全ての者に愛の手を 堕落する聖職者(1)

【第6章(1)】

「じゃあ放課後お待ちしてます。」

ピッ…
俺は電話を切る。

ふと思ったが目の見えない炎之花に非通知は意味がなかった。
そんなくだらない考えを振り払い、通学の準備をする。

誰もいない家。両親は仕事でほとんど家にいない。半独り暮らしの状態。
俺は朝飯を済ませ、髪型を整え、家を出た。

「ふあ~…眠い。若さを過信しすぎたか…」

あの後、立て続けに一美と綾香の相手をしたため、寝たのは3時ごろだった。

「午前の授業は寝よ…」

ブツブツと独り言を吐きながら学校までの道をゆっくりと歩く。

「うるせぇんだよ!」

律海女子の前を通ると勇ましい女の声が聞こえてきた。
その声の方を見ると、ミッション系の学校に似つかわしくない女がいた。

金髪のロングヘアに170後半くらいの長身、そして明らかに校則違反なミニスカート。
更には耳にピアス。律海の制服だから生徒なのだろうが…
たぶん服装のせいで風紀委員かなにかと言い争っているようだ。

「あんな生徒がいたんじゃ炎之花も大変だな。」
俺はさほど気にせず歩いてその場を離れた。



学校で適当に授業を受け、放課後友達と一時間ほど話した後喫茶店に向かう。

カラン…カラン…

「いらっしゃいませ~」
「綾香さん、こんにちわ。アイスコーヒー1つね。」
「はい。そこ座ってなさい。」

いつも通りな綾香。これを見ると奴隷とは思えない。ここら辺にコイツの切り替えの良さを感じる。

「炎之花さんは?」
「ん~まだ来てないわね。あの娘気に入った?」
「まぁね。次はもっと仕込むつもりです。」

「頑張りすぎて壊さないようにね。」
「ええ。壊れた奴隷なんざ興味ありませんから。…綾香さんも壊れるギリギリまで調教してあげますよ。」
「…楽しみにしておくわ。」

綾香は顔を赤らめ、調理に取り掛かった。

カラン…カラン…
その時扉が開き女が入店してくる。

軽くウェーブのかかった肩辺りまでの黒髪、白いスーツ、紺のタイトスカート、デカイ胸、くびれたウェスト、綺麗な尻、炎之花だ。

相変わらず美人。垂れ目気味な大きな目、光を失い黒く濁った瞳、スッと筋の通った鼻、少し厚めの唇。この美人をまた抱けると思うと股間に血液が集中する。

「ああ炎之花さん。ちゃんと来ましたね。」
「来たくて来たんじゃありません。写真を返してください!」

他に客がいないとわかったのか、いきなり怒鳴り始める。

「嫌です。あれは炎之花さんの脱処女記念にとっておくつもりですから。」
「ふざけないでください!」
「ふざけてないです。…ふぅ…ここじゃ商売の邪魔ですね。場所を変えましょう。ついてきてください。」

「嫌です! また私に変なことをするつもりですね!?」
「ええ、そうです。まぁ嫌と言っても拒否権は無い。ついて来いと言われたら黙ってついて来い。」
「ひ、酷いぃ…」

少し声を強めて言ったら、炎之花は泣き出してしまった。
俺は気にせずに炎之花の手を引き店を出た。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA