こしあん 第2話

【第2話】

「この辺で止めてくれるかな?」

タクシーは南禅寺参道の入口附近で止まった。
日が暮れかけていることもあって、参拝を終え南禅寺から出てくる人の姿もまばらになっている。

「ほんまにこの辺にホテルあるん?」

タクシーから降り歩き出すと、惠がポツリと俊介に尋ねた。

「直ぐだよ。」

俊介はそう言って少しはにかんだ。

ふたりは信号を渡り狭い道へと入っていった。
1分も歩かないうちに左手にメルヘンチックなラブホが現れた。

「うわっ、ほんまやぁ、あった~!まるでおとぎ話にでも出てきそうな建物やねぇ。」
「そうだね。この東山の景観とちょっと不釣合いな感じがしないでもないけどね。」
「ふうん、せやけど表通りとちごて(違って)、通りを入った目立たへん場所やからええんやろねぇ。」
「さあ、入ろうか。」
「うん。」

ふたりはいそいそとオートドアを開いた。

「・・・!」

エントランスに入ると3組のカップルが目に入った。
1組はパネルにあるボタンを押している。
まもなく部屋に向かうのだろう。
他の2組は待合コーナーのソファに座って、退屈そうに順番が来るのを待っていた。

「満員みたいやねぇ・・・せっかく来たのに・・・」
「そうだね。この近くにもう1軒あるようなので、そっちへ行ってみようか?」
「いや、待ってみよ。うち、このホテルなんか気に入ってしもたし、ここにしょう。待ってる人2組やし、直ぐに空くんちゃう?」

待合コーナーは半透明のパーテーションでカップル単位に仕切られているので顔は見えないが、男女のヒソヒソ話は漏れていた。
ふたりは空いているソファに腰を掛けて順番を待った。
順番が来るとテレビモニターを通して連絡してくれるシステムになっているので後は時を待つだけだ。

しばらくして順番が来たのか、隣のカップルはソファから離れていった。

「次の次やね。うち、何かドキドキしてきたぁ。」
「どうして?僕とは今日が初めてという訳じゃないのに。」
「なんでやろ・・・せやねぇ、もうじき俊介にすんごい(凄い)ことされるとおもたら、えらい緊張するわぁ。あはは。変かなぁ?うち・・・」
「そんなこというから僕まで緊張してきたよ。」
「あはは、伝染したん?」

テレビモニターにバラエティ番組が写し出されているが、ふたりとも目に入っていない。
待つ間がやたら長く感じられる。

まもなくテレビモニターに部屋案内を告げるメッセージが流れた。

「あ、うちらやわ。」

惠は飲み掛けの缶コーヒーをテーブルに置き立ち上がった。

エントランスホールからエレベーターに向かう途中、ふと見ると新たな2組のカップルが順番を待っていた。

「よう流行ってるねぇ。」
「正月だものね。初詣の帰りに寄り道したくなるんじゃないかなあ。」
「うちらもそうやもんね。」

惠はにっこり微笑み俊介の顔を見た。

エレベーターが来た。
俊介は3階のボタンを押した。

「わぁ~、部屋の中は乙女チックやわぁ~!可愛い~!」

惠は少女のようにはしゃいだ。
部屋は適度な広さがあり、柔らかい照明が部屋の数箇所に施されていた。
ベッドは左側の隅にあり、ピンク色のベッドカバーが部屋全体の調度品とよく調和しているように思えた。

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA