新型ウィルス 現れた政務次官

【第15話】

「高杉さん、私とセックスして下さい…」依子は服を脱ぎだした。
「でも、出したばかりだから、こんなだし…」肉竿は萎縮している。
「あなた、やってあげなさいよ、このままでは大変な事になっちゃうし」
「でも、こんなだよ」だらしなく、肉竿がぶら下がっている。
「わかったわよ、私の口で」美沙が肉竿を掴むと唇で擦っていく。
「気持ちいい、毎晩やって欲しいな」乳房を揉みながら言うと美沙は肉竿をくわえたまま首を振る。
「仕方ないな、今回限りか」すると、首を縦に振る。
「わかったよ、とにかく頑張るけど、避妊はお前がしろよ」そう言ってる間に依子は全裸になっている。

依子が「私にもオチンチンを…」譫言のように言うと美沙と入れ替わり、口に入れる。
「凄い、締め付けが美沙とは違う…」それには一気に膨らんでしまった。
「やって、後からして!」
「依子さんはこれが好きなのかい?」
「嫌いだけど、奥迄入るから」四つん這いになると高杉は肉竿を押し込んだ。
「あ、あ、あ~!」声を上げ体を震わせていく。
「凄いわ、こんなセックスもあるんだ…」美沙は嫌いな体位だが、迫力に興奮している。
依子も「出して、早く精液を…」淫裂からは淫汁がポタポタと垂らしている。

「美沙手伝ってくれ、俺のケツに指を入れてくれ」
「イヤよ、そんな汚い事したくない!」
「そうしないと、早くでないよ」そう言われればやるしかなく、高杉の肛門に美沙の指が入った。
「気持ちいい、チンポもケツも…」高杉は一気に登りきり噴射した。
「出しけど、ちょっとかも…」肉竿を抜くと、白い液体が流れ出てくる。

それと同時に、依子も冷静になってきた。
「そんな、嘘よ、こんなの嘘よ…」信じられないのか、泣き出した。
「依子さん、泣いてないで、ほら急がないと」泣きじゃくる依子を浴室に連れて行き、シャワーを浴びせた。
すると、お湯と一緒に、白く濁った液体が流れてくる。
それでも、暫く洗うと透明なお湯ばかりになった。
「これで大丈夫よ」
「美沙さん、嘘よね。夫以外とセックスするなんて、嘘よね」
「嘘じゃないわ、現実を認めないと。これもあのせいよ、依子さんが悪いんじゃないわよ」それでも依子は泣き続けた。

そして、冷静になると2人が戻ってきた。
「この事は言わないで下さい」そう言うと、服を着だす。
「勿論、誰にも言いません。夫婦の仲を壊したくはありませんから」
「それを聞いて安心しました。それにしても、凄い効き目だわ」感心しながら服を着ていき、元通りになると「これって、男には効かないの?」尋ねる。
「そうなんですよね、そっちはダメみたいです。最も、研究する気にもなれませんが…」
それでも「やってみたらどうかしら。男用と女用ができたら、出生率も上がるし」依子が言う。

「そう言えば、依子さんは厚生労働省だった!」
「そうよ、今問題になっているの。だから、これで何とかならないかしら?」
「俺はイヤだよ。またバカにされて、働かされるだけだし」
「そこを我慢するのが男よ。ここで、立つのよ」
「美沙、そう言っても立たないよ」股間を見つめた。
「バカ、チンポじゃないわよ。まったくこれなんだから…」うんざりと言った美沙だ。
それでも依子は諦めず、高杉を説得したが、承知しないので帰った。

それから数日後、高杉の家の前に黒塗りの高級車が止まり、女性が降りて来た。
車から降りた人物は、政務次官の高橋早苗だった。
早苗を見るなり「どうしてこんな所に…」美沙は声が出ない。
「今日は忍びなの。技官からいい話を聞いたので…」
「まさか、政務次官がお出でになるとは思いませんでしたので」美沙は恐縮している。
「あなた方の経歴は調べたわ。奥さんはエリートだったけど、旦那さんは天才なのね」
「夫が天才ですか?」
「そうよ。頑固だし、一筋縄ではいかない、天才よ」
「面白い事おっしゃいますのね」

「それより、確かめたいの。今度、家に2人で来て欲しいのよ」
「まさか、確かめる気では?」
「そうなの、私もこの年だし、試したいのよ。恥は覚悟の上よ」
「そこまで、仰るのなら…」
「約束よ」早苗は来る日を指定して帰った。
「何だか、偉い事になったわ」美沙は不安で高杉の帰宅を待った。
「あなた、実は…」玄関先で出来事を告げると「仕方ないな、行くしかないな」渋々承知し「よかった、これで何とかなりそうだわ」美沙は、仕事に戻る願望を捨ててはいなかった。

そして、2人は高橋の家を訪ねた。
「待っていたわよ、上がって」政務次官がわざわざ出迎えて、中に入ると夫が挨拶してくる。
2人も挨拶していると「それより、こっちで」奥の部屋に案内された。
「ここならいいわね。誰にも知られないし」
「本当にいいんですね。責任は取りませんから」
「わかっています。あなたも、これから私がどうなるか見届けて欲しいの」
「わかった、その覚悟なら俺だってやるよ」高杉は2人の意志を確かめるとガラス瓶を取りだす。

「この臭いを嗅いでください」渡すと、早苗はふたを開け、臭いを嗅いでいくと、目が潤んできた。
「効き始めまいた。これは本能ですから、奥さんを責めないでください」前もって注意すると「あなた、したいの、お願いだからセックスして…」高杉と、美沙が見ているにもかかわらず、服を脱ぎだした。
「やめろ、やめるんだ!」言っても聞き入れず、下着も脱いでいく。
早苗は40を越しているから乳房は垂れ下がり、腹も出ている。
それでも、絨毛は手入れしてあるのか整っていた。

「もう無理です、覚悟を決めてセックスして下さい」確かに、早苗の淫裂からは淫汁が流れていた。
「嘘だろ?」
「嘘ではありません、セックスしたいから、どんな事でもします」
「試していいのか?」
「構いませんよ」
「早苗、セックスしたかったら、指で性器を撫でろ」
「約束よ、恥ずかしいけどやるから、必ずしてよ…」早苗は夫の命じるまま、淫裂を指で撫でていく。
「本当だ、あれほどイヤがっていたのを平気でやる。と、言う事は…」

暫く考え「早苗、チンポが言う事を効かないんだ。お前の口でやってくれ」すると、早苗は夫のズボンを脱がし、肉竿を掴んで口に入れた。
「凄いや、チンポが膨らむ…」萎縮していた肉竿が一気に膨らむ。
「わかった、早苗が上だ」仰向けになり、早苗が馬乗りになって腰を振り出すと「いいよ、凄くいい…」一溜まりもなく、噴射してしまった。
 



 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA