淫らな離島 美華の決心

【最終話】

  

「美華、しっかりしろ。お前がやらないと姉さんがだめになるぞ、一生悔やむ事になるぞ」健次が美華に話しかけた。
「そうよ、お姉さんの人生が台無しになってしまう…」気合いを入れた。
「そうだ。それでいい!」健次の合図で音楽が流され「やるわよ、健二さん!」美華は音楽に合わせて踊りだした。
「撮りたいな。この若いこのヌードを…」「父ちゃん、今回は我慢して。私が手伝うから」肉竿が妻に擦られている。

それは(いやらしい。私のヌードで、オナニーしている!)美華にも見えたが、乳房を揺らせ、足を上げていく。
(性器を見られてしまう…)体を震わせながら、足を上げると「オ○ンコだ、オ○ンコが見えるぞ!」島民は淫裂が見るたびに、歓声を上げた。
美華は踊るに連れて恥ずかしさが消えていき、それに、流れた汗がライトでキラキラ光っている。

そして、10分後に音楽が鳴りやみ「ハア、ハア!」踊り終えた美華が、ステージで四つん這いになったまま休んでいる。
「美華、今度は僕と喪失だぞ!」
「健二さんと、喪失するんだ…」立ち上がると、目の前に勃起した肉竿がある。
(痛いわ、きっと痛いはずよ。あんな太いのが膣に入るんだから…)足を開くと、健次に抱かれた。
「痛くないようにするよ」肉竿にはたっぷりゼリーが塗ってあり、美香の太股を抱えて「行くよ!」肉竿を淫裂に押し込んでいく。

「痛い、裂けそう!」悲鳴に近い声をあげる美華に「いよいよだな。これで、また増えるぞ」島民達が期待して見ているが、健次はもう片手で、美華の腰を押さえ、一気に押し込んだ。
美香は「ぎゃー!」悲鳴をあげ、それと同時に、淫裂から鮮血が流れ出た。
(もう、バージンじゃないわ、喪失してしまった…)自然に涙が流れていく。
「いくからな!」肉竿が動きだすと「だめ、動かさないで。動かさないで!」美華はやっと立っている。

しかし、健次の動きが速まって(オチンチンが、膣を突き刺していく!)口を開け「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげ続けていた。
「美華、今度はだっこだ!」肉竿を一旦抜いて、美華に正面を向かせ、再び挿入していく。
(駅弁だわ、雑誌で読んだことがある!)淫裂に、肉竿を迎えたまま、抱き上げられた。
「きついです、オチンチンが、オチンチンが刺さるー!」美華の悲鳴に興奮が広がった。
「出すよ、美華!」健次も、たまらず噴射してしまった。

「お腹の中が…。お腹の中が…!」慌てる美華だが、淫裂からは健次の精液が流れ出て行き、喪失が終わった。
喪失も終わり、旅館に戻った美香は「バージンじゃないんだ…」泣きながら、風呂で淫裂を洗いっていく。
「でも、これからどうすればいいのよ。姉さんを残して置いたら不安だし…」自分の事を忘れて、姉を心配している。

そんな、美華の弱みを突くかのように、村長と健次が訪れた。
「私に、どんな用事ですか?」怪訝な顔の美華に「早速だが、あそこで工事してるけだろう。あれは保育所なんだ。だが、保母がこの島にはいないんだよ」残念そうに言う村長だ。
(保母がいないなんて。だったら、ここで保母をすれば姉さんを見張れる。でも、ヌードにされるけど…)思案する美華だ。

「どうじゃろう。ここで、保母をやってもらえんかね。ついでに、健次の嫁にもならないか?」
「保母はやってもいいです。でも、嫁は少し考えさせて下さい…」
「昨日やったろう、誓いのオ○ンコを!」村長の言葉に、真っ赤な顔になる美華だ。
「セックスはしましたが、結婚の決心は、今すぐには無理です。時間を下さい…」
「当然だな。保母は必ずやってくれよ。宿舎は用意して置くから」村長は勝手に書類に記入して(仕方ないわ、ここでの保母も…)美華は決心した。

村長は、美華の気持を知って、機嫌よく帰った。
残された健次は「美華さん、欲しいよ。やりたいんだ!」抱きつく。
「だめ。許して、あれだけにして欲しいの」
「だめだ。もっと、やらせてくれないなら、麗華さんを訴えるぞ!」
「わかったわ。していいわよ」美華はズボンを脱いで、仰向けに寝た。

「美華、僕の美華!」健次は、震える手で、真っ白なパンティを下げていく。
「綺麗だ、美華さん!」パンティを脱がせ終わると、シャツも脱がせた。
「今日は着けてないの。笑わないで」いきなり、乳房が露わになった。
目を閉じる美華に、健次が抱き、乳首に吸い付くと「あ、あ、あー!」(気持いいわ。乳首を吸われると、こんなに気持いいんだ…)女性の本能で、喘ぎ声をあげた。

そして、肉竿が美華の淫裂を突き刺しだした。
「痛いわ、痛いの!」この前と違い、乱暴に入り込む肉竿に、顔を歪めているが、健次は容赦なく美華の淫裂を突き捲った。
「ヒー!」裂ける激痛に耐え、膣奥で再び精液を受け止めた。
それから、数日後に、美華は島から本土に向かった。

それと同時に、再び麗華と舞子への辱めが始まった。
「麗華、今日からは素っ裸だ。舞子は今夜から踊りだぞ!」2人はイヤイヤ従うしかない。
麗華は着ている服を脱ぎ、生まれたままの姿になって、島を歩かせられた。
「お、いよいよ、始まったな!」「今夜から、踊りが再開だってよ」
「早速、見ないとな」島民達は乳房を揺らせ、絨毛の生えてない淫裂を晒す、麗華を眺めながら話し合っていた。

島を歩いていくと「先生、お髭剃ったの。私と同じね」教え子が麗華に駆け寄った。
「そうなの。お髭を剃ったのよ」恥ずかしそうに説明していく。
(恥ずかしいわ。教え子にヘアのない性器を見せるなんて…)恥ずかしそうに、漏れなく島を歩いて、全裸姿を晒していく。

そんな麗華に孝史から声が掛けられ「麗華、やらせろ!」抱き付かれた。
「ここは道路です。見られますから、部屋でして。お願いですから部屋で!」叫ぶが、孝史が背後から肉竿で突き刺していく。
「孝史、しっかりやれよ。一杯出して決めろ!」島民が集まり取り囲んでいる。
「見ないで、こんなの見ないで!」叫ぶが、容赦なく孝史に辱められていく。
暫くして(熱いわ、子宮が熱い!)淫裂の奥に、精液が送り込まれてしまった。

一方、舞子は体育館で、全裸になって踊りの指導を受けていた。
「今夜から、公開オナニーもしような」
「いや、オナニーはいやです!」拒むが「写真がどうなってもいいのか。素っ裸の踊りの写真とビデオが」脅される。
「やります、オナニーを…」泣きながらも、承知するしかない。
「練習だ、オナニーをして見ろ!」舞子は健次達の前で、淫裂を指で撫でていく。

「気持いいか?」
「よくないわよ。こんなの!」泣きながら、指を動かしていく。
「よくないか。それだったら、本物でやってやるぞ!」
「いや、いやです!」叫ぶが、舞子はあっけなく押さえられ、四つん這いにされて、健次達に次々と肉竿で突かれていく。
「いやー。ゆるしてー!」叫ぶが、容赦なく精液を送り込まれた。

そして、夏休みが終わり、新学期が始まった。
それと同時に、島で作っている保育所もほぼ完成していた。
そればかりでなく、住宅もできあがり、陽子とルミ達も越して、生活している。

2人は隣同士の家で「あなた。浮気してくるけど、いいかしら?」
「また病気か。もうお腹が大きいんだから、やめとけ」
「でも疼くのよ、オッパイが…。だったら、あなたがしてよ、オッパイに」ルミは乳房を忠夫に晒した。
「真っ黒だな。これが乳首かよ」顔をしかめる忠夫だ。
「仕方ないわよ。あなたの赤ちゃんがお腹にいるから…」ルミは、忠夫に黒い乳首を吸わせて、欲求を満たしていた。

新学期が始まってから、3週間ほど経った時に、麗華に手紙が届いた。
「美華が越してくる!」真っ青な顔になる麗華だ。
「相談しないと…」麗華は慌てて、孝史を伴い村長の家を尋ねた。
「そうか、保母として来てくれるか!」笑顔の村長だが「私はどうすればいいの。裸を妹に見せて過ごすの?」麗華は泣き出してしまった。

「裸が、いやか?」
「当然です。妹だけには見られたくないです」
「そうか、裸がいやか。だったら裸を許してやるぞ。孝史の嫁になるならな」
「そんな!」唖然とする麗華だ。

「妹に裸を見せるのと、孝史の嫁とどっちを選ぶ?」ニヤニヤしながら言う村長に「お嫁さんを選びます、孝史さんのお嫁になります…」と答えた。
「そうか、そうか!」遂に麗華が落ちた。

この事は、瞬時にして島民に伝わった。
「後は舞子先生だけか。でも、村長の後妻だからな…」
麗華は当然と受け止めたが、舞子だけは承知しないだろうと、考えていたのが大半だった。

保育所が完成したのと、ほぼ同時に美華が御嵩島に越してきた。
「美華。これからは一緒ね」
「ええ、いっしょよ、姉さん」だが、2人は一緒とは行かず、少し離れた場所だった。
独身なので、陽子達と違い一戸建では無かった。

「これでも、いいわ」美華が準備で忙しい中「美華さん、お話が…」健次が美華を訪ねてきた。
「これを、見て下さい」それは、麗華と舞子が抱き合うビデオで、美華が本土に戻った翌日に、無理にやらされたビデオだ。
淫裂を指で撫で合い、喘ぎ声をあげている。
「お姉さん、こんな事までして…」

「これは秘密にしておきます。ですから、僕の嫁になって下さい」
「考えさせて!」叫ぶ美華は、健次に押し倒されて全裸にされてしまった。
(どうしよう。もう、本土には戻れないかもしれない…)健次の肉竿が、淫裂を突き刺していく。
「だめ、だめです!」目を閉じた美華は、乳房を掴まれながら、精液を噴射されてしまった。

「間違いなく、でききゃう!」
「出来たら、産むんだ。僕の子をね」
「ほんとにいいの。産んでも?」
「ああ、美華は僕の妻だからね」
「健次さん!」全裸になった美華は、健次の背中を抱きしめ、健次は幾度も射精を行い、淫裂から筋となって、白い液体が流れ出た。

そして、保育所が開設すると、子供達が通ってきた。
「村長、私1人では無理です。あと2人いないと…」保育所には30人もの子が通ってきた。
「そうだな。和子と典子にも手伝って貰うか」村長は和子と典子に美華を手伝うよう頼んだ。
「私でよかったらお手伝いします」2人は承知して、翌日から3人で子供の世話をしている。

また、美華と健次、麗華と孝史の結婚式も行われ、本土から両親を招いての合同の結婚式が行われた。
それを見て「羨ましいわ。私は後妻よ。それを我慢するしか、ないなんて…」舞子も渋々だが、村長の後妻を承知した。
こうして、島に活気が満ちてくると、島から出ていった若者達も戻ってきた。
「仕事を作らないと!」村長は島に農場、ダム、海産物加工場などを次々と作り、人口が爆発的に増えていく。
当然、住宅も次々と建てられていく。

それから、数年がたった。
「あなた、保育所に行って来ます」麗華は、子供を連れて美華が働く保育所に向かう。
「美華、教えてね、資格を取りたいの」
「いいわよ。しっかり仕込むから」
「姉をこき使う気ね」笑顔で2人は会話している。
「大きくなったね、美華の子も。」
「ええ、もうすぐ3才よ」会話していると「おはよう、よろしくね」舞子も子供を連れて保育所を訪れた。

舞子と麗華は、教員を辞めて保育所で、資格を取るために働いていた。
子供が増えると、当然に、小学校の生徒数が増えている。
校舎も増築されて、複式から単式に代わり、教員も校長を含めて7人になっている。
校長と言っても29才で皆が若い女性だ。

「今夜、ステージで踊りがあるんだって。踊るのは新任の2人だってよ」
「私、見に行くわ。健次さんと一緒に、今夜は燃える約束してるし…」
「あら、2人目を作る気なの。だったら、負けないわ、私も孝史さんとするから」
「私は無理よ、35になったし、子供はもういいわ。2人で充分よ」
「だったら、預かってくれないかしら?」
「いいわよ、美華さんの子も預かるから、寄ってね」
「すみませんね」
「その代わり、女性だけのパーティには、しっかり踊りを見せてよ」
「はい。ヘアを剃って全てを見せますから」顔を赤らめる2人だ。

その夜、麗華と美華夫婦は特設ステージの会場にいた。
「かなり、混んでいるわね」
「大盛況だな。何ていったって、初のヘアヌードだからな」話している内に、歓声が上がった。
生まれたままの姿の女性2人が、ステージに上がったが、恥ずかしさで、体が震えている。
うっすら、涙を流しながら、しっかり両手で股間を押さえている。

音楽が流れると、2人は合わせて踊りだした。
「剃っていたんだ。2人ともヘアを!」
「ほんとね。あなたも興奮しているわよ」孝史と健次は股間が膨らんでいた。
股間を膨らませているのは2人だけでは無い。
忠夫や武達、男性の皆が股間を膨らませて、妻に撫でられていた。

音楽も、テンポが速くなり、教師の2人は、足を上げて円を描いて「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」大歓声があがっていく。
「綺麗ね、2人の性器は…」
「ほんとね。私も、あんな風に踊っていたんだ…」全裸で踊る自分を思い出していた。

音楽が鳴りやむと「ひー!」「いやー!」恒例の夫候補による、辱めが始まった。
「バージンでないんだ!」
「ほんとだわ。今の子は、貞操感が無いのね」出血しない淫裂を眺めている。

夫候補達が射精をすると、ショーも終わりとなって、ステージから教師が降りて帰っていく。
「帰りましょう、あなた」島民達は一斉に自宅に戻った。
自宅に戻ってもまだ興奮は収まっておらず「あなた、剃って欲しいの。剃った性器を見せて踊りたいの、あなたの前で…」妻達は服を脱いで全裸になっていく。
「いいんだね、剃るよ」夫も興奮して、カミソリを動かし、妻の絨毛を消し去った。

当然、美華と麗華も剃られていた。
「あなた。見て欲しいの…」小さな家の中で、妻達が乳房を揺らせ、股間を晒しながら夫の前で踊っている。
「綺麗だ、綺麗だよ」妻の全裸で踊る姿に興奮して服を脱いでいく。
時を見計らって「あなた、頂戴、欲しいのよ!」妻は夫に抱きついた。
麗華と美華など、本土から住み着いた妻の皆が悶えていた。

また、住み着いた女性達は、定期的に文化会館で秘密の集会を行っており、夫も承知している。
「今日は、美華さんの番よね?」
「そうよ、私の番よ」美華が中央に進み出ると、音楽が流され、美華は音楽に合わせ踊りながら服を脱いでいく。
「あら、いいわね、そのスリップ!」美華はスケスケのスリップで、乳房と股間が丸見えになっている。
さらに、焦らしながら肩紐を外して全裸になり、淫裂も惜しげもなく晒して踊っていく。

踊りは10分ほどで済んだ。
「よかったわ、今日は遊びましょうよ」陽子は真っ先に、美華の乳房を掴み撫でていく。
「陽子さん、私も踊るから見てよ」舞子も美華と同じく、音楽に合わせて踊っていく。
そして、服を脱ぎ、全裸になって踊っている。
「いいのよね、素っ裸で踊るスリルが…」
「私もよ。一回でいいから、祭の飛び入れで踊りたいけど、夫が許さないのよ」
「麗香さんのとこもなの。忠夫さんもなのよ。人の妻の裸は見たがるくせに、私のヌードは絶対に許さないのよ」

「羨ましいわ。私なんか、見放されて、毎回出場してもいいって言うのよ」
「いいわね、和子さんの所は」
「でも、踊ったら凄いのよ。燃えて、何回も求められて困るの。もう、4人も産まされたわ」恥ずかしそうに和子が言う。

このように、本土から住み着いた女性達の会員は徐々増え、それに島の人口も倍増している。
「これでよかった、これで!」自分に言い聞かせる村長だ。
「そうですよ、村長。卑劣な手段ですが、確実に人口が増えたし、発展しましたから…」村長と役員達は笑顔で話し合っていた。

【淫らな離島 完】

 
 



 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA