貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか INFORMATION

 
 

 貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか? ご案内

乳房、バスト、そして……『おっぱい』
少女は悩んでいた。
スレンダーな胸に両手を当てて、そこにある女のふくらみを意識しながら……
災難、不運、厄難、悲運、ついでにアンラッキー。
男は悩んでいた。
自分の生い立ちをすべて負の遺産に置き換えては、一方的にマイナス思考を招き寄せながら……
「お嬢さんのおっぱいを揉ませてください!」
「お願いします。わたしのおっぱいを揉んでください!」
それは、偶然なのか必然なのか。
巡り合った少女と男は、お互いの望みを叶えようと……

円錐状に張り詰めた双乳が、男の指に押し潰されていた。
低くなだらかな標高をかさ上げするように、滑らかな胸の肌を扱いて寄せ集めて、頂上にひっつくピンクの蕾にも指をかける。
コリコリとして硬く成長した乳首を、爪先でピンと弾いてみせる。
「ひぐむぅっ! ぶはぁっ、はうぅっっ! おっぱいがぁ、乳首もぉ……もう……」

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

登場人物紹介

乳揉み占いのお告げ

第1話
嘆きの貧乳少女&乳揉み快感占い

 

 第2話
お嬢さんのおっぱいを揉ませてください

 

第3話
露出乳揉み~キャバ嬢娘のおっぱいはEカップ

 

第4話
零れ出す乳肉~くねる腰肉

 

第5話
お願いします! おっぱいを揉んでください!

 

第6話
美少女の乳房は男子トイレで歪まされて

 

第7話
揉み潰される乳肉! 美少女の喘ぎ

 

第8話
貧乳娘の巨乳化計画

 

第9話
リモコンローター乳房責め! 美少女羞恥調教

 

第10話
少女絶頂! おっぱい恥辱責め

 

最終話
貧乳少女ですが愛してくれますか?

 

【第7話より抜粋】

絶世の美少女=ナイスボディとは限らないのかもしれない。
はだけさせられた無垢な乳房は、膨らみを覚えたばかりの儚ささえ感じる。

太一の脳裡には、『ロリ-タ』という禁断の単語が浮かんだ。
二重の瞳で挑むかのように見つめる美紗と視線をすれ違わせて、薄紅色をした野苺そのままの乳首と、それを頂点にした薄い乳肉の小山に目を奪われていた。

「やっぱり……おっぱい小さいかな?」

「う、ううん……そんなことないよ」

美紗に訊かれて、太一は危うく頷きそうになった。
真下に落ちかけた首を急停止させると、大げさなくらいに真横に振った。

「うそ……ホントはペチャパイだって思ってるくせに。わたしには分かるの。おじさんが嘘を付けない人だって。だから……」

「だから……何?」

「も、もう……そんなことはいいから、触ってよ。美紗のおっぱい……おじさんの好きにしていいから」

美紗の声は震えていた。
囁くように小声で、少しやけっぱちのようにも感じた。

  レメの官能小説 ロスコー様作 


 ※ この作品は、以下のサイト様でもご覧になれます。
移動は下のバナーからどうぞ。 

 

制服と若くて可愛い女の子が大好きなアナタ!
ガール♪ 少女♪ 女の子♪
この単語にムフフと反応されるお客様!
スレンダーでピチピチとした彼女達がお出迎えいたします♪♪

 kanrinin01 

toukou

h-novel_200-40

b200x40

ccbanner200-40

top

esr200-2

piasu200x40

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA