全ての者に愛の手を 昔話「待ち焦がれた快楽」(2)

【第2章(2)】

「太股までビチャビチャに濡らしてさぁ。足首にまで汁が垂れてるし。…したいんだろ?
 一言、したいって言えば、コレあげるよ?」

そう言い、水橋くんはズボンを下げ固く反り立つ男性性器を取り出した。
血管が浮かび今にもはち切れそうなほど肥大した肉棒。

「あ…ああ…」
「くくッ…口半開きにして今にも涎垂らしそうにして。そんなに欲しい?」

もう駄目だった。自制が効かない。早く欲しかった。
私は気付くと正直に欲望を口にした。

「欲しい…欲しいのぉッ…して…してぇ!!」
「ふふッくくく…。いいぜ。でも俺さ、肋骨折れてて満足に動けないからさ、一美が腰振るんだ。いいな?」

水橋くんの口調が変わった。
その命令口調ですら支配されている感覚を与え、快楽に変わっていく。

「はい…わかりました…だから…だからぁ…」
「そう慌てんなよ。今やるからさ。…ほら。」

水橋くんがベットに仰向けになり肉棒を上に向けると同時に、私はナース服を脱ぎ捨て、太股までのストッキングとナースキャップだけ身に付け、水橋くんに股がった。

「はぁ―っ、はぁ―っ…」
「少し落ち着けよ。まだ入れんなよ。」
「早くぅ…」
「ちゃんとおねだり出来たら入れても良いぜ。出来るだけイヤらしく頼むぜ?」

「あぁッ…早く…早く私のオマ○コにオチ○チ○入れてぇ!
 私のグチャグチャに濡れたスケベマ○コに水橋くんの大きなオチ○チ○食べさせてぇ!!」

その言葉が終るや否や、水橋くんは私の腰を引っ張り、肉棒を一番奥まで一気に埋めた。

「ひッ―――――――! …ぁああああああ―!!」

一気に子宮口まで貫かれ、瞬間的に絶頂に達した。天を仰ぎ、目を見開き、体を弓反りにし、全身を痙攣させる。
待ちに待った快楽だった。

「おいおい、あんまり大声出すと隣の病室に聞えちまうぞ?」

「あ…あ…」
「イッて呆然とするのはいいけど、早く俺もイカせてくれよ。早く腰を振れよ。」

「ま、まって…私イッたばっかりで…」
「だから、どうした?」

水橋くんは一突きだけ腰を動かすと、また腰を止めた。

「ひッああッ…わかりました…」

私はベットのスプリングを利用し、激しく腰を上下する。

「あッあッあッあッ…」
「おうッ…激しいねぇ。そんなにハイペースで腰振ったら肋がまた折れちまうんだけど。」

「あんッ…ああ…だって…腰が勝手に…うんんッ…」
「へぇ、体が勝手に快楽を貧るのか。一美は骨の髄まで変態なんだな。」

「ち、ちがうぅ…」

彼の言葉責め。その言葉一つ一つまで快楽に変わっていく。
彼の言う通り、骨の髄まで変態になってしまったのだろうか。

「あぁッ…だ…だめぇ…また……イ…ク…」

2度目の絶頂を向かえようとした時、彼の手が腰をガッシリと掴み私を制止した。

「あ…な、なんでぇ…?」
「あのさぁ、俺は一美のオナニーの道具じゃないんだけど。俺はまだまだイキそうにないんだ。自分ばっかり気持良くなって良いと思ってる?」

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA