淫らな離島 夏祭り

【第10話】

 

散歩は、30分ほどで終わり、宿舎に戻った。
「麗香さん!」一糸まとわぬ姿に、恵子が声をあげると「これからは、この姿で過ごすことになりました…」それだけ言うと、ダイニングに入った。
同じように「麗香さん!」舞子も驚きの声をあげた。

「驚かないで。これからは、ヌードで過ごしますから」その言葉に、声がでない舞子だが(私はイヤよ。絶対に戻るんだから…)唇を噛んだ。
恵子は黙ったまま、朝食を準備して行くが(麗香さん、もうすぐすぐ結婚ね)そう思いながら、手を動かしている。

麗華と舞子は、恵子が調理した朝食を食べてから、宿舎を出た。
「先生。オッパイと腰がいいね。お相手して欲しいよ」島民達は、揺れ動く麗華の乳房に声をあげてく。
「恥ずかしいから、そんな言い方はしないで下さい…」恥ずかしそうに、顔を赤く染めながら小学校の校門をくぐると「先生おはようございます」生徒達が声を掛けてきた。

「先生、どうして裸なの?」
「体にいいからなの。裸が自然なのよ…」答えに困り、勝手な言い訳をしている。
「いい、田中先生は、これからずっと、裸で過ごすのよ」舞子が生徒達に話していく。
生徒達には理解できてないが、これからも、裸で過ごすのはわかった。

「はい、授業よ」麗華の言葉で授業が始まった。
「今日は、低学年が役場の見学だけど、できるの、麗香さん?」
「はい。やってみます…」そうは言ったが、麗華は焦った。
(孝史さんにだけは見られたくない…)不安に思いながら「低学年は外へでます、いいですか!」麗華の言葉で
低学年の生徒は小学校を出て、通りを歩いて行く。

島民も、麗華の全裸姿に気付いて「いいね、あのオッパイとくびれが」「そうだよな、あれだったら毎晩オ○ンコできるよ」話をし、麗華の耳にも入っている。
(イヤよ。セックスばかり考えないでよ)無視して歩いていく。
「いいですか、ここで、村での大事な事が決まります」全裸の麗華を先頭に役場に入った。

「あら、麗香さん、フルヌードなんだ。若いから、元気があるわね」陽子も役場にいた。
「私も若いけど…。でも、フルヌードを晒すのは、恥ずかしくて、できないわ」ルミもいた。
(仕方ないのよ。人前で、セックスをするよりましよ)叫びたい気持を堪えて「ここが道路を直したりする人がいる所よ」丁寧に教えている。
 

すると「麗華、見学か。だったら、案内してやるぞ」孝史が案内を買ってでた。
「お願いします」麗華は孝史と一緒に役場の中を歩いていくが(イヤ、オッパイは触らないで、生徒が見ているわよ!)時折、孝史の手が乳房と股間を触っていく。
「いいかい、ここが、村の方針を決める議会なんだよ」閉会している議会を案内した。
「ここが、議会なんだ!」麗華も初めて見た。

「麗華、議長席に座れよ。生徒は議員席だ」
「そうね、みんなはそこよ」孝史の言うとおりに麗華が議長席に座ろうとした。
「だめだ、座らず立ったままだ!」孝史はチャックを下げて、肉竿を突き出した。
「見られてます、ここじゃいやです!」小さな声で言うが「ほら、入れるぞ」勃起した肉竿が、麗華の胎内に入っていくが(生徒が見ている…。生徒が!)顔を歪めて耐えている。

肉竿が根本まで入ると、孝史はゆっくりと、肉竿を動かし始めた。
麗華は「う、うー!」呻き声を上げまいと堪えている。
「先生、せっかくだから、議会の体験をしたら」
「そうね。みんなが、大人になったら、どうしたいかな?」

その言葉で、生徒達が次々と発言していき、その間も、孝史は腰を動かし続け「でる、でちゃう!」登り切った。
「やめて、お腹の中はいやよ」小さな声で言うが、麗華の胎内に射精してしまい(そんなー!)唖然とする麗華だ。
「大人になっても、考えを変えないでね」麗華は、教え子の発言にコメントしていく。
「抜くぞ」肉竿が抜かれ、淫裂から精液が流れていく。
「ティッシュ、無いのよ」
「待ってろ。陽子から借りてくる」孝史が議会からでて行き、その間に、麗華が生徒達に話していく。

しばらくして「麗香さん、見せて!」陽子が議会に入ってきた。
「見て、先生は病気なのよ。ほら」陽子は生徒にわざと、精液を垂らす麗華を前に出して股間を見せた。
「だめ、こんなの許せないわよ!」性器を教え子に晒すのを嫌がったが「治療しましょうね」ティッシュで淫裂を拭いていく。
「先生は病気なの?」

「そうなの。ほら、膿がでてきたでしょう」淫裂から流れ出た性器をじっと見ている。
(見ないで、こんな所を見なくて良いのよ!)顔を背け、淫裂の中を陽子に拭かれた。
「これで膿も取れたわよ」ニヤニヤしながら麗華の淫裂を見つめている。
「先生、もう大丈夫なんだね」教え子達も笑顔になっていく。
「平気よ、綺麗になったから。今度は港に行きましょうね」恥ずかしそうに麗華は教え子と一緒に役場から出た。

そして、麗華が全裸での生活を始めてから、3ヶ月が過ぎて7月半ばになった。
その間にも、舞子は大通りに作られた特製のステージで全裸で踊らされていた。
「いいぞ、もっと足を開け!」泣きながら、足を上げて股間を晒した。
「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」カメラは舞子の露になった淫裂を撮っていく。

舞子は踊りが終わると、いつものように村長に犯された。
「がんばれ村長!」島民の声援で、50代にも関わらず肉竿が動いていく。
「出すからな」舞子の胎内へ射精をするが、舞子への辱めはそれで済まなかった。
「いや、いやー!」健二達不良仲間にも犯され、次々と射精されていく。
(麗華みたく、絶対にヌードでは過ごさないからね)犯されてもいいから、裸になるのを拒む舞子だった。

小学校も夏休みとなり、島では夏祭りを迎えた。
「裸みこしは、小学校の先生2人で決まりね」「そうですよ」島民達は祭の主役が誰か話し合っている。
そして、村長や村の役員達によって、2人に決まった。

そんなことなど知らない2人は、孝史によって、役場に呼び出された。
「明日から夏祭りですが、みこしに乗るのはは2人にお願いします」村長が言い出すと「いや、いや!」どんな祭りか知っている舞子は拒んだ。
「イヤでもやって貰います。こんな写真もありますよ」それは、舞子と麗華が全裸で踊ったり、犯されている写真だ。
淫裂に食い込む肉竿がハッキリ見える。

「脅迫ですか、こんな写真で!」泣きながら言う舞子に「脅しではありませんよ。これは祭の間、展示する作品です」
「やめて、お願いですから!」麗華も乳房を揺らせながら、泣き出してしまった。
「展示したら消却します。お二人の態度次第ですが」

「乗ります、乗ればいいんでしょう?」何も知らない麗華は承知した。
「舞子さんは、どうします。何なら、これを実家に送りましょうか、兄弟にも…」
「いやー!」泣き崩れる舞子だ。
「やりますよね、祭の主役を?」孝史の言葉に、泣きながら頷く舞子だ。
「よかった。明日の9時から、お払いをしますから、神社に来て下さいね」黙ったまま頷く2人だ。

役場を出ると、島民が取り囲んだ。
「主役なんだってな。楽しみにしてるから」皆が笑顔で見つめていた。
「乱暴にしないでよ。やさしくよ、痛いんだから」顔を強張らせて、舞子が言うと「当然さ、やさしくやるよ」
「そのかわり、楽しくやろうぜ」舞子と麗華は島民を振り切るように歩いた。

翌朝、舞子と麗華は起きると、風呂で体を綺麗に洗っている。
「ここも、綺麗に洗わないと…」舞子は、いつもより丁寧に淫裂を洗い、麗華も吊られて、いつもより丁寧に淫裂を洗っている。
風呂から上がり、タオルで拭いていると「御輿に乗るって、ホントなの?」心配そうに恵子が2人に声を掛けた。
「はい、本当です!」どんなことか知らない麗華が、あっさり返事した。
「頑張ってね。くじけないでよ」哀れむかのような、目をしている。

「もうすぐ9時よ。裸で行かないと、いけないの…」
「私は裸だから平気よ」
(何も知らないのね、御輿に乗ることが、どんなことか…)体を拭き終えると、2人は生まれたままの姿で、宿舎を出た。

麗華と舞子が、家並みから外れた坂道を、乳房を揺らせながら登っていくと「来たぞ、2人が!」神社の境内は、島の男達が大勢集まっていた。
「こっちで、お払いだ。来てくれ!」舞子と麗華は神社の鳥居をくぐり神殿の前に来た。
「これより、安全祈願を行います」神主姿の島民が、生まれたままの2人のにお払いをしていくが(これからヘアを剃られるんだ…)体が震える舞子だ。

「それでは、これより、神事を行います…」神主が、舞子の前に膝を落し「動かないで。危ないですから」事もあろうか、真っ黒な絨毛をハサミで切りだした。
それには「そんなー!」唖然とする麗華だ。
しかし、島民は舞子の絨毛の切られ行く姿を、ニヤニヤしながら眺めている。

舞子の絨毛は次第に消え「仕上げに入りますから、動かないで下さい」切った絨毛を丁寧に、白い和紙の敷かれた三方に乗せてると、股間に石鹸水を塗り、カミソリで仕上げていくが、舞子は足を開き立ったままだ。
しかし、恥ずかしそうに、顔を横に向けている。
(私もああされるのかしら?)不安な顔で、陽子の股間を見ている。

カミソリは、数往復で絨毛の全てが消え失せて、パックリ割れた淫裂が露になった。
開いた淫裂からは、2枚の肉襞が飛び出ている。
「済みました。今度はそちらの神事です…」絨毛が綺麗に消えた舞子は、恥ずかしそうに股間を両手で隠した。
「先生、こっちへお願いします」舞子は武によって境内に連れ込まれていく。
「危ないですから、動かないで!」今度は、麗華の絨毛が切られだし(こんな事なら、やるんじゃなかった…)後悔するが遅かった。

麗華の絨毛も大半が消えてしまい(性器の奥が、見られてしまうかも知れない…)太股がピクピクと動いている。
「動かないで!」神主が注意しながらハサミで絨毛を切って「仕上げです」今度は石鹸水が塗られて、短い絨毛がカミソリで剃られていく。
(だめ、そこを掴まないで!)神主は淫裂に指を入れ、肉襞を掴み、カミソリを当てた。
そして、丁寧に、一本も残すまいと剃っていく。
「終わりました…」切った絨毛が、やはり和紙の敷かれた三方に乗せられて運ばれていく。
(恥ずかしいわ、ヒラヒラが飛び出している!)淫裂が丸見えになり、飛び出た肉襞が露になって、真っ赤な顔で両手で股間を覆った。

「先生。こっちです!」絨毛を剃り終えると、武に呼ばれて境内に向かった。
「ま、舞子さん!」舞子は、真っ白な布が敷かれた御輿の上にあるイスに座らされ、開脚して縛られていた。
「見ないで、恥ずかしいから見ないで!」顔を背ける舞子に(性器の中まで丸見えだ…)声を出すことができない麗華だ。
そればかりではなく、両手も広げて、磔のように固定され動けない。

「私も、ああされるの?」震えて言うと「はい、当然です」麗華が押さえられた。
「イヤ、イヤです。やめて下さい!」叫んでも、白い布が敷かれた御輿に乗せられて、開脚したまま縛られてしまった。
両手も縛られて、身動きがでず「見ないで、性器だけは見ないで!」悲鳴がむなしく響いていく。

「準備ができましたね。それでは氏子の皆さん、祭の安全祈願です」舞子と舞子が乗った御輿が神殿前に運ばれた。
そこに「いい眺めね、お二人さん」お腹が膨らんだ陽子が現れた。
「見ないで、お願いですから」泣きそうな顔で言う舞子と麗華に「見ないといけないのよ。ここに手入れをするのが、私の役目なの」陽子はチューブを絞り、麗華の淫裂に指で塗っていく。
「冷たいけど我慢して!」指が淫裂の肉壁を、くまなくなでていく。
「やめて、恥ずかしいから!」 
「こうしないと、痛いのよ」陽子は、たっぷり麗華の膣に塗ると、舞子の膣の中にも塗った。

「終わりました!」陽子の言葉に「氏子から、どうぞ!」神主の言葉を待っていた男達は、下半身を露にしていくが(レイプされる…。集団にレイプされてしまう…)体を震わせる麗華だ。
氏子は神主が切った絨毛を2、3本摘んでロウソクで燃やした。
臭い臭いを嗅いでから麗華の正面に立った。
(冗談よね。冗談でしょう?)顔が震えているが「行くぞ!」氏子は太股を押さえて、淫裂に肉竿を挿入した。
「いや、こんなのいや~!」肉竿で突かれる麗華は悲鳴をあげた。

(犯された…。また犯された…)落胆するが「これで怪我(毛が)無いぞ!」腰を2回振っていく。
麗華を犯した男は、同じように舞子の絨毛を燃やして、肉竿で淫裂を2回突き刺した。
「い、いや、いやー!」やはり、舞子も悲鳴をあげた。
こうして、麗華と舞子は神社に集まった男達全員の肉竿で、淫裂を突き刺されてしまった。

「安全祈願も無事に済みましたから、出発です!」2人を乗せた御輿が、島の繁華街に向かっていく。
「イヤ、やめて。戻って!」2人の前に居並ぶ島民の姿が見えた。
「わっしょい、わっしょい!」みこしに合わせて、2人の乳房も円を描いている。
「見ないで、お願いです!」
両脇に並んだ島民は、麗華と舞子のパックリと口を開く淫裂と、揺れ動く乳房を食い入るように見つめていた。

「綺麗だわ、あんなに綺麗なんて羨ましい…」
「そうよ、私なんかヒラヒラが真っ黒なんだから」女性達も、2人の恥ずかしい姿をしっかり見ていた。
(見られている。島の皆に性器の中まで…!)泣きながらも、御輿に合わせて体を揺らせている舞子と麗華だ。

 



 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA