ドーナツの穴

19歳の頃、大学の最寄り駅が阪急○甲だったこともあり、
バイトは少し戻らないといけなかったが三宮にある某ドーナツ店に通っていた。
夜も10時を過ぎるとさすがに店で食べる客よりテイクアウトの客の方が多かった。
その頃僕はひとりの女子大生が気になっていた。
その子は週に1度はひとりでやって来る。
注文はいつも決まってオールドファッションとコーヒー。
いつも店内で食べる。
たいていはパンツ系のファッション。
細身の体型によく似合っている。
切れ長の瞳のきれいな女性だった。
化粧っけのないさっぱりとした姿を初々しく感じられた。
たいがい本を数冊持っている。
本を読みに店に来るのだ。
彼女はコーヒーを片手に黙々と本を読む。
雑誌だったり、専門書だったり。
来たら2時間くらいは帰らない。
他の客の雑談を気にすることもなく本の世界に没頭している。

来始めてから1ヵ月も経つと彼女も僕の顔を憶えてくれたようだった。
店に彼女が来て、顔を見ると一瞬目が合う。
でも余計な会話は交さない。
ただ心の中で「またいらっしゃいましたね」と呟いた。

頼むものも分かっていた。
それでも「何になさいますか?」と他の客と同じように声をかける。
彼女も同じように「オールドファッションとコーヒーお願いします」と丁寧に答える。
釣り銭の要らないぴったりの額を彼女はレジーの取りやすい位置にそっと置く。
いつもお決まりのカウンター席へトレイを持ってゆっくり歩いていく。

今日はしとしとそぼ降る雨のせいか、彼女以外に客が来ない。
僕は手持ちぶさたでレジの奥で彼女を見ていた。
彼女がずっと活字を追っている。
その横顔のあまりの美しさについ見とれてしまう。
ふと彼女が顔を上げた。
僕の方を見る。
目が合った。
見つめていた自分が恥ずかしくなって視線を逸らす。
「コーヒーのお代わりをいただけますか?」
彼女は丁寧にそういうと、また視線を本に戻す。
「はい、少しお待ちください」マニュアルどおり答える。
僕はコーヒーメーカーにたくさん余っていたコーヒーを全部捨てた。
彼女のためにだけ淹れ立てを作り直す。

会話らしい会話も無いのに、寝床に着くと彼女が浮かんで脳裏から離れなかった。
(彼女のことが好きだ。よし次こそタイミングを見て誘おう)
とある夜、決心をした。

その翌日はバイトの定休日、スポーツ用品を買うために電車に乗る機会があった。
車内は空いていた。
車両の向かい側に仲良く話し合っているカップルを何気なく見つめた。
その時、僕の頭は一瞬であったが真っ白になってしまった。
そのカップルの女性は紛れも無く「オールドファッション」好きの彼女であった。
彼女は僕があまりにも見つめていたため、視線に気がつき僕の方を見た。
わずかな驚きがあったようだが、すぐさま彼氏との会話に戻っていた。
彼女たちは僕よりも先に電車を降りた。
一瞬ではあったが、彼女は電車を降りるとき僕の方に視線を向けてくれた。

ふたりが電車から降りた後、僕の胸の奥にはポッカリと穴が開いていた。
まるでオールドファッションの穴のように。

【ドーナツの穴 完】

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA