ありさ・鰻責め地獄 登場人物紹介

【登場人物紹介】

野々宮ありさ(20歳)

呉服問屋『伊勢屋』の長女。器量が良く気立も善いと街中で評判の娘。
奉行所に不義密通の濡れ衣を着せられる。

黒山左内(48歳)

奉行所与力。奉行を補佐し江戸市中の行政・司法・警察の任を任されている。
表向きは実直だが並外れた女好き。好みの女性が現れると立場を利用しあらゆる手段で手にかける。

小菅忠左衛門(38歳)

奉行所同心。常に与力黒山の顔色を窺い媚びへつらうことしきり。

源五郎(41歳)

奉行所岡っ引き。調子者で少々そそっかしいところがある。

野々宮勘兵衛(52歳)

江戸では名の通った呉服問屋『伊勢屋』を営む。ありさの父親。商売上手だが人情に厚い。

俊吉(28歳)

呉服問屋『伊勢屋』の番頭。なかなかのやり手で店の「大黒帳」を預かっている。なかなかの美男。

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA