OL・愛の調教 緊縛

【第3話】

舞子が肉竿を洗うと、肉竿は勢いを増して、更に堅くなっていく。
(これが入ったら、痛いだろうな…。それとも、気持ちいいのかな…)想像しながら洗っていると「それくらいでいいぞ。ここに乗れ!」富坂の太股を跨がされる。

「いきなり、入れないで下さい…」
「わかっている。自分のペースでやれ!」腰を押さえて、淫裂に肉竿を押し当てた。
(やるしかないわ。クビになったら困るし…)覚悟を決めて、ゆっくり腰を下げだした。

「ズル!」肉竿のめり込む音と共に「うっ!」呻き声を上げ、体を震わす舞子だ。
「痛いのか。ゆっくりでいいぞ!」富坂は乳房を撫でながら、乳首を摘んでいる。
「大丈夫です…」息を殺し、なおも腰を沈めて、全てを吸い込んだ。
「全部、入りました…」
「そのようだな。腰を使えるか?」
「やってみます…」ゆっくり腰を上下に動かし出す。

(これくらいなら、痛くはない…)肉竿が濡れているから、滑りが良く、膣皮を程良く擦っていく。
「気持ちいい。これも吸わせろ!」
「そこはダメ、声が出ます!」
「出したいなら、だせ!」乳首を吸い出すと「あ、あ、あ~!」と声を上げ、体を後ろに反らしていく。

それでも、富坂は乳房を揉み、乳首を吸い続けた。
(気持ちいい…。こんな感じは初めてだわ…)前夫とは、味わった事のない快感に、淫裂の中が濡れだし、腰の動きも速まっている。
(これがセックスなのね。今までのは、何だったのかしら?)前夫との行為を思い浮かべながら腰を動かし続けていくと、淫裂から溢れた汁が漏れだした。

「舞子、気持ちいいのか。オ○ンコが濡れてるぞ!」
「言わないで。恥ずかしいから言わないで!」首を振りながらも腰は動かし続けた。
(膣から、こんなに漏れるなんて、恥ずかしい)顔を上気させながら、腰を動かし続けると、膣奥に暖かいのを感じた。

「イヤ、射精はイヤ~!」慌てて降りようとしても、富坂が乳房を掴んでいるから降りられない。
「降ろして。出来ちゃいます!」手を振り払い、太股から降りたが、すでに、淫裂からは白い液体が垂れている。

「イヤよ、射精なんてイヤです!」泣きながら、お湯で淫裂を洗い出すと「洗うな。そのままだ!」怒鳴られた。
「洗わないと出来ちゃいます…」舞子は、無視して丁寧に淫裂を洗いだした。
「言う事を聞かないなら仕方ない。契約は解除だ!」
「それはやめて下さい。クビになってしまいます」

「俺の命令を聞かなかったから、仕方ないだろう?」
「産みたくないんです。ですから許して下さい…」
「契約解除がイヤなら、罰を受けて貰うぞ。それでいいのか?」
「はい、罰を受けます」
「そうか、その覚悟ならいいだろう。とにかく、オ○ンコを洗え」舞子は言われるまま、丁寧に淫裂を洗った。

「洗ったか、これから罰を受けて貰う」2人は浴室を出て、奥の部屋に入った。
部屋に入り、照明を灯すと、拷問用と思われる器材が置かれてある。
(まさか、これでやるのでは…)見るなり、舞子の体が震えだすが「ここに立て!」言われるまま、十字架に背中を押し付けて立つと、腕を固定されていく。

「痛いのはやめて下さい…」泣き声で言うが「それでは、罰にならないな」なおも、腕を固定していく。
「これで、お前は動けなくなったな!」両乳房を鷲掴みにすると「ギャ~!」悲鳴を上げ、全身を震わせた。
「始まったばかりだ。これくらいで、大袈裟だ!」乳房から手を退け、ロープを持って胸に巻き付けていく。

「やめて、そんなのイヤです!」叫ぶが、乳房の上と下に巻き付けられて、脇の下で結ばれた。
更に、乳房の谷間でも結ばれて、乳房を絞るようにしていく。
「お願いです…。オッパイを解いて下さい…」乳房が絞められ、息が詰まる思いだ。

「これで終わりじゃないぞ。ここにもやるからな」太股にも巻き付けて、引き上げていくと、足が開いて淫裂が見えてきた。
「見ないで、そこは見ないで!」一番恥ずかしい部分を富坂に見られ、声が大きくなっている。
「ここは見られたくないのか。それならじっくり見てやるぞ」腰を屈め、淫裂を指で広げて覗き込む。
「やめて…。見ないで…」遂に涙が流れ出した。
 

富坂は、舞子が泣こうが気にする様子は見せず、別な太股にも巻き付けて引き上げて、足を閉じれないようにした。
「いい眺めだな。これは撮っておかないと」カメラを構えたが「撮らないで、写真はイヤ~!」性器丸見えの姿を撮らせるわけにはいかないが、手足が効かないから何も出来ない。
「そんな、性器まで撮るなんて…」閃光が瞬くと、力が抜けて行く。

それを待っていたのか「写真はイヤなのか?」と尋ねる。
「はい、撮られるのはイヤです」
「そうか、写真はイヤか。それなら、オ○ンコしてもいいか?」それには黙り込んでしまった。
「どっちもイヤか、困ったもんだ。あれでやるしかないな」独り言を言いながら太股のロープを解きだす。

(良かった、これだけですんで…)安堵の顔になったが、足首に鉄パイプが付けられ、また開脚させられた。
更に、十字架に縛った腕が解かれ、今度は後ろ手に縛られた。
(終わりじゃなかったんだ…)落胆顔に替わると同時に鉄パイプが引き上げられて、足が浮き上がり、開脚したままの、逆さ吊りになっていく。

「やめて、こんなのイヤです!」両手も縛られているから何も出来ず、Yの字で宙に浮いている。
「こんな事したくはないが、お前が返事しないから、やるしかない!」富坂はムチを取りだし、乳房を突き刺す。
「謝ります。謝りますから、許して下さい!」

「手遅れだ。罰として尻叩きしてやる!」言い終わらない内に「ヒュ!」と音がして「ギャ~!」悲鳴が上がった。
「始まったばかりだ、まだ早い!」富坂はムチを振り続け、尻に赤い筋ができていき「許して…。痛いのはイヤです…」泣き声も、元気がなくなっている。

「痛いのがイヤか。それならこれでやるか!」ズボンを引き下げ、下半身を剥き出しにした。
「わかっているよな。俺もやるから、お前もやるんだ!」富坂は目の高さにある淫裂を広げ、舌でなめだした。
「ダメ…。そこはダメ…!」前夫にもさせなかったクンニに、頭を振り乱して叫んだが、指はクリトリスの包皮を巻くり、小粒の半球もなめだした。
「ダメ…。そこはダメ…」叫ぶが、全身を電気が貫く、ショックを感じた。




 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA