淫らな離島 入学式

【第7話】

 

処女を失った麗華が、全裸で体育館から宿舎に向かい歩いていくと「孝史とオ○ンコしてよかったかい?」島民が声を掛けた。
(いいわけないわよ。あんなに、痛かったのに!)項垂れて、黙ったまま歩いていく。

宿舎に戻ると、爪先で廊下を歩いて(お風呂に入った方がいいわ。汚れた体を洗わないと)部屋から下着と着替えを持って浴室に向かった。
「ここを、洗わないと…」丁寧に淫裂にお湯を掛けると、固まった血がお湯で溶けて、流れ出てきた。
「もう、戻れない…。戻れないんだ…」先ほどのシーンを思い出し、自然と涙が流れていく。

そして、翌日も、麗華は10時に宿舎を出た。
「撮らないで、お願いよ!」やはり、カメラを持った島民が麗華の全裸姿を撮っていく。
(どうして、写真を撮るのよ!)悔しさで、唇を噛みながら歩いていた。
「触りたいな。あの、オッパイとオ○ンコを!」
「祭りまで我慢だ。祭なら、堂々と触れるから」
その言葉に(祭でオッパイを触れる…。そんなのいやよ、そんな祭には絶対に出ない…)乳房を揺らせながら体育簡に向かった。

体育館には、昨日と同じく、島民が待っていて(見られながら、セックスをするなんて!)自然に体が震えていく。
「麗華、今日はバックからだ。四つん這いになれ!」言われるまま、用意されたベッドで四つん這いになった。
パックリ割れた淫裂が、島民に晒され「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」歓声が上がった。
「いや、見ないで!」恥ずかしさに、下を見ると(これが喪失した証拠だわ…)ベッドのシーツに、鮮血が点々と付いている。

孝史は麗華の腰を両手で押さえ「ゼリーをいっぱい塗ったから、今日は痛くないよ」肉竿が麗華の胎内を突き刺していくと「あ、あ、あー!」大きな喘ぎ声をあげた。
それを見て「私もバックでされたい!」「見られてもいいのか?」「平気よ、先生だってやってるんだから」妻は、スカートとパンティを下げて下半身を露にした。
「父ちゃん、私もバックからされたい…」別な妻も下半身を露にしていく。

それに刺激されたのか、妻達は皆が、下半身を丸だしにし、夫の肉竿で淫裂を突かれ「あ、あ、あー!」喘ぎ声の合唱が始まった。
(こんなのいやよ。私のセックスで、興奮するなんて)乳房を激しく揺らせながら、喘ぐ麗華は、淫裂深く、射精された。
「父ちゃん。私にも出して、いっぱいよ」「ああ、もうすぐだ!」夫達も妻の胎内に噴射をした。

こうして、麗華は3回の公開セックスが終わり、入学式の前日を迎えた。
舞子と麗華が、最後の準備をしていると、孝史と武が小学校に来た。
「先生、明日の入学式は村の役員達も出席しますから、礼服でお願いしますよ」
「礼服ですか…」怯える舞子だが「礼服って、黒いツーピースで、いいんですよね?」何も知らない麗華が尋ねた。

「黒は黒でも、違う黒です。そうか、麗香さんは、知らないのも当然だな」
「持ってきてよかった。これが礼服です」武は、カバンから黒い衣装を取りだし、麗華に渡した。
「これ、スケスケよ!」それは、うっすら黒みを帯びたスリップだった。
「これを、下着を着けず、直接着ます」
「いやよ。ヘアとオッパイを見られてしまう!」当然、拒む麗華だ。

だが「わかった、着ればいいのね」舞子はすんなり受け入れた。
「舞子さん、ヌードと同じ姿を教え子と村の人に見られるのよ」泣きそうな顔で叫ぶと「いやなら、喪失のビデオを実家に送ってあげるよ」脅された。
そう言われると「それだけは、やめて!」泣き出す麗華だ。

「生徒達は、裸に慣れているから平気だよ。安心して礼服を着るんだ」
「それから、麗華はこれを飲むんだ。陽子が用意してくれたんだ」
「何なのよ、これ?」
「避妊薬だよ」孝史が耳打ちすると(避妊薬と言うことは?)体が震えだす。
「毎日飲むそうだ、書いてあるだろう?」袋には、薬の飲み方が書かれていた。

「舞子は、まだ大丈夫だよな?」
「はい。今月一杯は持ちます…」項垂れて言う舞子だった。
「そうか、安心したよ。とにかく明日は失礼がないように」2人は小学校から出ていった。
「ヌードを晒すなんて!」残された麗華と舞子は元気が無い。
「でも、着ないと大変なことになるし…」あきらめ顔の2人だ。

そして、入学式の日が来た。
「フルヌードにならないと…」麗華は着ていたネグリジェを脱いだ。
夜はブラジャーをしてないから、乳房を揺らしながら、パンティを脱いでいく。
「これで、素っ裸だ…」生まれたままの姿になった麗華は、渡されたスリップを着込んで「丸見えだわ、ヌードと同じよ!」姿見に写る自分の姿に声をあげた。

同様に、舞子もスリップを着込んでいくと、小振りな乳房と股間が丸見えになっている。
「とにかく、これで入学式を済ませないと」麗華が部屋を出てダイニングに向かうと「麗香さん、スケスケですよ!」驚く恵子だ。
「私も、スケスケなの」そこに舞子が現れたが、やはり、乳房と股間の絨毛が丸見えだ。
「2人ともですか…」恵子はそれだけ言うと、声にならず「とにかく、ご飯を食べて下さい…」冷静装って言う。

2人は、食事をすますと、宿舎から小学校に向かった。
「すげえな、素っ裸よりも色っぽいぞ」
「ホントだな。新任の先生のオッパイが、揺れていいよ」
「それに、オ○ンコの毛を見ろよ。生え方が全然違うよ」2人の姿に、島民が話している。
(いやらしいわ、ヌードしか興味無いのね)(見ないでよ、こんなヌードなんか…)真っ赤な顔になって歩いていた。

2人は、島民に見つめられながら、小学校に入ると、孝史と武が先に来ていた。
「いいですね、この姿が…」孝史は麗華の乳房を撫でていく。
「やめて、ここは小学校よ」
「わかってる。オ○ンコはしないから、触らせろ」股間も撫でられる。
舞子も、武に乳房と淫裂を触られて「お願い、もうすぐ生徒達が来るから」やめるように、言う。

暫くして、舞子が言った通りに、親に連れられた新入生達が現れ「先生、こんにちわ!」挨拶してくる。
「はい、こんにちわ」舞子と麗華も挨拶していく。
「先生のオッパイ、お母さんのより大きいよ」思わぬ言葉に「だめよ、そんなこと言っちゃ!」舞子が言う。
「だって、お母さんのは、先生の半分くらいなんだ。それに、髭もちょっとしか生えてないよ、先生の髭はいっぱいだけど…」新入生は麗華の股間をスリップの上から撫でた。

「そうなの。私の髭が多いのよ」真っ赤な顔の母親と麗華だ。
別な子も「僕の母ちゃんは、一杯生えているよ、先生よりも」舞子の股間を撫でていく。
「そうなの、私よりも多く生えているんだ…」やはり、真っ赤な顔の舞子と母親だった。

新入生の2人が来てから、すぐに村の役員も来た。
「お似合いですよ、その姿が!」村長は、舞子と麗華の乳房と股間を見つめている。
(見ないで、恥ずかしいから見ないでよ!)体が小刻みに震え、乳首も大きく膨らんでいた。
「ホントにいい体つきだ。ぜひ島に残って子供を産んで欲しいな」
「そうですね、田中先生にはぜひ孝史の嫁になって欲しい出すな」その言葉には、黙ったままの麗華だ。

「田中先生、素っ裸よりもセクシーだわ。女性の私でさえ、興奮してきた!」陽子も麗華の乳房を撫でていく。
「陽子先生、浮気をするのか。ルミが怒るぞ」
「しないわよ、浮気なんか…」
「そうだよな。でも、武とは毎日楽しんでるって、話だぞ!」
「それは別よ。武さんとは!」慌てる陽子だ。

やがて、定刻になり「それでは、入学式を取り行なわせてもらいます」舞子の司会で、入学式が始まった。
村長はたった2人の新入生の前で祝辞を述べた。
「今年は2人ですが、来年からは大勢になります。子供が増えてますから来年は10人の新入生を迎えそうです」こう話していた。

校長の舞子も話しをするが(舞子のヘアは、縦長で少ないけど、麗華のヘアは逆三角形でぴっしり生えている)(オッパイの乳首が膨らんでいるぞ、興奮しているな)役員達は、2人の股間と乳房を見比べていた。
(性器を見ているわ。オッパイと性器しか興味が無い人なのね)全身が紅潮していく2人だ。

入学式は1時間ほどで済み、子供と親は帰って、村の役員と舞子と麗華が残っている。
「先生。これから、歓迎会と行きましょうよ」
「昼間からですか…。準備をしてませんし…」嫌がる舞子だ。
「心配しないで下さい。僕たちでやりますから」孝史は携帯電話で連絡を取っている。

「孝史さん。ルミも呼んで欲くれない。いいでしょう?」
「あれですね。でも、僕ともして下さいよ」武は心配になり陽子を抱きしめた。
「武さん、わかってますよ。あなたの妻になる約束ですから」
それを聞いて「陽子さんも、村に住み着くのか、これはめでたい。また子供が増えるぞ」笑顔の村長だ。
「それに、ルミさんも忠夫と一緒の約束をしましたよ」
「ルミさんもか。だったら忠夫の仕事を作らないとな」武と孝史の話に、さらに笑顔になっていく村長だ。

「それでは、宴会と行きましょう」教室から、畳の敷かれた和室に移動していく。
総勢10人ほどが、16畳ほどの広さの部屋に入った。
「もうすぐ届きますから」座布団を並べていくと「持ってきたよ!」忠夫とルミが現れた。

「先生、歓迎会ですってね。あれも、していいんでしょう?」ルミは意味ありげなことを言う。
「勿論よ、あれが楽しみで呼んだのだから。準備してきたの?」
「当然です。先生のも用意してありますよ。やりたかったんでしょう、麗香さんと…」微笑むルミだ。
「ありがとう。ルミとも楽しむからね」
「武さんともでしょう。私も、忠夫となら、する事にしたの」
「私も、男は武さんとだけしか、しないことにしてるのよ」2人は並んで座り話していた。

「それでは、これから田中先生の歓迎会を始めたいと思います」孝史の司会で、歓迎会が始まった。
「先生、挨拶をお願いします」麗華も挨拶をし、それが済むと「それでは乾杯と行きます」一斉にビールが注がれて「乾杯!」舞子の音頭で乾杯が行われ、話が弾んでいった。

乾杯が済むと「舞子さん。ちょっと、お願いできません?」ルミが舞子に話しかける。
「また、するんですか?」顔を歪める舞子だ。
「麗香さんにも、後でお願いしますけど…」
「わかりました…」舞子はルミと陽子に連れられて、一旦、和室から出た。
「いよいよですな、あれを見ないとね」ワクワクする男達だが(何を始める気かしら?)1人残された麗華は心配顔になっている。

暫くして「ひー!」悲鳴が外から聞こえた。
「始まりましたね」「いよいよだな」興奮している役員達だが「いやー!」両手を縛られた舞子が、ルミと陽子に連れられて入ってきた。
「ま、舞子さん!」スリップを脱がされ、生まれたままの舞子に、麗華は驚いた。
両手首を前にして縛られ、乳房も紐で縛られていた。

(オッパイ、痛くないのかしら?)根本で縛られた乳房が変色している。
さらに、膝の部分が棒で固定されていて、太股を閉じれず、開脚したままだ。
「いいよ、ルミと陽子の姿も!」ルミと陽子は、太股までの黒いストッキングを着け、黒いスケスケのブラジャーをしているから、乳房が見えている。

 



 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA