こしあん 第5話

【第5話】

俊介は惠の膝に手を添えた。
足がゆっくりと割り開かれていく。

「さあて、惠のお○んこをじっくりと観察しようかな?」
「いやぁん・・・そんな恥ずかしいこと言うたらあかん・・・」

俊介は惠の恥毛を撫でながらポツリとつぶやいた。

「うわぁ、ものすごく濡れているじゃないか。エッチする前なのにもうボトボトじゃないの。」
「あかん・・・そんな恥ずかしいこと言うたら・・・」
「ねえ、惠の湧き水を飲みたくなってきたよ。」
「湧き水?私の?いやぁん、そんなぁ・・・」
「この前ネットで『藍と観音の美学』というサイトを見てたら、色々な体位が掲載されててね。」
「うん・・・」
「その中に『石清水(いわしみず)』と言うのがあったんだけど、一度、惠とやってみたくて。」
「ええ?どんな体位なんやろ・・・?」
「うん、僕が仰向けに寝転んで、惠は僕の顔の上に騎乗位でまたがるだけだよ。後は僕が惠の割れ目をチュウチュウ吸うだけ・・・。」

惠は俊介の語る体位を思わず想像してしまった。

「いやぁ~ん!そんな恥ずかしいこと、うち、でけへん!」
「恥ずかしがることないよ。クンニの一種なんだから。」
「せやけど、うちが俊介の顔にまたがるんやろ?そんなことやっぱりでけへんわ。」
「出来るって。すごく気持ちいいらしいよ。」
「ん?そんなに気持ちええのん?」
「羞恥心がメラメラと煽られてめちゃ感じるらしい。」
「そうなん?ほな、いっぺんやってみよかなあ?」

最初は『石清水』を拒んでいた惠であったが、好奇心も手伝って、俊介からのエッチな提案を受け容れることになった。

早速、俊介はベッドの中央で仰向けに寝転んだ。
惠は恐る恐る俊介の首筋辺りにまたがった。

「惠、もっとこっちに近づいて。」
「そんなん言うてもぉ・・・」

惠は躊躇してなかなか俊介の顔の真上には乗れない。
痺れを切らした俊介は、惠の腰の後ろに手を添えてグイグイとたぐり寄せた。
惠の繁みが俊介の口元に近づいた。

「いやぁん・・・」
「そんな立膝にしないで腰をもっと下ろして。」

俊介の注文が飛ぶ。
惠はゆっくりと腰を下ろした。
陰唇がぴちゃりと俊介の唇に密着した。

「いやぁ~・・・」

(ペロリ)

俊介が舌を出し、唇にくっついた陰唇を舐めた。
惠は腰をびくつかせ即座に反応する。

(ペロペロペロ・・・)

「はぁ~ん・・・」

惠が鼻から抜けるような声を出した。

(ペチョペチョペチョ・・・)

舌先は亀裂をこそぐように器用に蠢く。
じっとしていられなくなった惠は敏感に反応し腰をねじる。

「あっ・・・あっ・・・ああっ・・・しゅ、しゅんすけぇ~・・・すごい!あぁぁぁぁ~・・・いやぁ~~~・・・」

(ベチョベチョベチョ、ベチョベチョベチョ・・・)

惠の亀裂からは甘い蜜が止めどなく溢れてきた。
その様子はまるで岩の狭間から溢れる清き水のようで、俊介は体位の命名の由来を身をもって知る結果となった。
俊介は口に流れ込んだ蜜をゴクリと飲み干し、すぐさま愛撫を再開した。
惠は真っ直ぐ座っていられなくなって、身体を前後左右に傾け、激しく喘いだ。

「あぁぁ~・・・すごい~~~・・・しゅ、俊介ぇ、すごぅええわぁ~~~・・・」

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA