新型ウィルス 出張

【第7話】


高杉は依子が帰ると、またウィルスの培養を始めた。

「こいつが長生きすれば、苦労はないのにな…」感染力は強いが、大気中に長時間は居られないのが、短所でもある。
その為、第3者に感染する恐れもない。
「さてと、今度は誰を素っ裸にしてやるかな」泣きながら、全裸になっていく女性を想像しながら培養を始めると電話が鳴った。
「もしもし、高杉ですが…」それは、美沙からの呼び出しだ。
「わかりました、伺います」電話を切ると急いで所長室へと向かう。

「待っていたわ。実は、お願いしたい事があるの」
「お願いですか。オ○ンコしたいのですね?」高杉は美沙の胸を撫でた。
「待って、そんな事じゃないの。仕事の話よ」
「仕事ですか。何の用です?」
「今度の学会の発表に、一緒に付き合って欲しいの」
「そんなの、所長1人でいいでしょう。ただ聞くだけだし…」執拗に、高杉は美沙の乳房を掴んだ。
「1人じゃイヤなの、是非付き合って欲しいの」
「オ○ンコ、してもいいんですよね?」
「か、軽くよ。それに、ヌードは撮らないで」
「ヌードは撮ります。イヤなら、1人で行って下さい」
「わかりました。誰もいない所でなら脱ぎます。それならいいでしょう?」
「はい、それなら結構です」
「良かった、これで安心だわ」肩の荷が下りたような顔をして、学会の説明始めた。
高杉は美沙から話を聞いて研究室に戻るが「何故、俺が選ばれたんだろう?」1人考えていた。
「そうだ。もしかして、妹の事が気になっているんだ。俺が留守中に、手を出さないようにと…」美沙の考えを読んだ。
「美沙が、そう出るなら必ず妹を素っ裸にしてやるぞ」美香への凌辱を思案していく。

それから数日後、高杉と美沙は学会が開かれた京都に出かけた。
研究の発表会場は、ウィルスの研究者達で満員になっている。
そんな中に、高杉は依子を見つけ「おや、坂本技官じゃないですか」と声を掛けたが「高杉さん、ここは学会だから、私用は慎みましょう」依子は話を遮る。
「そうですよね、お互いに知られたくない事もありますしね」意味ありに言い、メモを渡したが、それを見て、依子の顔色が青ざめていく。
「わかって、いますよね。お待ちしています」そう言って、美沙の元へと戻って いく。

「高杉さん、あの方を知っているの?」
「知っているよ、僕と一緒に研究をしていたんだ。今は、政府の技官になっているけどね」
「へえ、坂本技官と一緒に仕事をしていただなんて、信じられないわ」
「仕方ないだろう、事実だから。それより、今夜はいいよね?」
「軽くよ。それに、誰にも知られない所だからね」
「わかっているさ。だから、別々な部屋にしたでしょう」そんな話をして発表を聞いていた。

その夜、ホテルに戻ると高杉は美沙を呼んだ。
「わかっているだろう、素っ裸になるんだよ」その言葉に黙って服を脱いでいく。
「そうだ。それでいい。オ○ンコは剃ったか?」
「はい、剃ってあります…」泣きそうな声で、下着も脱ぎ全裸になると、確かに股間の絨毛が綺麗に剃り上げられている。
「いいね、俺はこのパイパンオ○ンコが好きなんだ」無毛の淫裂を撫でていく。
「お願い、もう許して貰えませんか?」
「そうは行かないな、妹を差し出すなら、許してあげるが」その言葉に美沙の顔が引き吊った。

「やめて、妹には手を出さないで。私が相手しますから」
「だったら、これからも俺の言う事を聞くんだ」高杉は全裸になった美沙を撮っていく。
暫く撮っていると、ドアがノックされた。
「来たぞ。お前の仲間が!」
「イヤ、ヌードは見られたくありません!」急いで服を着ようとするが「ダメだ、素っ裸だ。両手を後ろにして、オ○ンコも丸 出しにしろ!」と命令される。
「そんな、他人にヌードを見せるなんて約束が違います!」逆らえないから、両手を後ろにして立ったままだ。

それを見ながら高杉はドアを開けた。
「待っていたぞ、入れ!」その言葉に、全裸の美沙は心臓が破裂する程、鼓動が早まり全身が震えている。
「失礼します」女性声がして「そんな~!」美沙に気づいたのか、悲鳴を上げた。
「依子、何も驚く事はないぞ。ヌードを撮っているだけだ。所長、両手を腰に…」美沙は、依子の前で乳房と無毛の淫裂を晒したままポーズを創っていく。
「依子、お前も撮ってやるぞ。脱ぐんだ!」
「そんな、ヌードだなんて…」言葉が続かず、震えている。
「亭主には、知られないようにする。脱がないなら、この前の事を話しちゃうぞ!」
「脱ぐわ。私もヌードを撮って貰いたいし…」依子は美沙の前では強気に出た。
「そうだよ、依子は前から俺に素っ裸になりたいと言っていたしな」侮辱する言葉にも反論せず、依子も服を脱いでいくと、それを美沙もジッと見ている。

やがて、全裸になった2人は、一緒に全裸をカメラに撮られていく。
「ダメだな、ヘアがあるから撮れないな。剃ってくれないか?」
「そんな、ヘアを剃ったら、人前でのヌードがばれてしまいます」悲鳴に近い声だ。
「仕方ないか。人妻の初ヌードだし」依子のヘアを剃るのをあきらめ、また全裸を撮りだした。
「そうだ、2人でオッパイを揉み合え。レズを撮るから」思わぬ言葉に戸惑いながらも、2人はお互いの乳房を撫でていく。
「そうだ。その後は、乳首を吸い合え」高杉に言われれば逆らえず、交互に乳首を吸い合う。
「もっと本気でやれ、オ○ンコも触って!」2人はベッドに横になり、重なり合う。
4個の乳房が潰れたまま、唇を重ね合っていく。

「いいね。それでいいよ。俺も仲間に入るぞ」見計らったように、服を脱いで抱き付く。
「そんな、セックスはイヤです!」依子は逃れようとするが、背中から淫裂に肉竿が入ってしまった。
「抜いて、お願いです…」泣き声だ。
「安心しろ。今度は出さないよ。美沙のオ○ンコに出すから。それより、ちゃんとレズをするんだ」
それを聞いて、美沙の顔が強ばった。

「約束よ、膣には出さないって!」依子は、淫裂をピストンされながら、美沙の乳房を掴み吸っていく。
美沙は「あ、あ、あ~!」女性同士はイヤだが、敏感な乳首を吸われては、声が上がってしまう。
「ダメ、そんなのダメ…」依子の髪の毛を撫でながら、背中を浮かせている。
やがて、登り詰めた高杉は、美沙を四つん這いにして、仕上げに掛かった。
「出さないで、お腹に出さないで~!」首を振りながら叫ぶが、膣の奥に暖かいのが感じられた。
(射精だなんて…。今日は危険日なのよ)淫裂から、ポタポタと垂らしながら、俯せに なっていた。




 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA