こしあん 第7話

【第7話】

枕元の灯りが惠の騎乗位で揺れるシルエットを映し出した。
官能に酔いしれる女の姿はひときわ美しく輝いた。
なだらかな美の曲線を下からのアングルで眺める俊介。
気持ちが一段と昂ぶっていく。

ごく一般的な騎乗位のことを、正式には『時雨茶臼(しぐれちゃうす)』 という。
時雨とは、濡れた結合部が男の目前に晒されるという意味があるらしい。

「うわぁ~、すごい!惠の中に食込んでいるぅ~。」

俊介は首を少し上げて、惠との結合部分を覗き込んだ。

「いやぁ~ん!見たらあかん!恥ずかしいやんか!」
「だって惠とのの結合場面、見たいんだもの~。」
「そんなぁ!そんなん俊介ひとりでずるいわ~!」

惠はそういうと騎乗位のまま、俊介に覆いかぶさってきた。
ふたりの結合部を俊介に見られてしまったことで、急に羞恥心がを煽られ思わず前屈してしまったのだ。
この前屈騎乗位を『百閉(ひゃくへい) 』といい、感極まってきた女性が男性に甘える場合、自然にこの体位になることがある。
惠は前屈したために、クリトリスが俊介の恥骨に触れ、新たな快感が芽生えてしまった。
触れた部分を無意識のうちに押しつけ、腰を前後に激しく動かした。

「あぁぁぁ~~~・・・俊介ぇ~・・・ええわぁ~~~・・・すごぅええわぁ~~~・・・あん~・・・あん~・・・ふぁぁ~~~~~・・・あぁぁぁ~~~・・・!」
「め、惠ぃ・・・」

髪を振り乱し、俊介の上で悶える惠。
俊介もじっとしていられなくなって、惠のリズムに合わせて、腰を小刻みに動かせる。

むさぼる唇と唇・・・
激しく求め合う身体と身体・・・

(チュッ・・・チュチュチュ・・・)

(グッチョグッチョグッチョ・・・)

「んぐっ・・・ううん~・・・」

(ムチュッ・・・チュッ・・・)

惠は落ちてくる髪を指でかきあげキスを続けた。
俊介は惠の背中を愛撫しているが、ときおり尻にも手を伸ばし円周を描いている。

「はぁはぁはぁ・・・め、惠・・・」
「はぁはぁはぁ・・・なに?・・・」
「深く入れたい・・・」
「どないしたらええのん?」
「もう一度、ふつうの騎乗位になって。」
「うん・・・」

惠は結合したまま、前屈していた上体を起こし垂直に座りなおした。
俊介は惠の腰に手を添えて、腹に力を入れた。

「あぁ・・・俊介ぇ・・・すごっ!」

俊介の腹部がググッとせりあがった。

「あぁぁぁ~~~・・・ふこう(深く)入ってくるぅ~・・・」

惠がゆっくりとリフトアップされていく。

「あっ・・・あっ・・・あっ・・・ああっ・・・!」

俊介は腹筋で惠を持ち上げ、ユサユサと揺らし始めた。

「あぁぁぁぁぁぁ~~~!すごぉ~~~!いやぁん!奥へ食込んでくるぅ~~~!」
「うんうんうん・・・うんうんうん・・・」

(グニッ・・・グングングン・・・)

「あっ!俊介ぇ・・・あかん!気持ちよすぎるっ!あぁん!どないしょ!あかん!あぁぁぁぁ~~~!」
「はぁはぁはぁ・・・うんうんうん・・・」

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA