クリスマスローズ 第4話

【第4話】

「はぁ~…俊介ぇ…だ、だめぇ…」

イヴリンは困惑したような表情を俊介に向けた。
だけどそれは決して拒んでいる訳ではない。
いや、むしろそれを待ち望んでいたのかも知れない。
指は秘唇に小刻みな刺激を加え続ける。
可憐なそれは微妙な刺激にも敏感に反応する。
その狭い隙間からはすでにおびただしい蜜液が溢れていた。

まもなく俊介は膣口とクリトリスの中間にあたる部分を刺激し始めた。

「え?や、やだぁ…そこってもしかして…」
「ふふふ…そう、そのもしかだよ。ここから何が出るか分かるよね?」
「いやぁん、いじわるぅ、そんな恥ずかしいこと聞かないで…」

俊介が突然いじくったのは尿道口であった。
膣付近の中では決して性感帯とは言えない場所だったが、イヴリンは奇妙な快感に襲われた。
性感は乏しくとも、女性の羞恥心を煽るには充分過ぎる箇所と言えた。

まもなく指はクリトリスを撫で回した後、ゆっくりと膣内へ沈んでいった。
AVの映像で時折見るような激しいそれではなく、ねっちりとした緩やかな動作であった。
俊介の弦楽器で鍛えた繊細な指は、女性のデリケートな肉の狭間でも同様に細やかな動きを披露した。
肉の狭間は指の動きに敏感に反応しキュッキュッと指を締めつけた。
中指を入れて第二関節を曲げた周辺にコリコリと硬い場所があり俊介はそこを擦り始めた。

「あ~あぁ~あぁぁぁ~~~…はぁ…あぁ~そこ、感じるぅ~…はぁぁぁ~…」

イヴリンはたちまち激しく反応した。
両手を俊介の肩に絡ませ、強く息を弾ませた。
俊介の指は間断なく巧妙な動きを見せる。
その動きは、時にはゆるやかに、そして時には激しく…

「俊介ぇ…あん…もうダメぇ…入れて…欲しい…」
「何を?何を入れて欲しいの?」
「あん…いじわるぅ…分かっているくせに…」
「さあ?何だろう?分からないよ…」
「ああ、早くぅ…お願いだから…」

せがむイヴリンだが俊介はどこまでも焦らす。
焦らせば焦らすほど、挿入したときの快感が大きいことを彼は知っていた。

俊介はパンティに挿し込んだ指を一旦抜き、黒いパンティをゆっくりと脱がせ始めた。
脱がせたパンティは裏向きのまま放置しておくのではなく、さりげなく表替えしておく。
そんな細やかでさりげない心遣いが、イヴリンにとってはとても心地よかった。

俊介はイヴリンのパンティを脱がせた後、彼女の最も敏感な箇所にキスをした。
舌を転がすように…
唇で挟むように…
そしてまた舌で円周を描くように…
あらゆる動作が、イヴリンの気分をひときわ高揚させていく。

「あぁ…もうダメ…お願い…入れて…」

イヴリンの消え入りそうな弱々しい声に、俊介はようやく身体を重ねて来た。
それでもまだ挿入には至らない。
イヴリンの額に掛かった髪をかき上げたり、唇を重ねてみたり…。
そんな動作のなか、俊介はイヴリンの脚の間に自らの脚を割り込ませ確実にイヴリンの脚を開かせていく。
決して両手で強引にこじ開けるのではなく、あくまで自然に開かれていく。
その直後、俊介の肉体の一部がイヴリンの草むらに触れた。
肉体の一部は熱を帯びてしかも怒張していた。
怒張したものは草むらの下方を目指した。
一直線に縦に走った麗しき亀裂、その隙間からはおびただしい量の蜜が溢れている。
蜜の根源を探るように怒張したものは突き進んでいった。
(ズニュ…グジュ…ズズズン…)
イヴリンの唇から思わず吐息が漏れた。
更には眼を閉じ結合の喜びに酔いしれていた。
俊介はイヴリンを正常位で組み敷き真っ向から攻め続ける。
グチョグチョという隠微な水音が室内に響き渡った。

「イヴリン、水音がしてるね。いったい何の音だろう?」
「いやぁん…そんなこと聞いちゃだめぇ…」

正攻法で攻めてくる俊介は性に関してはいたって平凡な男といえる。
平凡な男ではあるが常に相手の気持ちを察して攻めてくる点は実に非凡だ。
イヴリンはとろけるような性の歓びに身体の芯まで痺れるような感覚に陥っていた。

「あぁ、イヴリン、すごくいいよ…キュッと締まってくる感じ、最高だよ…」
「あぁ、俊介、私もよ…はあ~ん、すごくいい~…」

ふたりは心と身体の深い結合により、快楽の渦に巻き込まれていった。

「ねえ俊介…今度、私が上に乗ってもいいかなぁ…」
「うん、乗って。」

仰向けになった俊介の上にイヴリンは跨った。
イヴリンはすぐさま激しく腰をグラインドさせた。
膣が強く締まり俊介のモノが締め付けられる。

「うっ…」

突然イヴリンの身体にも強い電流が突き抜けた。

「あぁ、す、すごい…」
「ああ…イヴリン…す、すごくいい…」
「あっ、私もすごくいいわ…ああっ…あっ…」

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA