こしあん 第4話

【第4話】

俊介は再び惠の唇を奪った。
それでも恥丘を撫でる指の動きが緩慢になることはない。
ふたつの舌が躍動感を見せる。
まるで軟体動物が乱舞するかのように。
不意に惠が手を伸ばし、俊介の股間をまさぐった。
バスタオルの向こうには既に隆々と怒張した俊介の分身があった。

「わぁ・・・もうこんなになってるやん・・・」
「ふふ、惠のせいだよ。」

恥丘を触れていた俊介の指は一気に下降し、惠の内股に到達した。
惠としては何やら肩透かしを食らった感があったが、それはいつもの俊介の癖だと意に介さなかった。
十代の少年のように性急に女の恥部を攻めたりはしない。
じっくりと焦らして来るのだ。
焦らされることにより、果実は一段と熟成し、たわわに実る。

指は膝の裏から太股の付け根へ、半円を描きながら何度も膝から太股の付け根へと往復した。
大きな手は一見不器用そうに見えるが、動きは実に滑らかであった。

「あぁぁ~・・・」

巧みな愛撫に惠は次第に欲情していった。

「あぁん・・・そこ・・・そこ感じるぅ・・・」
「ここ感じるの?」
「うんっ・・・あぁっ・・・もう焦らさんと早よう・・・」
「ふふふ、惠はせっかちだなあ」
「あぁん、早よう・・・」

俊介はおもむろにTバックに指を這わせた。

「あぁ・・・」

俊介はTバックの上から陰毛の辺りを柔らかく包み込むようにして手のひらを乗せ、決して最も敏感な部分には触れないようにして、パンティラインに沿って指を這わせた。

「あぁぁっ・・・」

しばらくそんな動作を繰り返しているうちに、惠が堪らなくなってきたのか、腰が自然に動き出し足を交差し始めた。
次の瞬間、俊介は指をTバックの中に滑り込ませて、亀裂に沿って這わせた。
亀裂は既に潤沢な潤いを見せている。
亀裂をゆっくりとなぞっていくうちに、さらに秘境の奥地から愛液が溢れ出て、ヌルヌルとした液体で亀裂が満たされてしまった。
俊介は人差し指と中指に愛液をしっかりと絡みつかせて、亀裂全体を上下に撫でさすり、そしてクリトリスの包皮をそっと剥きあげた。
その動作は実にやさしく緩やかで、まるでガラス細工を扱うかのようであった。
剥きあげたクリトリスを指で軽く押したり、くるくると円を描いたりしているうちに、惠が激しく悶え始めた。

「あぁ~・・・あぁっ・・・か、感じる・・・あぁっ、もうあかん・・・我慢でけへん・・・早よう・・・早よう~・・・なぁ、俊介ぇ~・・・」

「早く何が欲しいの?」
「そんな意地悪なこと言わんとぉ~・・・」
「だって言わないと分からないもの」
「俊介のぉ・・・あぁん、そんなん恥ずかしいこと言われへん!・・・」
「言わないとあげないものね~。」
「意地悪ぅ・・・俊介の意地悪ぅ~・・・言うさかいに~言うさかいに~・・・」
「じゃあ言って。」
「俊介のおちんちん欲しい・・・」
「よ~く言えました~」

俊介は惠のTバックを膝の辺りまで引き下ろした。
完全には脱がされなくて、膝の辺りでぶらぶらしている。

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA