クリスマスローズ INFORMATION

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

 

【第10話 より抜粋】

イヴリンは魔手から逃れようと身体をくねらせ懸命にもがいてみせた。
遠山は柔肌の感触を楽しむようにゆっくりと乳房を揉みながら、さらには乳頭をも責め立てる。

「ひぃぃぃ……やめて、お願いだから……」
「じゃあこっちはどうかな?」

遠山は乳房への責めを美樹に譲り、自らは閉じることのできない股間へとその手を伸ばした。
薄い布切れの上に指を宛がうと、凹みを確かめるかのようにゆっくりと指を動かせてみせた。

「や、やめてっ……お願いです……」
「今さらそれは無理な注文だねえ」

指の動きが滑らかさを増していく。

「あっ、やめてっ……け、けだもの!やめて~~~!」
「けだものってか?ははは、それじゃご期待通りけだものになってやるか」

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan

 toukou02

toukou00

toukou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA