新型ウィルス 自尊心

【第8話】

学会が終了すると、高杉と美沙は東京に戻って来た。
「美沙、またレズをやってくれないか?」
「許して。私にはそんな趣味ないですから」
「そう言うなよ。俺は3人で楽しむのが好きなんだよ」甘えるように、美沙の胸を露わにして乳房を揉んでいく。「そんな、レズだなんて無理よ。相手がいないのに」目を閉じ気持ちよさそうな顔で言う。
「だったら、お前の妹とやれよ」
それには「ダメ、妹は絶対ダメ。私だけにし て」と拒む。
「それなら、今度は屋外でヌードだぞ」
「わかったわ。どこでも、ヌードでやるから、妹には絶対手を出さないでよ」守られるはずのない約束を、美沙がしてしまった。

それから数日後、高杉は休暇を取って美香のアパートを訪ねた。
普段は、アパートにいないが、夜勤明けを狙って訪ねていた。
「美香さん、実はお姉さんとの事で、お話がありまして…」美沙との、なれそめを話をしながら「これが、その時のお土産でして」ガラスケースを開け美香の鼻 先に差し出す。
「何も入っていませんが?」不思議そうな顔をしながら、覗いていると体が震えていく。
(効いてきたぞ。これで、妹もいただきだな)笑顔でビデオを構えた。

「た、高杉さん、私とエッチして下さい…」せつなそうに、両手で股間を押さえて言う。
「エッチですか。そんなに、したいんですか?」
「はい。膣が疼くんです」
「それでしたら、服を脱がないと」
「わかりました。脱ぎます…」美香も理性が消え失せ、服を脱いでいくが、それを 高杉がビデオに撮っている。
やがて、全裸になった美香は、高杉の肉竿で淫裂をピストンされて、子宮に噴射された。

射精を受けた美香は、時間の経過と共に次第に冷静さが戻り、自分のした事に泣きだした。
「美香さん泣かなくていいよ。これからは僕が慰めてあげるから」
「イヤ、来ないで。触らないで!」高杉から逃げまどうが、ビデオを見せられては、どうする事もできなかった。
「わかったでしょう。何も変な事をする気はありません。ただ、このヘアが欲しいだけです」そう言うと、絨毛を撫でていく。

「イヤよ、ヘアを剃るなんて!」
「ビデオが、公になるよりはいいでしょ?」それには反論すらでずに、黙ったままだ。
「準備してください、剃りますから」その言葉に渋々準備を始めた。
そして、ビデオを構える高杉の前で、絨毛を処理して無毛の淫裂になった。
「いいですね。私はこれが好きでしてね」その淫裂を高杉が撫でると「う、う、う!」泣きながら、堪える美香だった。

高杉は、そんな美香に、ヌードを撮らせるよう頼み込んだが、当然「イヤ、ヌードなんてイヤです!」と断られた。
だが「わかっていますよね、このビデオが公になるのはイヤでしょう?」脅しには逆らえない。
「ヌードになります。でも誰にも言わないと誓って下さい」泣きながら承知するしかない。
それから数日後、高杉は美香の休日に合わせ、2人は例のスタジオに向かった。
美香は用意された、看護婦の白衣を着ての撮影だ。
「はい、ボタンを外して!」カメラマンの指示に従い、ポーズを造りながら全裸になってしまった。
その後、美香は高杉とのセックスビデオも撮られた。

高杉は美香の全裸写真と本番ビデオを撮ると、狙いを美沙に戻している。
美沙の自尊心をズタズタにして、自分の思うがままにする事を考えている。
思い付くと、直ぐに行動を始め、仕事を終えた美沙と一緒にクラブに入ったが、店内は客で溢れかえっている。
「美沙、ここで素っ裸になれ。そして、あそこで踊るんだ!」指さす先にはステージがある。
「許して、ここじゃイヤ。他でしますから」当然拒む。
「やるんだ。やらないなら、今までの写真を全部マスコミに流すぞ」そう言われれば、従うしかない。
「そんな事は、やめて下さい。ここで脱ぎますから…」美沙は泣き顔で服を脱ぎ始め、 それは他の客にも見えている。

「見ろよ、ストリップだぞ!」皆が美沙の方を振り向くが、下を向いたまま美沙は服を脱ぎ、上半身を露わにした。
「大きいよ。道理で脱ぐ訳だ。自信あるから見せたいんだな」そんな声が上がる中で、今度はスカートに手を掛けた。
客は「もしかして、素っ裸に?」生唾を飲みながら見つめている。
その視線を浴びながら、ファスナーを引き下げホックを外した。
スカートは支えをなくして足下に落ち、美沙の無毛の淫裂を露わにしていく。
「パイパンだ。ヘアがないぞ!」また歓声が上がった。

その歓声に震えながら、美沙は乳房と淫裂を隠そうともせず、ステージに上がり踊り出した。
両手を動かし、体を振ると乳房が「プルン、プルン!」と揺れ、淫裂も口を開いてピンクの皮膚が覗いている。
「美沙、記念に撮ってやるからな」全裸で踊る姿を、高杉はビデオに収めていくが、恥ずかしさでカメラを見る事ができない。
それでも、踊らされ「もういいぞ」と言われたときには、汗が流れている。
「美沙、今度はそこでオ○ンコを弄るんだ」また、恥ずかしい思いをさせる気だ。
美沙は言われた通り、腰を降ろして、Mの字に足を開き指で淫裂を触り出す。
「声もあげろよ。気持ちよさそうにやるんだ!」その命令に従い「あ、あ、 あ~!」クリトリス や膣を触りながら声をあげていく。
「今度はオ○ンコ弄くっているぞ。俺のチンポの方がいいのにな」笑い声が上がっているが「オッパイも触るんだ」高杉は容赦なく命令する。
「う、う、う!」小さな嗚咽を上げ、乳房を揉みながら淫裂を触っていき、それもビデオに収まっていく。

撮り始めてから10分程たって、支配人が現れた。
「お客さん、困りますね。そんな事されたら困るんですよ」ビデオをやめるように言う。
「悪かった、どうしてもヌードになりたいと聞かなくてね。お詫びに、素っ裸で手伝わせるよ」
「そんな事されたら、よけい困りますよ。ホステスの立場がなくなりますから…」暗に、店から出ていくように話し掛けてくる。
「わかった、帰るよ」美沙はステージから降り、服を着終えると同時に2人はクラブを出た。

だが、これで終わりではなかった。
今度はSMクラブに連れて行かれ、また全裸を命じられた。
美沙は服を脱ぎ終えると同時に両手を縛られ吊り下げられると、ムチで打たれていく。
「ギャ~!」悲鳴を上げながらも打たれ、その様子も高杉は逃すことなく、ビデオでしっか り撮った。




 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA