「中野とはオ○ンコしたそうじゃないか。俺にもやらせないなら、番組に出ないぞ」と脅され渋々全裸になってヌードも撮られ、その後は淫裂に肉竿が押し込まれて、射精されていく。
(こんなのイヤ。いくら妊娠しないからと言っても…)悔しさを堪え淫裂からこぼれ出る精液を拭き、服を着てから打ち合わせが行われた。

だが、この事が秘密にされている事はなく、ふとした事から、美樹と浅野のセックス写真が上司の江藤に渡ってしまった。
江藤は早速、美樹と浅野を呼んで問いつめ「これは、田中君の写真だね?」全裸写真を見せられては反論しようがなく、美樹は顔が真っ青になり、全身が震えている。
それでも江藤は「こんなのもあるよ」フェラしている写真も見せた。
「浅野君、こんな事されちゃ、困るんだよね」
「仕方なかったんです。美樹さんからオ○ンコしてくれと頼まれて…」それを聞いて(嘘よ、そんな事、言った覚えないわ!)反論したいが写真を見せられては黙るしかない。

「そうか、そんなに裸になりたいのか。だったら、ここでも見せてくれ」江藤は美樹に全裸になるよう命じた。
(そんな、ここでヌードになるなんて…)顔を強ばらせ、黙り込んだままだ。
「やらないならクビだ。それでもいいんだな?」
「イヤ、クビはイヤです、お願いですから、クビにだけはしないで下さい!」そう言うと、スーツに手を掛けた。
江藤は「俺にも情けはあるぞ。言う事を聞くならクビにはしないさ」美樹の脱いでいくのを、ジッと見ている。

美樹はスーツを脱ぐと、下着も脱いで全裸になった。
「手を退けて!」股間を押さえた両手を退け、短い絨毛に覆われた淫裂を晒していると「剃っているのか。どうせならここだけ残した方がいいぞ」指で恥丘を撫でていく。
「そうします…」項垂れて返事をした。

「素直でよろしい。それから、俺にもやらせて欲しいな」指が淫裂の中に入った。
「せ、セックスがお望みで?」美樹は泣き顔になった。
「そうだ、ここでやってくれ」チャックを引き下げ肉竿を取りだすと「わかりました…」椅子に座った江藤の膝に跨り、肉竿を淫裂に迎え入れる。
「うっ!」呻き声を上げ、なおも腰を沈め、密着していく。
「気持ちいいよ。田中君のオ○ンコは締め付けがいいね」満足そうに腰を振り「あ、あ、あ~」肉竿が淫裂の中をピストンしていく。
「今度は田中君がやるんだ。こういう風に!」
「わかりました。そうします…」顔を歪めて、腰を動かすと「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音が出始めた。

それまで黙っていた浅野も「江藤さん、記念ですよ」また、写真を撮り出した。
「うまく撮ってくれよ」乳房を揉み始める。
(イヤよ、写真はもういやです…)泣き顔のままカメラに収まっていく。
「撮れたな、どれ仕上げだ」乳房を掴んだ手が、美樹の腰を押さえ、揺すりだす。

それには「あ、あ、あ~」体を反らせ声を上げた。
「もうすぐだ、出すからな」江藤は乳首を吸いながら動きを早めていくが(出さないで、お腹に出さないで…)そう願うが膣深く噴射されてしまった。
美樹は手で股間を押さえ、降りると「気持ちよかったから、クビだけは許してやる」満足そうに江藤は肉竿を仕舞い込み、美樹も淫裂を拭いて服を着ていく。




 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA