女の子のスリットを指で拡げる美少女

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第21話
淫肉の慣らし運転は騎乗位セックス

 

予想だにしない男女の流れ。
それを目の当たりにし、真由美は呆気に取られていた。

しかし、本当の意味で呆気に取られているのは誰だろう?
こんな行為を持ちかけた治彦か。
それをすんなりと受け入れ、上半身裸のままスカートを下ろそうとしている智花も……?

シュル、シュル……

智花の足元に、チェック模様の輪っかが拡がった。

「言わなくたって、ちゃんと穿いてるんだな?」

「そうよ。あたしのパンティーといえば、このブルマのことだから」

「いつもその紺色のブルマだけど、ちゃんと洗っているのか?」

「失礼ね。ほら、治彦が汚した白い染みもついてないでしょ? 男の子の精液って、ひっついちゃうと落とすのに苦労するんだから」

訊かれて、愚痴も加えて言い返して、智花のブルマ一枚を腰に残したまま、机のベッドへと昇った。
続けて治彦が、全裸の身を晒しながら彼女の後を追った。

「初体験するなら、どの体位がいいんだ?」

「うーん、そうね……前に読んだ雑誌だと、騎乗位がおすすめらしいわよ。その……上に跨った方が、コントロールしやすいって」

「そうかぁ、騎乗位かぁ……俺たち、バックで初体験を済ませたよな。犬の交尾みたいに、智花のケツに俺が圧し掛かって……」

「こんなところで思い出させないでよ。あの時は、本当に痛かったんだからね」

どうして、こんなにベラベラと話しているのだろう?

治彦は月明りに照らされた、真由美の顔をチラリと見やった。
そして、ヒンヤリとしていておまけに固い机の上で、仰向けに寝そべった。

「な、なんだか恥ずかしいよね」

会話を途切らせなかったのは、お互い様。
机の上で背中を丸めた智花が、今さらになって恥じらいでみせる。
むき出しの乳房と、頼りなげに下半身を包むブルマと、その両方を腕と手のひらで隠しながら、治彦の身体を危なっかしく跨いだ。

「このままだと入らないから……ふぅ……」

智花の指がブルマの股布をつまんで寄せた。
淡く色づいた恥肉の合わせ目が、ぷるんと弾けるように飛び出した。

「きれいだぞ、智花のオマ〇コ」

「やだ……何度も見てるくせに……」

月夜という仄かな光の中で、それは幻想的な光景であった。
ブルマフェチな治彦だからこそ。
いや、大人の性を知った者なら誰しも……

「ごめんなさい……もっと近くで……」

静まり返った教室に、椅子をすべらせる音が響いた。
甘く蒸された汗の香りを漂わせながら、たった一人、制服をまとった少女が即席のベッドに身を寄せた。

「真由美、そこで見るのには条件があるの」

「条件?」

「そう、こんな風にね……んんっ、くふんっ……」

見上げる少女の間近で、智花は鼻を鳴らした。
曝け出したばかりのスリットの壁に、自らの指を添わせたのだ。
閉じ合わせた割れ目をゆっくりと拡げるようにしながら、紅く染められた粘膜の内ヒダにも、クチュクチュとした指先の刺激を加えていく。

「オナニー、わたしも……」

「あぁ、くうぅっ……独りエッチしながら……はあぁん、もう立ってられない……」

智花の身体が不安定に揺らいだ。
支える太腿の筋肉がピリピリと痙攣し、膝小僧がフルフルと笑った。
ブルマの布地が片方のつけ根だけを圧迫し、少しよじられた女の子の花弁からは、女の蜜液が早くも一滴ぽたりと垂れる。

「智花、早く入れろよ」

蚊帳の外に置かれたまま焦らせされて、治彦は誘った。
そそり立ったペニスの先端に匂う女の液が垂れ落ち、雄々しい肉の棒は中空に漂う女の秘孔をにらみつける。

「い、入れるから……智花のオマ〇コに、治彦のオチ〇チン……」

男の誘いに乗るように見せかけ。
忙しない指にかき回された花弁の肉が、ハシタナイ涎を漏らしながら下降して……

智花は腰を落としていく。
待ち構える勃起ペニスを目指して、下半身をしゃがませていく。

「ふぅ、おっぱい……気持ちいい……」

その中、真由美が声を漏らした。
制服の上着とブラウスの前ボタンをすべて外し終え、こぼれさせた乳房の肉を指で愛撫する。
初体験の覚悟を決めた少女に、バストを包むブラなど必要ないのだ。
ノーブラのまま尖らせた乳首を、キュッキュッと指でしごくように刺激してみせる。

「はくぅっ、お待たせ……治彦……あぁ、入ってくぅ……」

「待たせすぎだろ……はあぁ……」

智花の指が挿入をナビゲートするように、濡れた花弁をめくりあげていた。
ぱっくりと開かれたピンク色の粘膜と、ヌラつく肉の切っ先が接触し、ズブズブと淫音を奏でながら深く交わっていく。

「はぁ、あぁ……智花のアソコに……こんなに太いのにぃ……」

それを間近で観察し、真由美が漏らす声を上ずらせた。
乳房をもてあそばせていた指は、いつしか下半身へとすべる。
履かせたままのスカートの中へと、その指を差しこませている。

「動けよ、智花」

「なに気取ってるのよ。でも、動いてあげる。くうん、あたしだけでピストンしてあげる」

治彦の腰を跨いで、治彦の勃起させたペニスを膣内に収めて、ぺたんとお尻まで男の骨盤に落としたまま、智花は答えた。
手枕に頭を乗せたパートナーを熱い目で一瞥すると、つながったばかりの腰を浮かせていく。

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA