こしあん 第3話

【第3話】

惠が先にシャワーを浴びた。
俊介といっしょに風呂へ入っても良いのだが、いっしょに入るとおそらく風呂で盛り上がってしまうだろう。
今日は姫初めでもあり、風呂場よりベッドでゆっくりと過ごしたい。
結局ふたりとも風呂では軽くシャワーを浴びるだけにとどまった。
冷え切った身体は抱き合えばあたたまる。
惠は白のTバックを穿き、バスタオルを巻きつけベッドへ向かった。
裸よりも下着を着けて現れる方が俊介が好むことを、惠は今までの付き合いで十分に知っていた。
俊介は飲み掛けのミネラルウォーターを枕元に置いて惠を迎えた。

俊介は灯りの摘まみを調節しながら惠に尋ねた。

「暗すぎる?」
「ううん、ちょうどええ。」

ほの暗い灯りが惠の美しいシルエットを映し出した。
惠は俊介に並んで横に座った。

「寒くないかい?」
「うん、だいじょうぶ・・・」

俊介は惠の肩に手を廻し、そっと抱き寄せた。
甘い女の香りが俊介の鼻腔をくすぐる。

(チュッ・・・)

ふたりは唇を重ね合った。
無言で愛を囁き合う至福のひととき。
言葉を交わさなくてもお互いの気持ちが通じ合う。
ずっとこうしていたい。
時間が止まればこのままでいられるのに・・・。

「惠・・・?」
「え・・・?」
「今年もよろしく。」
「あはは、うちの方こそよろしゅうに。ちゅうか、こんな場面で挨拶するのん変やでぇ~。」
「変か?」
「うん、変や。せやけど嬉しいわ。」
「どうして?」
「大好きな人とこうして新年からいっしょにいられるんやもん。」
「いっしょにいるだけ?」
「ううん、いっしょにいるだけやのうて、1つになれるもん・・・」
「惠・・・」

俊介は惠を寝かせ強く抱きしめた。
そして首筋に唇を這わせた。

「あぁ・・・」
「惠・・・」
「あぁ、俊介・・・好き・・・」
「僕も惠が大好きだよ・・・」

(チュッ・・・チュッ・・・)

「あぁぁぁ~・・・」

俊介の唇はひとところに落ち着かない。
まるで生き物のように場所を変えていく。
首筋から耳・・・耳から唇・・・
唇から乳房・・・乳房から乳首へ・・・

「あっ・・・いやぁん・・・あぁっ・・・あぁぁぁ~・・・」

(チュッ・・・チュルッ・・・)

唇に加え、指も活発なうごめきを見せ始めていた。
唇と指との小気味よいコンビネーションが惠を一気に昂ぶらせていく。

「あぁ~・・・あぁん、あぁん・・・あぁ~・・・あぁ~・・・」

俊介は乳首を吸いながら、指をゆっくりと移動させた。
惠の吸いつくような肌の感触が、俊介の五感を次第に痺れさせていく。
指は下腹部に到達しTバックに指が掛かった。
惠がピクリと反応する。
まだ鋭敏な箇所に触れられてはいないのだが、人間は予兆で事前に反応してしまうことがある。
こんもりとした恥丘に指が触れ旋回を始めた。
惠が喉の奥から声を漏らした。

「あぁ・・・」

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA