こしあん 第9話

【第9話】

俊介は指でそっと汗を拭った。

「はぁはぁはぁ・・・惠、体位変えようか・・・惠の顔を見ながらしたいから・・・」

俊介の言葉に惠はこっくりうなずいた。
惠は俊介の方へ向きを変えた。

「仰向けに寝て・・・」
「うん・・・」

俊介は仰向けになった惠の上に重なり、惠の膝を大きく折り曲げた。
海老のようになった惠を抱え直す俊介の動きは実に機敏だ。
体位移行時に一瞬萎えてしまう男性もたまにいるが、俊介の場合、肉棒は萎縮するどころか一際大きく、そして硬く怒張していた。
それは惠の魅力が大きな要因を占めていたが、切れ目のないスムーズな体位移行もプラスに働いた。

怒張した肉棒は海老のようになった惠の亀裂に押し込まれた。

(ズニュッ・・・)

「あぁ~・・・」

挿入はじんわりと、しかし、その後のピストンは実に軽快だった。
俊介に惠を抱きしめ唇を重ねて小刻みに腰を動かした。
惠は無意識のうちに俊介の背中に両手を廻し、ときおり、俊介の髪を撫でた。

「んっ・・・うんっ・・・ふぅん~ふぅん~・・・うぅん~・・・」

惠は唇を重ねているため、声は出せなかったが、鼻から甘いうめきを漏らした。
男は女の甘い声を耳にすると、一段と元気になっていく。
俊介は惠から唇を離した。

「ああっ・・・!惠ぃ!あぁ、もうイキそうだ~!」
「あぁん~、うちかてもうあかん!めろめろやぁ~・・・あ!ちょっとイクのん待って~な!」
「・・・?」
「もっぺん体位変えよ~な。」
「え?屈曲位だめなの?」
「そんなことないねんけど、うち、最後はやっぱり騎乗位でイキたいねん。」
「うん、分かった。」

フィニッシュは屈曲位で意気込んでいた俊介だけに、少し不意を喰らった形になったが、愛しい惠の注文だけに、俊介は笑顔でうなずいた。

仰向けになった俊介は直ぐに惠を迎え入れた。
惠の秘密の壷はもう十二分に潤っている。
惠は目を閉じて、その感触を愉しむかのようにゆっくりと腰を沈めていく。

(グジュ・・・グチュチュ・・・ズニュッ・・・)

「あぁ・・・」
「あっ・・・」

ふたりの口から同時に熱い吐息が漏れた。

先に動き出したのは惠だった。
膝を使って腰を上下させている。
俊介もじっとしていない。
惠のリズムに合わせ、腰を微妙に動かせている。
ふたりの呼吸はぴったりと合っている。
呼吸の合った結合は予想以上の快楽を生み出すことがある。

「あぁ、俊介ぇ・・・すごぅええわぁ~・・・あかん!もうイクかも知れへん!」
「はぁはぁはぁ、僕もかなりやばい・・・」

腰の動きどんどんと加速を増していく。

「ううっ!惠の中で発射していい!?」
「ええよぉ~!あぁぁぁぁ~!しゅ、俊介ぇ~!うち、イクッ!あかん!もうイクッ!!いやぁ!あぁん!あぁ!!あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~イクぅ~~~~~~~~~~~~~!!!!!」
「おぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~~~!!!!!」
「ものすごぅええ~~~~~~~!!!!!あぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!!どないしょお~~~~~!!あかん!!良すぎて腰抜けそうやっ!!腰がぁ!腰がぁ、あぁん!!!!!こし、あぁん~~~~~~~~~!!!!!」

【こしあん 完】

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA