全ての者に愛の手を 昔話「性奴隷への誘い」(1)

【第3章(1)】

カランッカラン…

「いらっしゃいませ~」

扉に取り付けた鐘が鳴り、条件反射で接客の挨拶をする。

私はここの店主。
自分で言うのはなんだが、スタイルは良い方で背も高い。まぁ胸は人並みだが。顔もそこそこ。ロシア人の祖母譲りの銀髪は私の自慢。
どこにでもいそうな平凡なサラリーマンの旦那がいる。

「こんちわ綾香さん。」

来店したのは水島暎。
高校生の頃からの常連客。180cm以上の長身が第一印象。
特に不良でも優等生でもない感じの風貌。特徴と言えば眠たげな目と、額に髪がかかるのが嫌だと言う理由で立たせている黒髪。

客と言えるのかわからないほど客扱いしていない男の一人。
別にチェーン店でないのだから、それくらいの無礼は関係ない。

「ここんとこ毎日ね? 学校忙しいの?」

彼はすぐ近くのデザイン学校に通っているため、昼休みや放課後によく来る。

「まぁそれなりに。自分で飯作るのが面倒なのもありますけど。」
「んなことだと思ったわ。座ってなさい。作ってあげるから。」

「え? 俺、注文してないですよ?」
「あんたは好きな物だけ食べ過ぎ。栄養片寄らないように私が作ってあげようっていう、私の善意じゃない。」

「とかなんとか言って、高い物食わそうって腹だったり?」
「あ、バレた?」

「え!? ちょッマジで!?」
「冗談よ。座ってなさい。」

私は調理場に立ち料理をし始める。

「そう言えばあんた、先月の一ヶ月間全然来なかったけど、どうしたの?」
「あー入院してた。」

「は? なんでまた。」
「歩いてたら道の曲がり角で車とぶつかって。肋骨2本折っただけで済みましたけど。」
「ボーっとしてるからよ。」

「ひどいなぁ…いたわりの言葉無しですか。」
「死んでないなら必要ない。はい、出来たわよ。」

私は水橋くんの席に料理を置く。

「いただきます。」

ガツガツと料理を口に運ぶ水橋くん。
男のこういう食事の仕方は好きだ。チマチマと行儀良く食うやつなんかよりは断然。

カランッカラン…

「いらっしゃいませ。あ、一美さん。」

ドアのベルが鳴り、来客かと思い振り向くとそこには巨乳美女。六条一美さん。妹さんと待ち合わせだろう。

「あ、一美さんじゃないですか。」

一美さんを席に案内していると、突然水橋くんが声をあげた。

「ん? あんた知ってんの? 一美さんのこと。」
「入院してるときの看護婦さんだったんですよ。ね、一美さん。」

その時、一美さんの体がビクリと跳ねる。まるで何かに脅えているような。

「え、ええ、そうなの。久しぶりね。ご…水橋くん。」

まただ。何かに脅えるような一美さんの反応。そして何故か水橋くんの声を聞く度、赤くなる顔。

「?」

しかし私はその反応を気のせいだと思い深くは考えなかった。

「それじゃ、俺は学校に戻ります。綾香さんお会計。」
「はいはい。」

彼は会計を済ませ、店を後にする。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA