愛液びしょ濡れブルマでレズり合い

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第17話
太腿を絡ませ股間をこすり合わせ

智花の腕がだらりと下げられた。
つられるように、真由美の指も乳房の肉から離される。

智花が胸を押し出した。
下げられた彼女の片腕が戸惑う真由美の腰へと回され、そっと力強く引き寄せた。

「ひゃぁ……」

「だいじょうぶだから」

少女の身体が密着する。
立ち姿のまま、向かい合ったまま、智花と真由美はその素肌と素肌をみっちりと貼り合わせていた。

「おっぱいが押し合いっこしてるね」

「智花の心臓の音が、わたしにも聞こえる」

これから何が始まるのか?
その予兆のような少女達のつぶやきと光景に、治彦は見入っていた。
己の息子に指をしがみつかせていた。

「真由美はじっとしててね……んんっ……」

いつしか真由美の片腕も、智花を抱き寄せていた。
唇を交わし合ったその頃のように。
いや、あの頃とは比較にならないほど目を潤ませながら、まずは智花が……

「ヒク、クゥ……すごい……」

全身を上下に動かした。
体育マットに立たせた両足を屈伸させた。

貼りついていたベビーフェイスな素肌が、自然にすり合わされる。
女としての盛り上がりを見せるバストの肉が、やんわりと歪め合いながら揉みつぶされる。

「ふぅ、はぁっ……真由美も、一緒に……」

「と、智花となら……くふぅんっ……」

誘われて、熱い眼差しを心に秘めた彼女に送りながら。
真由美も身体を上下させる。
包帯が外され、サポーターに入れ替わった智花の足を庇うように、積極的な屈伸を披露させる。

「乳首も……ひぁ、こすれちゃう」

「智花の乳首……とっても硬くなって、あはぁ……真由美のおっぱいに食いこんでる」

胸の頂を彩る小粒な果実が弾けた。
突き合って、押し合わせて、ひねるように重なり合わせて。
女の子どうしだから理解し合える、甘美な電流を共有させる。

シュル、シュル……

「ふっ、はあぁ……」

手を伸ばせば乱入できる。
禁断の愛し合いをする美少女の肌に、発情した男の匂いを……

それを懸命に押しとどめて、治彦は己の息子をしごいた。
強くさすれば呆気なく放たれる。
そんな白いマグマを温存させるように、ぎこちない手加減を加えながら、少女達が繰り広げる痴態のさらなる進化へ目線を注ぐ。

「んあっ、はふんっ……真由美ったら……」

「だってぇ……もう、我慢できないの」

智花が頭を仰け反らせた。
ポニーテールの髪がうなじの肌を隠すなか、上向く鼻があられもなく鳴らされた。

稚拙な肌のこすり合わせは、やがてなめらかなこすり合いへと成長する。
そして新たな快感のツボを探るように、少女達の秘め事は次第にそれぞれの下半身へと移行し……

「もっともっと……んふ、愉しみましょ」

「智花のお股が……はあぁ、真由美のお股に……」

太腿と太腿が絡み合っていた。
膝を立てて、きめ細やかな腿の肌が、互いの股間に押し当てられていた。
濃紺色と、臙脂色と。
智花と真由美が穿いたブルマ越しに、女の子の大切な部分をムニュムニュと刺激し合っていた。

(いいぞ! すごいぞ!)

待ちに待ったシーンに入りつつある。
肉棒へのしごきのペースを唇を噛みながらスローダウンさせ、治彦は血走りそうな目で観察をする。
生で見るだけでは惜しいと、脳裏のスクリーンにも、この光景を焼きつけていく。

「あはぁ、真由美……」

「んふぅ、智花……」

名前を呼び合って、陸上部で鍛え合った腿の筋肉で、女の子の恥部を刺激し合って。
秘めやかな快感に、足を立たせたままの愛し合いは辛いとばかりに……

「なんだ? 寝てするのか?」

男のマスターベーションの最中にもかかわらず、治彦は飛び退いた。

すべてを解放されたマットの上に、智花と真由美が横たわる。
お互いの股間に挟みこませた太腿はそのままに、向き合う少女達はさらなる官能の高みを目指していく。

「あぁん、アソコがべちょべちょ……ブルマまで沁みこんでる」

「わたしも……ねえ、智花……これ、脱いじゃおうか?」

薄日の射す体育用具室の一角で、智花と真由美は寄り添うように寝そべっていた。
ザラザラとしていて、堅い手触りの体育マットを、まるでほどよくスプリングを効かせたベッドに見立てて、可憐すぎる美少女二人は、潤みきった眼差しで見つめ合っていた。

「このブルマはね、どんなに汚れてもこのままなの。それよりも、真由美……あたしね、とってもいいことを思い付いちゃった」

「いいっことって……もっと気持ちよくなれること?」

「そう、アソコ……ううん、オマンコをとってもいい気持ちにさせて、ブルマをエッチなお汁でビショビショにさせるの」

「やだぁ、アソコのこと……智花ったら……でも、わたしだって……オ、オマンコ……は、恥ずかしい……それで、どうすれば……」

治彦は身を乗り出していた。

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA