クリスマスローズ 第11話

【第11話】

「ぐっふっふ……気の済むまで喚けばいいんだよ。声は絶対に漏れないからね。」

無骨な指が繊細な陰裂を割り、うごめく度に見え隠れする様が実にいやらしい。
身体をよじって抵抗を試みるイヴリンの腰を、美樹が背後からしっかりと押さえつけた。

「ほらほら、イヴリンちゃん、逃げたらダメじゃん。社長さんにしっかりと可愛がってもらわなくちゃ~。」
「外面だけじゃなくて中身もなかなか良い器量をしているね、ふふふ……。おい風田君、ぼちぼち記念撮影と行こうか。」
「へっへっへ、いつでもOKで。」

風田は至近距離まで近づき、あられもない姿のイヴリンにストロボを炊き続ける。
さらに風田は美樹に命じイヴリンの女芯をわざと広げさせ、ふだん目にすることのない奥襞までフィルムに収めていく。
「撮らないでぇ……お願い……やめて……」と泣きじゃくるイヴリンだが、風田は彼女の哀願に耳を貸そうともしなかった。

撮影風景を満足そうに見つめる遠山はぽつりとつぶやいた。

「撮影会はぼちぼち終りかな?」
「ええ、ほぼ終わりです」
「じゃあ二人に面白いものを見せてやろう。本当は私ひとりで楽しもうと思っていたのだがね。ぐふふ…。」

遠山はソファに置いてあった小箱から奇妙な形をした道具を取り出してきた。

「へへへ、社長、次はバイブ責めって訳ですか。」
「いや、そんなありふれたものじゃないよ。」

確かに見た感じではバイブレーターでもローターでもなさそうだ。
風田は首を捻った。

「社長、それはいったい何なんですか?」
「ぐっふっふ、説明をする前に先ずは効果の程を君たちの目で確かめてもらおうか。ぐふふ・・・」

遠山が手にした物体はゴム製のスポイドのような形をしており、長さが5センチぐらいで色はピンク色をしていた。
持ち手部分は太く膨らんでおり、先端がラッパのように広がっている。
しかもよく見ると先端の中央には5ミリ程度の吸込み口がぽっかりと口を開いていた。
果たしてどのように使うものなのか。風田と美樹はその物体を見て首を傾げた。
遠山は淫靡な笑みを浮かべながらぽつりとつぶやいた。

「美樹君、すまないがイヴリンのクリトリスを剥き出しにしてくれないか。」
「えっ!?は、はい、分かりました…」
「ふふふ…クリトリスは2人もよく知ってるだろうが、女性の体の中でも特に敏感な場所だよね。でも皮が冠ってる女性が多いしどちらかというと攻めにくい場所だよね。でもこの道具を使うとね、そんな攻めにくい場所でも簡単に集中攻撃ができてしまうんだよ。ふふふ、名前はクリキャップと言ってね、先端に穴が開いているだろう?ここがポイントなんだよ。花弁を広げてクリトリスを剥き出しにして、クリキャップの持ち手をつまみ空気を抜きそのままの状態でクリに当て、持ち手を離せばクリトリスに吸い付くという仕組みなんだ。ローションを塗ってやると吸い付きがより強力になるんだが、イヴリンは敏感そうだからローションなんてものは要らないね。美樹君、何ならのちほど君にも試してあげるよ。はっはっは~!」
「ほほほ、面白そうですね。では先ずはじめにイヴリンちゃんに試して効果のほどを見せてもらいましょうか。」

まもなく美樹の指でイヴリンの花弁は大きく開かれ、最も敏感な部分が剥き出しにされてしまった。
亀裂から覗く愛らしい実は朝露に濡れた真珠のようにきらりと輝きを見せていた。

「い、痛い!」
「ごめん、ごめん、イヴリンちゃん。私としたことが。」

美樹はクリトリスを剥き出しにする際に、わざと爪を立てたのであった。
美樹は形ばかりの謝意を口にする。

「おいおい美樹君、イヴリンはスターなんだから手荒に扱っちゃいけないよ。さて、それじゃあぼちぼちとクリキャップを使ってみるとするか。」
「や、やめて…変なことしないでください!」

遠山はクリキャップをイヴリンの秘所に近づけた。
予め持ち手部分の空気を押し出し真空状態にしたうえで、先端の小さな開口部をクリトリスに被せてしまった。
そして持ち手部分の指の力を弱めていく。
次第にスポイドは膨らみはじめ、キャップの先端が吸引されていく。

「ひぇえ~~~!あっ、あっ、や、やめて!変になっちゃう!いや、いや!やめてぇ~!」

クリトリスは強い吸引力で吸い寄せられていく。

「わわわわわっ!ああ、おかしくなっちゃう~、いやっ!や、やめて~~~!お願い~~~!!」

美樹はその効果のすさまじさに唖然とした。

「すごい効き目だわ。あれほど強気なイヴリンちゃんがこうまで取り乱すなんて。おほほ、私まで感じて来ちゃった」
「はっはっは~、本当にすごく効果だね。私も今回初めて使うんだけど、実に愉しい道具だね。わっはっはっはっは~。」

イヴリンの痴態を黙々とカメラに収めていた風田も我慢できなくなったのか、思わず撮影の手を止めイヴリンの身体に手を伸ばしてきた。 大腿部や臀部等あらゆる箇所に指を這わせた。
美樹はイヴリンの乳房を中心に愛撫を繰り返している。
三人掛かりによるクリトリス吸引責めと全身愛撫。必死に堪えていたイヴリンではあったが、彼らの執拗なまでの羞恥責めによって、身体の奥で眠っていた官能の炎がめらめらと燃え上がってしまった。

(ああっ、だめ、感じてはいけないのに。ああ、いや、どうしよう……)

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA