全ての者に愛の手を 悪魔と神の天秤(6)

【第5章(6)】

「所詮、神も人が人を導くために創った存在。そんなものに祈りを捧げるより、動物の本能に忠実になりましょうよ。こんな風に。」
「ひぃッ…」

彼は私の肉芽を摘み、優しく揉みだす。
絶頂を向かえたい。快楽をむさぼりたい。
神への信仰の心は欲望に飲み込まれていく。

「やっぱり一美の妹ですね。あなたにも淫媚な血が流れている。奴隷の素質たる血がね。」
「ち、違います…あふッ…」
「体はそうは言ってない。あと何回かクリ○リスに刺激をやればイキそうでしょう?」

彼はそう言うと肉芽への刺激を強め指の動きを激しくしていく。

「きゃぅッひッ…だ、だめ…ああッひぃんッ…」
「軽くイケば嫌でも認めます。イッてください。」
「ぅあッやめッ…い…いく………ひッ…くぅぅぅぅ!」

歯を食い縛り、絶頂の声を押さえ込むが無駄だった。高ぶった性感を押さえることはできず、大声を堪えるだけで精一杯だった。

「気持よかったですか? って聞かなくてもその顔で、何と無くわかりますね。」

「はぁはぁ…」
「呆けてる暇ないですよ。次はいよいよ本番です。」

「ほ、ほんばん…?」
「ええ。俺の逸物をあなたの中に入れます。」
「え…?」

そう言うや否や彼は私の秘部に男性器を当てがう。熱く粘膜剥き出しのその器官は、ずぐにそれが何かを気付かせた。

「ひッ…ま、待ってください! 私初めてで…」
「ええ、だから入れるんです。俺が炎之花の所有者である傷を刻むんだ。」

水橋さんの口調が変わった。
本気だ。その冷たい口調を初めて聞き、私の体は恐怖に固まる。

「入れるぞ。」
「待って…ひぐぅ!!」

ついに彼の生殖器が私の処女を破った。
体を裂かれるのではないかと言う痛みが下半身を襲い、身をこわばらせる。

「力を抜け。よけいに痛むぞ。」
「そ、そんな…ぐぅ…こと言われても…あぎッ…」

ズッズッズッ

痛みが走る。水橋さんが腰を振りだしたのだ。

「ぎッ…ああッまッまって…いた…ああああッ!」
「ぐッ…処女だと痛いくらい締め付けるな…すぐ出そうだ…」

「いたいぃッ! みず…はし…さんッや、やめ…ああッ!」
腰を振るスピードが早くなっていく。

「さすがに…掴むもんがなきゃキツイか…。…背中に爪立ててもいい。もう少し我慢しろ。」

彼は、私の腕の拘束を解き、私を抱えた。
私は彼に抱きつき、痛みを堪えるように彼の背中の服に爪を立てる。

「ぐぅッ…」
「くッ出すぞ! 中で受けとれ!」

「だ、だめ! 中は…」
「もう遅い!」

ドクッ

熱い液体が私の中を満たす。
これが精液の感触。その感覚は痛みとは別の感覚を与えた。

「あ…あ…そ、そんな……中で出てる…………」
「うぅ………ふぅ。」

彼は出し終ると逸物を引き抜き、私を、四人掛け用の席のソファに寝かせた。

「どうする一美。炎之花、妊娠するかもな?」
「だ、だめです! 妊娠なんて絶対ダメ!!」

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA