新型ウィルス 視察者

【第20話】

不妊治療センターは医学界でも知れ渡り、高い人工授精よりも安く上がるのも患者にも知れ渡り、訪問者は予約で溢れていた。
厚生労働省も、出生率を上げるため、大坂にも設置計画を立てた。
しかし、大坂の医師会から猛反発にあって計画が進まない。
その急先鋒に立っていたのが、不妊治療では権威と言われた安藤真央だ。
真央はいかがわしい治療法と軽蔑し、高い成功率にもかかわらず認めようとはせず、事あるごとに罵っている。
新型ウィルスにより治療だと、保健点数が低いため、儲からないのも一因であった。
その為、一般の医師は真央からの報復を恐れて、大坂での設置が止まっていた

厚生労働省は打開すべく、真央に高杉の赴任センターを知って貰うため、招待した。
勿論、案内役は高杉だが、技官の依子も一緒だ。
「何よこれ、最低ね。こんな設備でよくやれるわね」
「ここは自然流でして、人工ではありませんから。人工は先生方にお任せしてます」
「何だ、簡単なのだけ治療してるんだ。それだったら成功率も高いはずよ」
「まあ、そう言う事にもなりますか…」今までの高杉ならとっくに切れていたが、所長となるとそうは行かないから、冷静にしている。

「ところで、どんなのか見せてくれない?」
「ここでは何ですから、治療室で」防音の効いた治療室に案内した。
「何よこれ、普通の家じゃないのよ。子供だましもいいとこね。よく治療室といえるわよ」ここまで軽蔑した態度に、高杉も限界を超えた。
「それだったら、試してみますか?」
「いいわよ、インチキぶりを証明したいし」
「技官、この通りですから、やりますよ」依子に断ると、美沙がカプセルを運んできた。
「いいですか、これを飲んだら、全てはあなたの責任ですからね」
「いいわよ。どうせ、効かないだろうし」真央は、はなからバカにしている。
(美沙、我慢できないよ、やってやるからな)
(いいわよ、徹底的に焦らして。恥ずかしい姿をビデオで撮ってやるから)2人は頷き合った。

真央はカプセルを飲み込んだ。
すると、目を潤ませ口をパクパクしだす。
「どうかしましたか、安藤さん」
「な、何ともないわよ…」そう言うが体が震えている。
そんな真央を見守っていると「して、私として…」小さな声で言い出した。
(待っていたわ、よくも夫をバカにしてくれたわね。今度はあなたをバカにしてやるからね)美沙はビデを構えた。
「何か言いましたか?」
「して下さい、私とセックスを…」

「そう言われても。あなたは1人でいいですが、こっちは妻がいますし」
「奥さん、お願いだから、今回だけセックスを見逃して下さい」せつなそうに真央は言う。
「そこまで言うなら構わないけど、裸にならないと、セックスはできないでしょう?」
「わかっています。今から脱ぎます…」人目をはばからず、真央は服を脱ぎだした。
スーツ、ブラウスと次々と脱いでピンクの下着になったがパンティは淫裂部分が濡れていた。
「可愛いですね、まだ子供みたいで」
「そんな事より、早くセックスして下さい…」真央はブラジャーから脱いで乳房を露わにした。
(何だ、小さいじゃないか。態度はでかいのにオッパイは中学並だな!)口こそ出さないが高杉と美沙は思った。

そして、パンティを脱いだ。
股間の絨毛は綺麗に手入れされ、帯状に短くされている。
「ヘアを手入れですか。それだったら全部ない方がいいですよ」
「そんな事言わないで、早くしましょう」
「ダメです、ヘアを全部剃るまでやりません」
「剃るわ。剃るから、脱いでて…」真央は置かれてあったムースを吹き掛け、カミソリで剃りだすが、その様子も美沙が撮っている。

やがて、真央の淫裂が剥き出しになった。
「これで、いいですよね?」
「ええ、中を確かめたいから広げてください」
「そんな破廉恥な事はできません!」首を振った。
「やらないなら、ほら、これでしませんよ」肉竿を揺する。
「やります。ですから、そのオチンチンで…」両手で淫裂を広げると、淫汁が溢れて流れ出た。
「濡れてますね。そんなにやりたいですか?」
「やりたいです」
「それでしたら、私とオ○ンコしてと言わないと」
「わ、私と…オ○ンコして…下さい…」言い終わると我慢できないのか高杉の前で正座し、肉竿を口に入れる。

「ダメ、そんなきつくされたら出ちゃう」それを聞いてか真央は高杉を寝かせ、馬乗りになった。
「いいわよ、凄く気持ちいい!」喘ぎながら腰を振り続けた。
やがて「出して、私のオ○ンコに出して!」息を弾ませながら言い出す。
「出してもいいんですか、責任持ちませんよ」
「構わないわ、私が責任取るから。早く出して!」淫裂からはすでに、大量の淫汁が流れていた。
「わかりました出しますよ」その言葉通り、噴射すると動きを停め「気持ちいい。膣の中がとろけそう…」うっとりした顔になった。

しかし「そんな、嘘よ。これは夢よ…」効果が切れて正常に戻ってきた。
「イヤ、イヤ、イヤ!」自分の膣を抑えながら泣き出した。
「僕のせいじゃありませんよ。安藤さんが出してくれって言ってましたから」
「嘘よ、私をレイプしたのよ。訴えるわ」
「それなら、これを証拠にしましょうか」撮ったビデオを見せると「言わないで、誰にも言わないで!」声をあげて泣き崩れた。
どんなに強がり言っても、真央も、普通の女だった。

「わかりました、この事は誰にも言いません。でも平気ですか?」
「わからない、安心日なんだけど、こんなに濡れているし」淫裂は淫汁と精液で溢れていた。
「とにかく、旦那がいなくてよかったよ。いたら殺されちゃうよ」高杉もオーバーに言うから「う、う、う!」また泣き出した。
それを(いい気味よ、人の研究をバカにしたからよ。もっと泣きなさいよ)美沙は元エリートだけに、真央の態度が許せなかった。

「そこまでにしましょう。とにかく、肌で感じたはずだから」
さすがに、公務員の依子は仕上げに掛かっている。
「そうですね、ここはなかったことにしましょう」皆も箝口を誓った。
真央は服を着るとセンターから出ていった。
「あなた、スッキリしたわ。あんな生意気な奴によく我慢したね」
「そう言うなよ、美沙だって、あんな態度だったんだぞ」
「わるかった。今までの事は謝ります。その変わり、今夜は、抱っこでして欲しいの…」
「あれか…。最近筋力が衰えて…」

「まさか、美香としているんじゃないでしょうね?」
「してない、してないよ。3人一緒の時だけだよ」
「本当なの?」
「そんなに疑うなら、本気で美香に乗り換えるぞ」
「ご免なさい、そんなつもりじゃないのよ。あなたを美香には取られたくないの」そう言うと高杉の顔を押さえて唇を重ねる。
(可愛い所もあるな。こんないい女を物にできたのもあのおかげだ)新型ウィルスに感謝しつつ、抱きしめた。

それから数日して、事態が急変した。
あれほど、センターの設置を拒んでいた真央が賛成に回ったのだ。
それには、厚生労働省も戸惑いながらも歓迎している。 



 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA