バトンを秘孔に挿入し処女喪失

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第25話
処女の卒業は美少女の歓喜と共に

 呆れるしかない非処女な女の子と、常に曖昧な態度に終始する処女な女の子と。いい加減で身勝手極まりない、ブルマフェチな男の子も併せて。

「智花、バトンのチンポが垂れてるぞ。オマ〇コをもっと絞めつけろよ」

「くぅ、わかってるわよ。どう? これで……」

「智花が生やしたオチ〇チン……あぁ、こっちを見てる」

丸いヒップを辛うじて包むブルマから、真っ青なペニスが突き出されていた。
治彦に唆されるままに、智花は四つん這いの姿勢を取らされているのだ。

そして、対する真由美もまた、智花と同様に四つん這いである。
臙脂色のブルマは、太腿の下あたりまで引きずり下ろされ、むき出しの下半身を待ち構えるバトンペニスの元へと。

「真由美、怖くないからね。初めてのセックスでは、みんな経験してるから……あたしだって……」

「普通は生身のチンポだけどな」

「余計なことは言わないの」

茶化しながらも、治彦の目はまばたきを消した。
きっと真由美も。
きっと智花も。
自分も鳴り響かせている胸の鼓動を鼓膜で拾いながら、その瞬間を凝視する。

ちゅく、にちゅ……

「くうぅっ……」

「オチ〇チン、揺らされちゃう……はぁぁ……」

ヒップとヒップが向かい合っていた。
それを橋渡しをする青いバトンが、真由美の花弁に触れた。

「智花、また垂れてるぞ」

「ご、ごめんなさい……はふぅっ!」

治彦が喝を入れて、智花は下腹部に力を込め直した。
萎えかかった青色ペニスがグンと反り返り、真由美の恥部に刻まれた肉のヒダを、深く抉るようになぞった。

「ひあぁんっ! こすられちゃうぅっ!」

剥き身の卵のような、そんな臀部がおののくようにもがいた。
けれども真由美は引かない。
恥肉の底にまで当てられたバトンの切っ先を、彼女だけが心得ている。女の秘孔の入り口へと自らの意思だけで導いていく。

「おっ、めり込んでいくぞ」

治彦がつぶやいた。

「あぁん、押されちゃうぅっ……太いのがぁ、お腹の中までぇ……」

智花が四肢の筋肉を踏ん張らせながら喘いだ。

ズズ、ズリュ……ズズ……

「ヒィ、グゥッ! 拡げられちゃうぅ……でもぉ、決めたからぁ……」

聞こえはしない。
しかし、女の子をしていた被膜が削られる悲鳴を、治彦は感じた。

悲愴なほど顔を歪めながら、それでも真由美は、ジリジリと極太な淫具を処女の膣穴へと沈めていく。
男には想像のつかない痛みと闘いながら、大人の女への階段を自らの気力だけで踏み上がっていく。

「がんばって、真由美……んはぁ、ファイトだよ」

「あと少しだ……ねじ込め、真由美……」

膣奥を強く圧迫されながら、智花がエールを送る。
数ミリ刻みで、鮮やかな花弁の肉ビラがバトンを咥えこみ、その淫靡なのに幻想的な光景を眼前に、治彦も声を。

「い、痛い……だけど、わたしは……ふぐぅっ、今度こそ……」

男の生ペニスを一回りは大きくさせた。
そんな無謀すぎるバトンの張り形に処女膜を裂かせながら、真由美は何を?
心が引きずる辛い想い出と決別するかのように、真由美は腰を押し出した。

ミチ、ミチ、ミチ……プツン……

「あぐぅ、ひぐぅ……お、奥までぇ……わたしも、これで……」

濃紺ブルマに包まれた丸々としたヒップと、粒のような汗をにじませた艶やかなヒップが、ついに触れ合った。
真由美のバージンを引き換えに、二人の少女の秘孔を青色のバトンが深くつなげた。

「はふぅんっ、やったね……真由美……」

「すごいぞ! オマ〇コの中に、ぶっといバトンが……」

「はぁ、くはぁ……わたし、卒業したんだね……智花と一緒になれたんだね」

純粋な涙があふれていた。
女の子どうしが膣穴をつなぎ合わせる淫らな行為なのに、智花も、真由美も、ついでに治彦も。

「智花、気持ちよくなろうよ」

「そうね、もっと恥ずかしいエッチして、二人一緒に感じ合いましょ」

そして、バージンを失ったばかりの真由美が誘った。
巨木な張り形を差し出し、受け身一辺倒な智花が、声を弾ませて応じた。

「俺はそうだな……智花と真由美のレズり合いをネタに、センズリだな」

ぼそっとつぶやいて、案の定ムシされた。
それでも構わない。
治彦は己の肉棒に利き手を当てた。

稚拙な腰使いを始めた二人の美少女にギラギラの瞳を送りながら、シュルシュルと硬質な肌をこすりあげていく。

「ふあぁっ、はあぁぁ……お肉がえぐられちゃうぅっ!」

「くあぁ、ひくぅっ……ちょっと痛いけどぉ、なんなのぉ……真由美のお肉、ビリビリしてるぅ」

ピチピチブルマがよじられ、半ケツの臀部を揺すりながら、智花が切なげに喘いだ。
汗ばんだ腰を身震いさせながら押しつけて、真由美の唇が戸惑いの歓喜を吐き出した。

「智花、『せぇの』のタイミングだよ」

「わ、わかった……『せぇの』で、腰を動かすのね」

突くのか、引くのか、はたまた二人同時なのか、互い違いなのか。
詳しい打ち合わせもないままに、智花と真由美は同意した。
さっそくとばかりに……

「せぇの! くひぃ、智花のオマ〇コから、抜かれちゃうぅっ!」

「せぇの! あぁんっ、真由美だけ……」

ヌラヌラと光るバトンが、智花の花弁からこぼれ落ちた。
力なく垂れかけた青色のソレを、真由美の膣だけで支え保たせ、再度、智花の恥肉へと押し当てていく。

「はひぃ、そこは……違うのぉ、お豆に当たってぇ……あぁっ、つぶさないでぇ」

覗き様もないままに、バトンの切っ先ががむしゃらに突かれた。
それは割れ目の上っ面だけをなぞるようにすべり、膣口をかすめる。
そして、花弁の最奥に潜むデリケートなところ、クリトリスの突起を手加減なしにもてあそぶ。

「もうちょい上の方だ。智花のオマ〇コは下付きだからな」

「はぁ、治彦……ふぐぅ、余計なことは言わなくていいの」

それを眺めて、治彦が口を挟んだ。
ついでに空いた片腕を手助けのつもりで伸ばそうとして、智花が慌てて腰の位置を修正させる。
差し出されたバトンを彼女自らが膣口に宛がわせ、一気に挿入させる。

「んあぁぁっっ! お腹の底までぇ……」

「ご、ごめんね、智花……でも、ちゃんと入ったからぁ……オマ〇コ……」

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA