淫らな離島 診療所

【第3話】

村役場から歩いていくと「御嵩島診療所」と書かれた看板が麗華の目に留まった。
「ここね」麗華がドアを押すと「どこか、具合が悪いのですか?」白衣を着た看護婦が声を掛けてくる。
「いいえ、健康診断をお願いしたくて」
「健康診断ですか…。ああ、新しい先生ね。待って下さい」看護婦は一旦奥に入って、戻るなり「すぐに始めるそうですよ」麗華を診察室に案内していく。

診察室に入ると「あなたが、新しい先生なのね」女医は麗華を見つめていく。
「あら、綺麗な顔をしてるわ。先生なんてもったいない。モデルが似合うわ、ヌードのモデルなんか最適よ」
「バカにしないで下さい、私は教師です!」
「冗談よ。でも、怒った顔も素敵ね、好みよ」女医は麗華の髪の毛を撫でだした。
「先生、それよりも健康診断でしょう?」2人の雰囲気に、看護婦が言葉を掛ける。

「そうよね、健康診断が目的よね」女医は聴診器を手に取り「上を脱いで!」と言う。
「脱ぐんですか。ここで?」
「当然でしょう。この用紙には梅毒検査もあるから、素っ裸よ!」
「できません。素っ裸なんていやです!」(何でフルヌードよ!)麗華の顔が曇ってしまった。

「バカね、ここでは女同士よ。裸を見せたって平気でしょう?」
「でも、恥ずかしいです。性器を見られるなんて…」怯えて体が震えている。
「あんた、健康診断を嫌がるなんて、それでも教師なの。だったら帰りなさい、今すぐに!」」看護婦が怒鳴った。
「受けます、健康診断を…。服を脱げばいいんでしょう…」麗華は上着のボタンを外しだした。
(でも、どうして梅毒検査なんか、しなければいけないのよ)不満に思いながら、上着を脱いだ。

「あら、素敵ね。可愛いわよ!」女医は、ブラウスから透けて見える麗華の乳房を撫でていく。
「触らないで。恥ずかしいから!」顔を背ける麗華だが「ホントだわ、乳首が固く膨らんでいく!」看護婦もブラウスを下から盛り上げる乳首を摘んだ。
「やめて下さい、そんな恥ずかしいことは!」麗華は乳首を掴む、看護婦の手を押さえた。
「それより脱がないと診断できないわ」女医は尻に手を伸ばした。
「わかってます…」看護婦に乳首を掴まれたまま、ブラウスのボタンを外していく。

「下は、私がして上げる!」尻を撫でていた女医が、スカートのホックを外した。
「自分でします!」麗華が慌ててスカートを押さえると、胸を隠していた手が無くなり、無防備になって、ボタンの外されたブラウスは、胸元が開いて乳房の膨らみが見えている。
「綺麗なオッパイね。触らせて!」看護婦がブラウスから覗く乳房を掴んだ。

「やめて、そんなこと!」麗華は、慌ててスカートを押さえていた手で、看護婦の手を押さえると、(今だわ…)スカートのファスナーが下げられた。
「いや~!」スカートが足元に落ちてパンティが覗く。
「あら、白なの。色気ないわよ、私は黒のレースなのに…」
「見ないでよ。人が何色を履こうが、勝手でしょう!」パンティの股間を押さえている部分が、うっすらと黒みを帯びていた。

「これも、いらないわよね」女医は麗華のパンティを掴み下げていく。
「いや、自分で脱ぐからやめて!」声をあげながら、太股まで下がったゴムの部分を掴んだ。
「あら、イヤなの。だったらオッパイを出そうね」看護婦がブラウスを脱がせていく。
「やめて、お願いですから!」パンティを掴んでいるので、ブラウスは肩から脱がされ、上半身が丸見えになってしまった。

「いい形ね。ヌードモデルでもやっていけるわよ」パンティを掴んだ女医は、下から乳房を見上げている。
「先生、早く素っ裸にしましょうよ!」
「わかってるけど、抵抗されて無理なの。ルミさん」
「切ってしまいましょうよ。メスで!」
「いい考えね。やりましょう」女医は力ずくで脱がすのをやめて、メスを取りに行く。

女医がいない間「いや、こんないやよ!」手首に絡まったブラウスが、看護婦のルミによって、脱がされてしまった。
(パンティだけにされたわ…。こんなのイヤよ…)乳房を揺らせて「自分で脱ぎますから、手を放して下さい…」
「そうはいかないわよ。散々焦らせたんだから!」女医がメスを持って現れた。
「いや、そんなのいやです!」麗華はパンティ1枚の姿になって、診察室の隅に後ずさりしていくと、ルミがパンティのゴムを掴んで下げた。

「こんな乱暴なやり方、許される訳ないわよ!」麗華も必死で、落ちないようにパンティを押さえていると「先生、早く。今です!」
「わかってるわよ、ルミさん」女医も加わって、パンティを掴んだ。
「やめて、脱ぐからやめて!」叫んだが、女医の持ったメスが、腰のゴムを切った。
すると、パンティは一瞬にして、布きれとなってしまった。
「酷いわ。こんなやり方、いやよ!」太股に布を巻き付けた麗華は、両手で股間を押さえながら、泣きだした。

「仕方ないわよ、脱ぐのを嫌がったんだから」太股にまとわりついたゴムも切られ、麗華は生まれたままの姿にされてしまった。
「ほら、あなたのパンティよ」女医はわざと広げて見せた。
「パンティの、2枚おろしって、とこね。先生!」
「そうね、新任の先生が履いていた『パンティの開き』よね」わざと麗華に見せている。
「酷いわ、こんな乱暴なやり方なんて…」乳房を揺らせ、嗚咽を上げている麗華だ。

「それより健康診断よ。ここに座って!」
(そうだわ、健康診断を受けないと…)両手で、しっかり股間を押さえ、丸イスに座った。
「手を退けて。聴診器が当てられないわよ」確かに女医の言う通りで、腕が胸を隠している。
「わかりました…」恥ずかしそうに、両手を股間から退けると(見られている…。股間のヘアを…)体が震えている。

「大きく、息を吸って!」麗華が息を吸うと、胸が膨らみ、お腹がへこんでいく。
「はい、吐いて!」今度は反対になり、それを数回繰り返した。
「気管は正常ね」聴診器を耳から外して、用紙に記入していく。

「田中麗香さんか。私は畑中陽子よ、よろしくね」
「こちらこそ…」恥ずかしそうに、股間を押さえたまま、返事をしていく。
「オッパイを検査するからね」陽子は手のひらで、麗華の乳房を撫でだした。
(見られている…。恥ずかしい姿を…)側でルミが見ているのが気になり、顔が赤くなっている。
「ほら、手を退けてオッパイを出さないと!」陽子の言葉に震える腕を退けた。

「そうよ、そうしないとね」陽子は乳房を撫でていく。
(恥ずかしいわ、オッパイを触られるなんて!)麗華は顔を背けて目を閉じていると、突然「あっ!」(オッパイが揉まれている!)目を閉じた麗華は声をあげてしまった。
陽子は、両手で麗華の豊満な乳房を揉みだしたのだ。

(先生、ずるいわ。私もしたいのよ)ルミが、じれったそうに陽子の胸を撫でていく。
「ルミさん。ベッドの準備をして!」
(膣をやらせて上げるから、いいでしょう?)
「ハイ、先生!」(それならいいわ。私も先生にオッパイを揉まれたわ)ルミと陽子は頷き合った。

「先生、準備できました」
「麗香さん、オッパイには、しこりもないわね。今度は心電図と性病検査よ」その言葉に体が震えている。
(性器を見られてしまう!)怯える麗華だが「麗香さん、ここに仰向けになって!」その言葉に従い、ベッドに仰向けになった。
「これから、性病検査からします」ルミは、麗華の太股をベルトで固定すると、ハンドルを回していく。
「いやよ。こんな事しなくても、できるでしょう?」嫌がるが、太股を開脚され、淫裂をルミが眺めている。

「見えないわよ。ほら、手を退けないと!」
「でも、性器の奥まで、見られしまいます…」叫びながら、両手で股間を隠そうとしている。
「邪魔よ、この手!」
「やめて、そんなことやめて!」ルミは麗華の両腕もベルトで固定した。

「麗香さん、性病の検査をしましょうね」
「やめて、そんなことやめて!」自由が効かない麗華は、もうどうすることもできない。
それをいいことに、ルミは麗華の絨毛をかき分け淫裂を撫でていく。
「いや、そんなのいや~!」しかし、容赦なく指が淫裂を開いた。
(性器の中を、見られてしまった…)嗚咽を上げ続ける麗華だ。
「ここにも、しましょうね」陽子も加わり麗華の乳首を吸いだし(レイプよ、女性によるレイプだ!)麗華は唇を噛んで、耐えるしかなかった。
 

「先生、麗香さんバージンですよ。見て!」ルミが叫んで言う。
「まさか、この時代にバージンなんて!」陽子は信じられないと言った顔で、麗華の淫裂を広げて覗いた。
「あら、膜があるわ。あなた、本当にセックスしたことがないのね」
「勿論です。教師ですよ、バカにしないで下さい…」泣きながら答えた。
「だったら、早速検査よ」ルミは膣の中に採取棒を入れていく。
「ヒー!」腰を浮かせて耐えていると「採ったわよ、結果はすぐに分かるから」淫裂から採った体液に、薬品を加えていく。

「今度は採尿よ。おシッコを出すの」開脚した股間に、容器が押し当てられた。
「ここじゃいやです。トイレでさせて。お願いですから」
「そうはいかないのよ。出さないならこうよ!」陽子は、カルテを挟む強力なクリップをちらつかせ「イヤ、イヤです。やめて下さい!」両乳首にクリップが取り付けられた。
「うー!」悲鳴をあげようとしたが、声にならない。
(息が詰まる!)目をパチパチしていた。

「出す気になった?」陽子の言葉に、上下に首を動かしていく。
「はい、おシッコよ。出したら外すから」その言葉を信じて、股間に力を入れた。
「バリ、バリ!」勢いよく容器の中に尿が溜まっていく。
「ほら、いっぱい出ているわ」やがて、勢いもなくなり尿も止まった。
「乳首から取って下さい…」痛さに我慢できず、麗華が叫ぶと「今度は採便よ。それが終わったら、外して上げる」

「お願い、凄く痛いんです。取って下さい…」顔が汗でビッショリ濡れている。
「だから、採便してからと言ったでしょう!」
「ヒー!」麗華のお尻に、プラスチック製の採便器が押し込まれていく。
「いや、入れないで、それ以上、入れないで!」太股がブルブル震えている。
「可哀想だけど、すぐに終わるから我慢して」その間、クリトリスの包皮を捲って、指で撫でている陽子だ。
(酷いわ。これは健康診断じゃないわ、虐待よ!)腰が自然に浮いていく。

「はい、終わったわよ」採便器が抜かれ「はあ、はあ!」荒い呼吸をしていると「約束は守るわ、外して上げるね」乳首のクリップが外されたが、乳首が変形している。
ベルトも外されて、やっと自由になったが「下着がないわね。これじゃ、履けないし」裂かれたパンティをゴミ箱に棄てた。
「ひどいわ、私のパンティを破り捨てるなんて!」麗華は両手で股間を押さえたままだ。

「いいのが、あるわよ。ほら先生!」
「そうだったわ。いつか、もらった下着があったわね。ルミさん」
「持ってきます!」ルミは診察室から一旦でてから、戻ってきた。
「これよ、着てみて」麗華に差し出すが「こんなのイヤ。絶対に着ないわ、バカにしないで!」

その言葉に陽子が切れた。
「ピシー!」陽子の手のひらが麗華の頬を捕らえ「ぶりっこぶって。イヤなら、素っ裸で放り出すわよ!」強い口調の陽子だ。
それには「着ます…」打たれた痛さで、泣きながら渡された下着を広げていく。
(これじゃ、何の役目もしない…)足を通してから、腕を通すタイツみたいな下着だ。
足を通し、腕を通すと「いやらしいわ。前が丸出しよ、オッパイとオ○ンコが丸見えね」
「そうよね、先生、これを着たら男が寄ってくるわ」麗華が着ている下着は、胸から股間まで前側がくり抜かれていた。

(ヌードよ、これじゃヌードと同じよ)項垂れる麗華は、脱がされたブラウスを手に取った。
「これはいらないわ。直に着なさい!」ルミが手に持つブラウスを取り上げた。
「そんな。お願い、返して下さい!」
「だめと言ったでしょう。イヤなら素っ裸になる?」
「わかりました」(もう逆らえない…)渋々スカートと上着を素肌の上に直に着た。
「ほら、これならわからないわよ」黒い下着が首もとを隠している。

「先生、麗香さんはお似合いよ。楽しみね」
「そうね。楽しみね」ルミと陽子は笑顔で見合っているが(勝手なこと言わないでよ!)着終えた麗華は診療所から出て、逃げるように学校に向かって歩いた。
しかし、学校には誰もいない。
「舞子さんがいないわ、どこかしら?」麗華は静か校舎の中を歩いていく。

すると「よ、捜し物かい?」不良の忠夫と健次が現れた。
「あなた達、学校に何の用なのよ、行きなさい!」強い口調で言うと「嫌うなよ。今日はせっかく写真をと撮ってやろうと思って来たのに」カメラをちらつかせる。
「帰らないなら、大きな声を出すわよ」麗華は恐怖を感じて後ずさりしていく。

「どこへ行くんだ?」逃げようとする出入り口から、仲間がまた現れ、麗華は体を震わせ、うずくまってしまった。
「どうしたんだ、先生よ。怖がったりして」
「イヤー。触らないで!」麗華の叫ぶ声がむなしく校舎に響いていく。
「せっかくだから、一緒に撮ろうよ。お互いのヌード写真を!」
「イヤ、イヤよ。帰って!」叫ぶが無駄で「イヤー、放してー!」麗華は忠夫達に押さえられてしまった。

 



 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA