こしあん INFORMATION

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

 

【第4話 より抜粋】

俊介は再び惠の唇を奪った。
それでも恥丘を撫でる指の動きが緩慢になることはない。
ふたつの舌が躍動感を見せる。
まるで軟体動物が乱舞するかのように。
不意に惠が手を伸ばし、俊介の股間をまさぐった。
バスタオルの向こうには既に隆々と怒張した俊介の分身があった。

「わぁ・・・もうこんなになってるやん・・・」
「ふふ、惠のせいだよ。」

恥丘を触れていた俊介の指は一気に下降し、惠の内股に到達した。
惠としては何やら肩透かしを食らった感があったが、それはいつもの俊介の癖だと意に介さなかった。
十代の少年のように性急に女の恥部を攻めたりはしない。
じっくりと焦らして来るのだ。
焦らされることにより、果実は一段と熟成し、たわわに実る。

指は膝の裏から太股の付け根へ、半円を描きながら何度も膝から太股の付け根へと往復した。
大きな手は一見不器用そうに見えるが、動きは実に滑らかであった。

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan

 toukou02

toukou00

toukou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA