淫らな離島 辱めの始まり

【第2話】

(帰った方がいいようね…)麗華は、これ以上見る気になれず、体育>館から気づかれないように、校門へと歩き出した。
「何なのよ、ここの島は…」呟きながら、来た道を戻り宿舎に戻ると「先生、荷物が届いてますよ」宿舎に入るなり恵子が声を掛けてきた。
「すみませんね」麗華は部屋に運ばれた荷物を整理していくと「麗華先生、柏木先生がお見えですよ」また恵子が声を掛ける。

「今、行きます!」麗華は、恵子がいるリビングに向かうと(あ、さっきの女性だ!)恵子と話している女性を見た麗華は、思わず声をあげそうだった。
「こちらが、柏木舞子先生ですよ」恵子が女性を紹介すると「始めまして。今度赴任して参りました、田中麗華と申します」「こちらこそ、よろしくお願いします。柏木舞子です」舞子と麗華は挨拶をしていく。

やがて、話しに華が咲いた頃に「恵子さん、今夜は遅くなるわ。出かけないといけないの…」今にも、泣きそうな声で舞子が恵子に言う。
「わかりました。鍵は掛けておきませんからね…」その言葉に、俯いたまま返事をする恵子だ。
(今夜は、何があるの?)不思議に思う麗華だ。

そして、夜になった。
麗華は息を忍ばせて、鍵穴から舞子の部屋を見守っていると「ギー!」舞子の部屋の方から音がして(そ、そんな馬鹿な!)麗華は叫ぶ寸前だ。
ドアを開けて出てきた舞子だが、一糸まとわぬ全裸だった。

舞子は、今にも泣き出しそうな顔をしながら部屋から出て、玄関に向かって行く。
(どこへ行くのよ。素っ裸で…)同僚の全裸に、驚く麗華は後を追う事にした。
何も知らない舞子は靴を履くと宿舎から出て歩いていく。
豊満な乳房を揺らせ、尻も左右に揺らせている。

(恥ずかしくないのかしら?)時折、股間の淫裂を晒す、舞子の後を付けている。
舞子は生まれたままの姿で、通りに向かって歩いていく。
乳房と股間を、惜しげもなく晒してして歩いていると(誰かいる!)麗華は隠れた。
それと同時にフラッシュが焚かれる。
(ヌードを、撮られている!)体を震わせながら、舞子を見つめていた。

舞子は泣きそうな顔をしながら、乳房と股間を隠そうとはせず、なおも歩いていく。
そして、舞子の全裸姿に、照明が当てられた。
赤、青、黄色などカクテルライトで舞子が浮かび上がっている。

舞子は、道路に用意されていたステージに登ると、踊りだした。
動き回る舞子を、照明が逃すまいと追いかけている。
舞子の目からは、涙が光っているが、ステージの下では、カメラを持った島民がフラッシュを焚いて、カメラに収めていく。

それに、音楽も流れてきた。
麗華にも聞き覚えのある曲で(これって、体育館で流れていた曲だ…)麗華が案じた通りで、舞子は忠夫達から言われた事をしている。
カクテルライトが、足を開いた舞子の股間を照らして「御開帳だ、オ○ンコの御開帳だ!」フラッシュが一斉に焚かれていく。

それでも、泣き顔の舞子は昼間にしたように体を動かし、乳房を激しく揺らせている。
舞子は開脚して、ブリッジをして淫裂を晒した。
そのの淫裂を、逃すまいとフラッシュが次々と焚かれていく。
(ヌードモデルよ。これって!)離島の一番の通りで、女教師が一糸まとわぬ姿で、踊る姿が浮かび上がっている。
そのライトに、目から頬まで伝わる涙が、きらりと光っていた。

音楽が鳴りやんだ。
舞子は、両手で股間を押さえながら座ったが、体から汗が流れている。
「今度は本番だ。いいな!」
「許して。セックスはもうイヤです!」叫ぶ声が、むなしく響いていく。

「今夜は俺だ。いいだろう?」ステージに上がったのは、初老の男性だ。
それに呼応して、下から声がする。
「ええ、村長さんの番ですから。頑張って下さいよ!」その言葉を聞いて、初老の男性も、生まれたままの姿になっていく。
「お許し下さい。口でしますから…」
「そうはいかないよ。こんなに膨らんでいるんだから」村長と呼ばれた男は、舞子の背後から抱きついた。
「ヒー!」舞子の悲鳴が上がり、それと同時にフラッシュが一斉に瞬いでいく。
(オチンチンが、性器に入っている!)信じられない光景に驚く麗華だ。

舞子は乳房も掴まれながら、淫裂深く肉竿のピストンを受けている。
「許して~。許して~!」叫ぶ舞子の声が、ステージに響いて行くが、取り囲んだ大人達は笑顔で見ていた。
それを影から見ていた麗華は(酷いわ。こんな事、許されない…)黙って、辱められている舞子を見つめていた。

「いやー!」突然、舞子が叫んだが、淫裂からは液体が垂れている。
「村長、お出しになりましたね。薬を使ってますから、ご安心なさって!」
(女性の声だわ。女性もいる!)麗華は耳を疑った。
「女医の、陽子が言うなら間違いないな。安心して出したよ」カクテルライトに照らされた淫裂から肉竿を抜くと、精液がどっと流れていく。
それを、逃すまいと、またフラッシュが瞬いていく。
「撮らないで。せめてもの、お情けを…」泣き叫ぶ舞子の声が、むなしくステージに響いていた。

(もう、帰った方がいい。こんなの、見たくもない…)麗華はそっと、宿舎に戻ると(恵子さんに、見られなかったかしら?)玄関から、爪先を立てて、忍び足で自分の部屋に戻っていく。
(見られなかったみたいだ…)自分の部屋のドアを開けて中に入り、ホッとしている。
「でも、どうして舞子さんが、素っ裸で人前で踊っていたのかしら?」疑問が残っていたのか、布団の中に潜っても、考えを巡らせていた。

布団の中で、ウトウトしていると(舞子さんだわ!)廊下を歩く音がする。
麗華は気になって、そっとドアを押して、隙間から覗くと(膣から、精液が垂れている!)舞子は、麗華が帰った後も、男達から射精された。
「う、う、う!」嗚咽を上げながら、ドアを開けて中に入っていく。
「大勢に犯されたのね。しかも、人前で…」麗華はその夜、なかなか眠れなかった。

翌朝、麗華がダイニングに行くと「おはよう!」舞子は、昨日の事など忘れたかのように、笑顔で声を掛けてきた。
「おはようございます」それに合わせて返事する。
(昨日の事は、何とも思ってないのかしら?)気になるのか、舞子をまともに見る気にはなれない。
「麗華さん、役場へ行って挨拶しておいたほうがいいわよ。学校へは、それからでもいいわ。まだ春休みだし」それでも、舞子はアドバイスを忘れない。

「そうよね、挨拶をしておかないとね」舞子の提案に従うことにした。
麗華は恵子が調理した朝食を食べ、村役場に出向くと「田中先生じゃありませんか?」昨日、出迎えに着た職員が声を掛けてきた。
「昨日はいろいろお世話になりました。ところでお名前は?」

「失礼しました。中井孝史と申します。町役場の1人しかいない課長ですがね」
「実は、村長さんに挨拶に伺ったんですが…」
「村長は今日から公用で、東京に行かれましたよ。そうだ、辞令を出さないとね」孝史は麗華を村長室に案内していく。
「形式ですが、今日は僕が読みます…」孝史は用意されていた辞令を読み上げた。

読み終わると「ところで、どうしてこんな離島に?」ソファーに座りながら麗華に尋ねる。
「代用がイヤになって、正規になりたかったんです。ここを出発点として東京に戻るつもりです」
その言葉に「そうですか。ここは離島ですから、何があるかわかりませんよ」
「覚悟してます!」その言葉を待っていたかのように「こんな事もありますよ」孝史は、ブラウスの首元から手を忍ばせ、ブラジャーの中の乳房を掴んでしまった。

「やめて下さい。セクハラです!」小さな声で叫ぶと「これが、辞令なんですよ。いらないのですか?」その言葉には、黙ってしまうしかない。
(正規になれるチャンスよ。オッパイぐらいは我慢しないと…)孝史のするがままに任せた。
「そうです、それでいいんです」孝史は麗華の着ていた上着のボタンを外し、さらに、ブラウスのボタンも外していく。
(オッパイを見られてしまう…)ブラウスのボタンが、全て外された。

麗華の胸元が開いて、カップから孝史が引き出した乳房が露になっている。
「これはいりませんよ。今後は着けないで下さいね」孝史は、背中のホックを外してしまった。
「それはイヤです。着けさせて下さい!」泣きそうな声でいうと「これがあると、こんな事ができないじゃありませんか!」露になった乳房を両手で掴み揉みだした。
(やめて、お願いやめて!)顔を真っ赤にして耐えていると、孝史は麗華が抵抗しないと知り、さらに大胆になって乳首も吸う。

「あ、あ、あー!」麗華が力強く乳首を吸われ、喘ぎ声をあげると「どうですか。これくらいなら、我慢できるでしょう?」
「恥ずかしいです。もう、やめましょう、こんな事…」
「そうはいきませんよ。田中先生のオ○ンコをお見るまではね」スカートを脱がせていく孝史だ。
「やめて下さい。もう、やめて下さい!」手で押さえるが、力負けしスカートが脱がされ、パンティ姿だけにされた。

「大きな声を出しますよ。やめて下さい!」
「出してもいいですよ。でも、この辞令もなかったと思って下さい!」その言葉に一瞬、手の抵抗が止まった。
(今だ!)パンティが一気に引き下げられた。
「見ないで。こんなの見ないで!」両手で股間を隠そうとしたが、孝史の方の動きが早かった。
「ほう、ヘアがたっぷりですね。島民も祭が楽めるでしょう」真っ黒な絨毛に覆われた股間を見つめている。
「もう、いいでしょう。フルヌードを楽しんだでしょうし…」腕を押さえられて、全裸を晒す麗華は、今にも泣きそうな顔になっている。

「まだ、見てませんよ。オ○ンコを!」麗華の太股が開かされていく。
「本当に、大きな声を出しますよ!」震える声で言うが「ほら、見えてきた、オ○ンコだ!」
「見ないで、そんなの見ないで!」目を閉じたが、涙が流れていく。
「いいですね、ピンクのオ○ンコは…」淫裂の割れ目に沿って孝史の指が撫でだした。

「入れないで下さい…。膣の中に指は…」震えながら、やっと言えた。
「わかってます、触るだけですから。まだ、バージンなんですね」孝史は再び乳房を吸いながら、股間を撫でていく。
それには「ハア、ハア!」心地よい感覚に、麗華の呼吸が自然に荒くなっていく。

孝史は乳房と淫裂に飽きたのか麗華から手を退けた。
(終わった…)真っ先に、足首に絡まったパンティを引き上げ、股間を覆い隠していくと「田中先生、オッパイがいいですね。どうです、僕のお嫁になってみては?」
「こんな、卑怯な手を使う人のお嫁に何か絶対になりません!」泣き叫びたい気持を堪えて、ブラジャーを乳房に押しつけた。

「言ったでしょう。それは、着けちゃだめって!」孝史が麗華からブラジャーを取り上げた。
「この島では、今後着けないようにお願いします」
「それじゃ、オッパイが動いてしまいます。服と擦れると、乳首が痛いんです…」
「すぐになれますよ。そんなことぐらい」孝史は温もりのあるブラジャーを麗華の前で広げた。
「イヤ、そんなことやめて!」麗華は目を反らせて、ブラウスを着込んでく。

「いいですね、そのオッパイの透けた姿が」孝史はブラウスから透けた乳房に興奮している。
(いやらしい、オチンチンを膨らませて!)孝史の股間を横目で見ながらブラウスのボタンを付
けていく。
「田中先生。いつかは、必ず僕とオ○ンコをする事になりますからね」ブラウスの上から、乳房を掴んだ。
「やめて下さい。見られたら、折角の正規教員が台無しになってしまいます」乳房を掴んだ孝史の手を退けると「オ○ンコも見たから、いいか…」素直に手を退けた。

(急がないと!)麗華は今がチャンスとばかりに、一気にスカートを履き、上着を着込んでいく。 
「中井さん。ここでされたことを、誰にも言いませんから、中井さんも誰にも言わないで下さい…」
「それは、あなた次第です。時々、オッパイとオ○ンコを見せてくれると、約束するなら誰にも言いませんが…」
「そんなの、できる訳けないでしょう!」怒った顔になって言う。

「それだったら、僕とデートするっていうのはどうでしょう?」
「それならいいわ。ただし、一回きりです!」
「3回です!」
「わかりました、3回ですね」諦めて返事をすると「決まりましたね。僕も秘密を守りますよ、田中先生のオ○ンコにある、黒子の事も」

「そんな、ところまで見たの?」真っ赤な顔になってしまった。
「ええ、お尻とオ○ンコの中間にありましたよ。それよりも、書類に書いてもらわないと」孝史は住所の変更届や保健証の変更届を出した。
「こんなに、あるんだ…」麗華は慣れた手つきで次々と書いていく。
「これが最後です。健康診断を受けて下さい」孝史は用紙を麗華に渡した。
(健康診断…そうだ、昨日女性がいた、あれが医師なんだ!)黙って用紙を見ている。

「いいですか。診療所は緑色の建物です。ここから200メートル先にあります」
「ここへ、来る途中にあったわ」
「それなら簡単です。すぐに受けて下さい。用紙は診療所から直接届けられます」
「わかりました。それから、くれぐれも秘密を必ず守って下さいよ」
「わかってますよ。麗華さん!」
(気安く、麗華なんて呼ばないでよ!)なれなれしい言葉を掛けた孝夫を無視して、役場から出た。




 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA