こしあん 第8話

【第8話】

俊介の怒張したイチブツは惠の中に収まり切らず、はみ出た幹が愛液に濡れそぼりてらてらと光り輝いている。

ブリッジと言っても、俊介はあまり高く反り返らないように心掛けた。
高く反り返り過ぎると、乗っている者に不安を与えてしまい、逆効果になるからだ。
俊介はそんな細やかな心配りの出来る男性であった。
女性は身体がわずか2、30センチ浮くだけで、公園のシーソーのような浮遊気分が味わえる。
だが俊介の場合、シーソーのような単調な動きではなかった。
惠を高々と上げた後、腰を小刻みに振動させたり、前後に揺すったりと、実に多彩な動きを披露した。

惠の感度は益々冴えわたっていき、無意識のうちに喘ぎ声も次第に大きくなっていった。

「いやぁん~!うち、浮いてるやんかぁ・・・恥ずかしいわぁ~・・・あぁ、あぁ、どないしょう~・・・あああっ、あぁ、あぁ、気持ちええっ!ああぁ、すごくええわぁ~・・・」
「ぼ、僕だってぇ・・・」

(グニュグニュグニュ・・・ヌッチャヌッチャヌッチャ・・・)

惠は髪を振り乱しているうちに、バランスを崩してしまった。

「きゃぁ~~~!!」
「わあっ!!」

倒れそうになった惠を抱きかかえる俊介。
態勢は偶然に惠の背後に俊介が廻ってしまった。

「惠・・・」
「え・・・?」
「後から入れたい・・・」
「うん・・・」

俊介のリクエストに応えて、惠は四つん這いの態勢をとった。

「これでええ?」
「うん、いいけど、もう少しお尻を上げて・・・」
「こう・・・?」

惠はベッドに肘をつき、尻を高々と上げた。

「うん、それでいい。」

俊介は惠の腰の両側を支えながら、いきり立ったイチブツを亀裂に宛がった。
すでにたっぷりと潤った容器は、容易にイチブツの進入を受け入れた。

(グッ・・・ググッ・・・グググ・・・)

「あぁ・・・」
「うっ・・・」

俊介のピッチは遅い。
ゆっくりとした重厚な攻めで腰をピストンさせている。

「あぁ・・・あぁ~・・・」

恵がときおり、甘い声を奏でる。

20回ほど反復運動を繰返した後、俊介は奥に突き当たった時に動きを止めた。
そしてゆっくりと亀頭を旋回させた。

(グリグリグリ・・・)

「ああぁぁぁぁぁ~・・・」

奥壁が擦れている。

「あぁ・・・!そ、そこ!そこすごぅ感じるっ!ひぃ~~~!!」

俊介は恵の予想以上の反応を見て、奥壁をいっそう激しくかき回す。
スクリュー技を浴びた惠は、髪を乱しシーツを掻き毟っている。

「あぁぁぁぁぁ~~~・・・そこ!そこ、すごい!あぁぁぁぁぁぁ~~~!しゅんすけぇ~~~~~!!」

(グルングルングルン~、グルングルングルン~)

俊介の額から汗が一滴、惠の背中に滴り落ちたが、惠は全く気づかない。

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA