こしあん 第6話

【第6話】

惠は膝をぶるぶると震わせている。
石清水は通常のクンニと違って、自重が腰に掛かり、さらには手の支えがないところから、感極まった時に逃れることが困難になってしまう特徴がある。
そのため、男性の舌と唇の猛攻をダイレクトに浴び、早々にアクメに達する場合が多い。
恵も類に漏れず、激しく身悶えしていた。
内股の筋肉がヒクヒクと痙攣している。

(ピチャピチャピチャ・・・ジュポジュポジュポ・・・)

「あぁぁぁ~~~・・・ええわ~~~・・・腰がぁ~・・・あぁ、腰が抜けそうや~~~・・・」

(ジュポジュポジュポ・・・ペチョペチョペチョ・・・)

「腰がぁ~・・・あぁん・・・こしぃ・・・あぁん・・・抜けそう~~~・・・ひぃ~~~・・・!」

俊介は一瞬口を離して恵に語りかけた。

「こしあん?」
「へぇ?・・・・・・こしあん?こしあんがどないしたん?」
「だって惠、先程からこしあん、こしあんって叫んでたじゃないの。」
「もう~、違うやん~・・・腰がすごくええから腰が抜けそうになったんやぁ・・・ん?あ、そうか。あはは~『腰あぁん』言うたんが『こしあん』に聞こえたんやね?あはは~、あぁおかしいわ~。もう俊介言うたら、せっかくええとこやのに気合抜けるやんかぁ~・・・」
「ごめんごめん!じゃあ、惠・・・」

俊介はこの後、あえて言葉を続けなかった。
その後を語らなくても、惠は言葉の余韻だけで俊介の意思を感じ取っていた。
惠は俊介の顔の辺りから胸の辺りまで後ずさりした。
さらに、胸の辺りにとどまらず、腹部までゆっくりと下がって行った。
尾てい骨に俊介の怒張したものが触れた。

(わぁ~、カチカチにかたなって<硬くなって>るやん・・・)

惠はそっと触れてみた。
そして握った。

「惠・・・」

数回擦った後、惠は怒張したものを真下に、ゆっくりと腰を沈めた。
怒張したものが亀裂に触れた。
亀裂は石清水のせいで、ぐっしょりと濡れている。

(ズニュ)

次の瞬間、亀頭部分が秘裂を割り広げた。

「ああっ・・・」

惠は思わず喉の奥から切ない声を漏らせた。
ぐぐっと腰を沈めると、太い幹が食込んでいった。

「はぁ~・・・」

どちらからともなく腰が動き始めた。

(ヌッチョヌッチョヌッチョ、ヌッチョヌッチョヌッチョ)

「しゅんすけぇ~・・・すごぅええわ~・・・」
「惠・・・」
「俊介とひとつになってるんやぁ・・・」
「そうだよ、惠・・・」

(ヌッチョヌッチョヌッチョ、ヌッチョヌッチョヌッチョ)

ふたりが言葉を閉ざすと部屋は静まり返り、ふたりの間から粘着音が聞こえて来た。
それはとても卑猥だが、卑猥さゆえにふたりの気分を高める媚薬となっていった。

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA