淫らな離島 全裸のマラソン

【第5話】

麗華が、宿舎に戻って2時間ほどしてから、舞子が戻ってきた。
「ご苦労様でした」見ていた麗華だが、知らないふりをしている。
「もう、大変だったのよ」舞子は話すが決して、麗華の顔を見ようとはせず(辛いのね、舞子さんも)話しに、合わせている。
「麗香さん、明日は村長と会わなければいけないの。だから学校は1人でお願いね」
「わかりました」麗華は承知した。

翌朝、麗華が1人で小学校に向かって歩いて行くと「よ、元気かい?」声が掛けられた。
(不良の忠夫ね、無視しないと…)無視して歩いていくが、その後を忠夫が付いてくる。
(しつこいわね、何なのよ)麗華が校舎に入っても、忠夫が付いてきた。
それには「一体、何の用なのよ!」開き直った。
「怒るなよ。できたんだよ、写真が!」
(写真だなんて嘘よ、こんな小さな島に機械かある訳ないし…)疑う麗華だ。

「とにかく、見ろよ!」忠夫が、昨日撮った写真を、机の上に並べていくと「いや~!」声をあげた。
写真には、乳房と淫裂を晒したまま、勃起した肉竿を掴んだり、淫裂を手で広げている姿が写っている。
そればかりではなく、肛門に忠夫の肉竿が入っている、写真もある。
「こんなの、いらない!」写真を破ろうとすると「破ってもいいよ。パソコンで、いくらでも印刷できるから」
その言葉に涙が流れていく。

「目的は、なんなのよ!」泣きながら叫ぶと「言ったろう。オ○ンコが目的だって!」
「いや。セックスだけは、許して下さい…」
「オ○ンコがだめなら、仕方ないか。だったら、素っ裸でマラソンはどうだ。一週間だけでいいが…」
「島の人に、見られてしまいます…」体を震わせて拒むと「早朝だよ、朝の5時なら誰もいないぞ」
「それでも、ヌードはいやです…」
「それだったら、オ○ンコだ!」
「いやです。セックスは絶対いや」麗華は泣き出してしまい、話しにならない。

「仕方ないな。夕方まで考えろ。オ○ンコか、素っ裸のマラソンかを選べ!」
「決まったら、どうするのよ?」
「マラソンなら、真っ赤な下着を。オ○ンコなら真っ黒の下着を窓からぶら下げるんだ」
「持ってないわ。黒も赤も…」
「そうだろと思って、用意した。これだ!」忠夫は袋を投げつけた。

それを、急いで開けると、下着が入っている。
(真っ赤なパンティとブラジャーだわ。それに、真っ黒なパンティとブラジャーも入っている!)中身を確認した。
「いいな。3時までには、どっちかをぶら下げるんだ。マラソンはこのコースだ」
「それから、オッパイとオ○ンコを、手で絶対に隠さない事!」付け加え、忠夫は、紙に地図を書いて、説明している。

「もし、どっちも下がっていなかったら、この写真はエロ雑誌に売り込むからな」雑誌社宛の封筒をちらつかせている。
「それだけは、やめて下さい」年下の忠夫に、土下座していく麗華だ。

「麗香さん。決めるのはあなただが、今日も、素っ裸を見せて欲しいな」忠夫は、麗華の上着のボタンを外していく。
「やめて。お願いですから、やめて!」声を出すが、抵抗はしてない。

「ほう、今日はシンプルですね」真っ白なブラジャーが、露になっている。
「オ○ンコは、自分で出すんですよ」
「そんな事できません!」
「写真が、どうなっても、いいのですか?」
「わかりました…」麗華は涙を流しながら、スカートのホックを外すが(自分でパンティを脱ぐなんて…)体が震えている。

「急いで、早く!」いらだった忠夫の叫び声に、ファスナーを下げると、真っ白なパンティが股間を覆っている。
(性器が、丸見えになってしまう…)目を閉じ、両手で腰のゴムを下げていく。
「いいですね。先生のオ○ンコの毛が!」
(いや、そんなこと言わないで!)さらに、パンティを下げ、足を抜いた。
「今度はブラですよ。これで、素っ裸だ!」忠夫が、ブラジャーのホックを外して、腕から脱がされていく。
麗華は、生まれたままの姿になり、乳房と淫裂を忠夫に晒している。

「これが、処女のオ○ンコなんですね。僕が真っ先に破りますよ」指で、淫裂を開いて眺めていた。
「やめて、お願いだから…」元気なく言う麗華に「人形みたいだ。これじゃ、楽しくないな」反応しない麗華に、忠夫は乳房を撫でて「いいですね。3時までですよ」言い残して小学校から出て行きいき、1人が残されている。
「どうしよう。素っ裸でマラソンなんて!」脱いだ下着を履きながら、全裸姿で走る自分を想像していく。
「いや、オッパイと性器を、誰かに見られてしまう…。必ず誰かに…」

マラソンを捨てて、今度は忠夫とのセックスを想像していく。
「いや。あんな、オチンチンが入るなんて、いや。痛くて我慢できない!」
麗華は、全裸を晒す姿と、忠夫とセックスする姿を繰り返し想像していく。
そして、昼近くになったが、なかなか決心が付かず、宿舎に戻っても、結論がでない。
「セックスすれば、バージンを失ってしまうけど、素っ裸なら、バージンが守れるかも知れない…」
迷ったあげく、麗華は窓に、真っ赤なパンティとブラジャーをぶら下げた。

真っ赤な下着は目立っており「父ちゃん、明日は早起きだね」下着を見ながら、島民が話し合っている。
「そうだよ、早起きだよ。カメラあったよな?」
「見るだけで充分でしょう、これからは、いくらでも見れるんだから。それより、見たら、私にもしてよ、しばらく、ご無沙汰なんだから」
「わかってる。カメラは、どこなんだ?」こんな会話が小さな島で囁かれていた。

当然に、寄宿舎に戻った舞子にも見え「麗香さんもなの!」真っ赤なパンティとブラジャーに、体が震えている。

翌日、麗華は早起きをし、4時半だというのに起きている。
「素っ裸と、言ってたわね」麗華は、着ているパジャマを脱いだ。
「これも脱がないと…」パンティも脱ぐと、真っ黒な絨毛に覆われた股間が露になった。
その後、ブラジャーのホックを外し、大きな乳房が揺れて、カップから飛び出した。

「セックスよりはましよ。フルヌードを見られるかも知れないけど、7回走ればいいだけだし…」
麗華は時計を見ながらドアを開けて部屋を出ると、その様子を舞子が見ていた。
(麗香さんも私と同じ事をされるのね)生まれたままの姿で歩く姿に同情していた。
部屋を出ると、玄関で運動靴を履いていく。
「もうすぐだわ。後1分ね」時計を見ている。
「よし、行かないと!」そっとドアを開けて、生まれたままの姿で通りにでた。

「せ、先生!」全裸の姿で走っている麗華に、島民が驚いて声をあげたが「見ないで、お願いですから!」乳房を揺らせながら、通り過ぎていく。
(どうして、こんな時間に起きているのよ!)真っ赤な顔をして、走っていくと「来た、素っ裸だ!」麗華を待っていたかのように、島民の男性が通りに並んでいた。
「イヤー、見ないで!」(隠せないんだ…。オッパイと性器は…)麗華は、豊満な乳房を揺らせ、股間の絨毛を晒しながら走っていく。

島民の男性達は、カメラで麗華のヌードを撮っていく。
「いや、いやー。撮らないで、写真はいやです!」声をあげて、泣きな叫ぶが、容赦はしない。
(フルヌードを撮られてしまった…)泣きながら、忠夫が指示した通りに、走っていく。
「見ないで。お願いよー!」叫びながら、全裸で走る麗華を見逃すまいと、行く先々にカメラを持った、島民が待ち受けていた。
(こんな事なら、セックスをするんだった!)後悔しながら、走っていく麗華だ。

麗華を見ているのは、男性だけではなかった。
「麗香さん。素っ裸の感想はどうなの?」ルミと陽子も、待ちかまえていた。
「せめてもの、お情けです…。写真だけは撮らないで下さい…」泣きながら叫ぶと「撮らないわよ。これからはいつでも、裸は見れるから」薄笑いを浮かべる、ルミと陽子だ。

麗華が、ルミと陽子の前を走り過ぎると、忠夫達不良仲間が待ちかまえていた。
「オッパイがいいね。オ○ンコやらせてくれよ」卑猥な言葉を麗華に投げつけていく。
(言わないで、オ○ンコなんて!)大粒の涙を流しながら走り去った。
休むと、その分、ヌードが多く撮られる恐れがあったから、麗華は休まず走っていく。。
「ハア、ハア!」息を荒立てながら、走っていた。

走り出してから、1時間ほど経った。
「もうすぐだ…。見えてきた…」麗華の目に、宿舎が見えてきた。
それと同時に、噂で島民が大勢待ちかまえている。
「いや、いやー。見ないで~!」声をあげ、顔を背けて乳房を揺らせ、股間の絨毛を晒しながら、大勢の島民の前を走っていく。

そして、居並ぶ島民に、全裸を見られながら宿舎の中に入った。
「麗香さん!」玄関で、舞子に出会うなり大きな声で泣き出す麗華だ。
その声に、恵子も走って「麗香さんも素っ裸に!」絶句して、後の声がでなかった。
「とにかく、お風呂に入ろうね」先輩の舞子は、泣きじゃくる舞子を抱きかかえて、浴室に連れていく。
「辛かったでしょう。素っ裸を晒すなんて…」
「死にたい。死んでしまいたい。こんな思いをするなら、死んだ方がいい…」
「だめよ。死んでも何にもならないわよ。それより、生きることを考えなさい。どんな、恥ずかしいことをされても、生きるのよ」

舞子は、自分の考えを言いながら、麗華の体を洗っていく。
浴槽で体を洗っていると、やっと、落ち着きが戻ってきた。
「見られたわ。フルヌードを…」呆然と天井を見つめて「今更戻れないし、見られた以上、仕方ない…」割り切る麗華だ。
浴室で、汗を洗い終えると、生まれたままの姿で自分の部屋に戻り「これからどうすればいいのかしら?」不安に思いながら、パンティ、ブラジャーと着けてツーピースを着込んでいく。

「麗香さん、ご飯よ!」恵子は気遣って、全裸になった訳など聞こうとはしなかった。
同様に舞子も訳を聞かなかった。
「いただきます!」2人は、何もなかったように朝食を食べていく。

「麗香さん。生徒さんの名前覚えた?」
「ええ、覚えました。3人しかいないから、直ぐに覚えました」
「そうね、3人しかいないもんね。でも、来年は10人が入ってくるのよ」
「そんなに多く、入学するんですか?」
「ええ、住民が増えているんですって。村長さんが言っていた」舞子はわざと話題を反らせた。

朝食を済ますと「麗香さん、一緒に行こうか!」2人は宿舎から小学校へと歩いていく。
2人が歩く後ろから「新任の先生よ。オッパイが大きくて羨ましいわ」「腰のくびれ見ました。綺麗な体でしたよ。それに、ヘアの生え具合はヌードモデルも形無しよ」島民が話している
(いや、そんなこと言わないでよ!)麗華は、自然と涙がにじんでいく。

「行きましょう!」麗華を気遣い、舞子が早足になると、それに麗華も続いていく。
「先生、明日もお願いしますよ。素っ裸のマラソンを!」通りかかった島民が声を掛けた。
「いや、もういや!」堪えきれず、遂に泣き出した。
「う、う、うー!」大粒の涙を流しながら、小学校の校門をくぐっていくが「泣いちゃだめ。あれくらいで泣いて、どうするのよ」励ます舞子だ。

そして、翌朝も麗華は衣服を脱いでいく。
「ヌードを見られるのは仕方ないけど、カメラで撮られるのはいやだわ」呟きながら、生まれたままの姿になっていく。
「もうすぐ5時ね。行くしかないわ」麗華は部屋を出て、玄関に向かっていくと「麗香さん!」恵子が声をあげた。
「マラソンしてきます。フルヌードですが…」呟くように言うと「行ってらっしゃい」恵子も力無く返した。

ドアを開けて、外に出ると島民が待っていた。
「今日も素っ裸だ。いい眺めだな」
「オッパイがいいよ、でかいし!」
「オ○ンコはどうなってるのかな?」麗華のヌード姿に、批評があがっている。
(そんなことは、言わないで!)乳房を揺らせて走り出した。
(カメラで、また撮られていく…)やはり、島民はカメラ持参で、乳房と股間の絨毛を晒す姿を、逃すまいと撮っていく。
「撮らないで~。見るだけにして~」叫びながら走っていく。

(もういやよ。ヌードで走るなんて、いや。セックスした方がましよ。悔しいけど…)
走りながら、全裸で走る姿を撮られるのに、麗華は耐えられなかった。
「ハア、ハア!」息を弾ませ、やっと宿舎に戻って来ると「お帰りなさい」舞子と恵子が出迎えたが、顔が曇っている。
麗華は黙って、浴室で汗を流し「これ以上、ヌードを撮られたくないから、セックスするしかないわ。でも、痛いだろうな…」淫裂を撫でている。

麗華は、浴室で体を洗い終えると、衣服を着込み、真っ赤なパンティとブラジャーに変えて、真っ黒なパンティとブラジャーを窓から吊した。
「痛いけど、裸を見られるより増しだし…」甘い考えだったが、それが、最善と麗華は考えた。

「見ろよ、新任の先生、遂に決心したぞ」
「そう見たいね、これで、島の住民が増えるわね」真っ黒なパンティとブラジャーを見ながら、島民が話し合っている。
「でも、相手は誰かしら?」
「順番から言えば、役場の中井かな…」
「孝史さんか、お似合いだわ。孝史さんとなら」
「俺も、あのオッパイに抱かれたかったよ」
「私のオッパイじゃ、ダメなの?」島民達が、真っ黒なパンティとブラジャーを見上げて、話し合っていた。

 
 
 



 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA