全ての者に愛の手を 昔話「くだらない理由」(3)

【第4章(3)】

「惜しいなぁ。まぁ今回は許すけど、『水橋くん』じゃなくて『御主人様』だ。次から気を付けろよ。」
「ご、ごめんなさい…」

堕ちたな。
あとはとことん突き堕とせば完全な奴隷にできるだろう。
さぁ最後はご褒美だ。

「さぁ待たせたな。綾香、ご褒美をやるよ。一美、手伝え。コレを使ってな。」

俺はポケットから異物の着いたヒモパンを一美に手渡した。

それはペニスバンド。
今回は携帯性を重視し、着いているバイブも小さめ。ま、今回は綾香に快楽を与えることが目的だ。
もし後ろが始めてで、苦痛を与えてしまえば調教の効果が薄れるかもしれない。

一美はペニスバンドを装着する。
持ってきたペニスバンドは装着者側のクリ○リス付近にローターが内蔵され、イボが表面を覆い尽す。つまり腰振る側も気持いいってことだ。

「さぁ味わってください。快楽を。」

俺は綾香の拘束を解き、自らの逸物の上に跨がせる。
更に一美に、疑似ペニスを綾香の肛門に当てがわせる。

「いくぞ一美。123で同時に行くぞ。」
「はい…あふッ…」
「1…2…3!」

ずぐりゅッ!

口で説明しづらい粘着質な音を立て、肉棒と樹脂の淫具が綾香の前後の穴を貫いた。

「ひぃッ――――」

一突き。その一突きで綾香は絶頂を向かえた。
まるで降霊前のシャーマンのごとく、天を仰ぎ、目を見開き、絶叫をあげた。

「ああああああああああああああああああああああああ!!」

喉が千切れるかと思うほどの絶叫。
薬と精神的負担、待ち焦がれた性的刺激。その全てが彼女を遥か高みへと導いた。

「あぁ……」

綾香は事切れたように俺の胸板に倒れ込んだ。

「まだまだ。」

俺は気絶しそうな綾香の意思など関係なく猛烈に突き上げる。一美もそれに応えるように、感じながらも腰を振り動かした。

「ひッ…いやぁイったばっかり…ひぅッ…なの…やめ…ああッ」
「だって俺、イってないもん。俺がイクまでイキまくれ。」

「いやッもう…すぐ…い…く…」
「イッて良いんだぜ。うらッ」

俺は腰の振りを緩めない。それどころか更に腰を突き上げる。

「~~~!!」
綾香は歯を食い縛り絶頂を向かえる。

「ほら、まだまだだぜ?頑張れよ。」
猛烈な突き上げはまだ終らない。

「いひぃいぃぃぃ!?だ、だめ…イク…うあああああぁ!!」

3度目の絶頂。喉も渇れてきた。叫び声に強さがなくなってきた。
だが俺がイクまで手加減してやるつもりはない。

「ひぅ!? …ダメ!! ダメダメ! これ以上イッたら頭がダメになるぅ!!」
「ダメになれよ。理性なんか捨ててセックスしか能がない奴隷になれ。」
「そん…な…い、いやッイクうぅぅぅ!!」

何度も何度も絶頂に突き上げる。

「うああああああ…あ……あぁ…ああ…」
もうイキ過ぎて声もろくに出せなくなっていた。

「く…もう少しでイキそうだ。綾香、中に出すぞ。」
「あ…? うあ…」

もう俺の声なんて聞こえてない。

中に出されることへの拒絶はなかった。

「くッ…」
ドクンッ

大量の精液が綾香の子宮口を焦がす。

「あ…あ………ぁあ…あああぁ…」

綾香はグッタリと、俺の胸に体を預け気絶した。

「奴隷としての振る舞いは、ゆっくり教えてやるよ。」

俺は綾香の髪を撫で逸物を引き抜いた。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA