新型ウィルス スタジオ

【第5話】


「もう、いいです。オ○ンコを洗っても!」やっと、許可がおりると、美沙は浴室に入り淫裂を丁寧に洗っていく。

丁寧に、幾度も洗ってから戻ってきた。
「所長、これを着て貰えませんか?」高杉は黒い下着を手渡す。
それを広げるなり「イヤ、こんなの着ない!」と拒んだ。
「イヤでも着て下さい。ビデオがどうなってもいいんですか?」そう、脅されれば着るしかない。

渋々、渡された下着を着込んだが、黒いブラジャーはカップがなく、乳房が飛び出しており、下半身は、黒いストッキングとガーターベルトだけで、ピンクの淫裂が剥き出しに なっている。
「お願い、パンティを履かせて」
「これからは、履く必要がありませんよ。丸出しですからね」露わになった淫裂を指 で撫でる。
「そんな。これからは性器を丸出しにしろだなんて…」相変わらず泣き顔だ。

そんな、美沙の事などお構いなしに「それにしても、このオッパイもいいですよね」飛び出した乳房を揉みながら乳首を吸う。
「やめて。セックスしたでしょう?」
「イヤ、まだ終わっていませんよ。今度はスタジオでオ○ンコしますから」
「まさか、人前でセックスを?」
「そうです。それに、ヌードも撮りますよ」
「イヤよ。人前でのセックスはしないからね」
「イヤでもやって貰います。やらないなら、あのビデオがどうなっても知りませんよ。淫乱な所長と思われますからね」
「やります。セックスしますから、ビデオだけは返して下さい」泣きながら ひれ伏した。
「それは、スタジオでの結果次第です。ヌード写真も撮りますからね」
「もし、公になったら、どうするの?」
「大丈夫です。僕のカメラで撮って貰いますから。とにかく、スーツを着込んで下さい」
「わかりました」素直に返事をして、スーツを着込むと高杉と電車に乗ってスタジ オへと向かった。

スタジオは駅からそんなに離れていない所にある。
美沙は、他人にヌードを晒すとあって強ばった顔をしている。
「いいですか、僕達は夫婦と言う事にして撮って貰いますからね」高杉は説明していくが、終始項垂れたまま聞く美沙だ。
「美沙、とにかく行こう」今度は、美沙と呼び捨てにし、腰を押さえてスタジオに 入った。
入ると「予約して置いた高杉ですが…」受付で名乗る。
「お待ちしておりました。こちらが、カメラマンです」女性を紹介する。
「よろしくお願いします。妻の若い姿を記念に残したくて」
「心得ております。不正は一切しませんからご安心を。こちらで撮りますから」女性のカメラマ ンと一緒に2人はスタジオに入った。
3人が入ると、スタジオに照明が灯されドアに鍵が掛けられた。
「これで、3人だけの世界です。早速始めましょう」
「これで、お願いします」高杉はバックからデジカメを撮りだし手渡す。
それを受け取ると「奥さん、ボタンを外してください」と注文が付いて、撮影が始まった。

美沙は言われた通りに、服を脱いで下着姿を撮られた。
「奥さん、そんなに恥ずかしがらなくていいですよ」
「だって、ヌードよ。ヘアも剃って、性器が丸見えなの」声まで震えていた。
「美沙、だったら僕もヌードになるよ、一緒にヌードだ」高杉も脱ぎだす。
「旦那さんも脱ぐんですから、もっとリラックスして」カメラマンは注文を付けながら、ブラジャーも脱がさせて、ストッキングとガーターベルトだけの姿にしていく。
「綺麗ですよ、奥さん!」おだてながら、美沙の全裸をカメラに収めていくが、美沙は相変わらず強ばった顔をしている。
「美沙、笑顔だよ。恥ずかしくはないから」時折、高杉が声を掛けるが、強ばった顔が収まる事がなかった。

美沙の撮影は45分程で終わった。
「今度は、エッチを撮って貰えませんか?」
「構いませんよ。どのご夫婦も撮っていますよ」高杉からビデオが渡され、それを調べている。
「美沙、今度はエッチを撮るからね」わかっていたとはいえ、人前でのセックスには抵抗がある。
高杉は項垂れたままの美沙の乳房を揉みながら、乳首を吸いだした。
「あ、あ、あ~!」それには、たまらず声を上げていく。
それに答えるかのように、美沙を寝かせ、淫裂に肉竿が押し込んだ。

肉竿は、ゆっくりピストンしながら、根本まで入り込むと、その様子もビデオが撮って いく。
(撮らないで、セックスは撮らないで!)そう願うが、結合部や、喘ぐ美沙の顔も撮られている。
高杉は美沙との結合を変えた。
太股を抱え、駅弁での結合もしていくと「あ、あ、あ!」子宮深く突き刺す肉竿に、背中も反っている。
その後、立ったままで、後ろからの結合や、四つん這いになっての結合もし、仕上げは横臥位で終えた。
カメラマンは、美沙の射精された淫裂を撮っているが、美沙は手で隠そうとすると、高杉が手を押さえ隠せない。

そして、ビデオを撮り終えた2人はスタジオから出た。
「美沙、これからはそう呼ぶからな」それには黙ったままだ。
高杉は美沙と公園に入り「ここで素っ裸を撮りたいな」言い出す。
「許して、こんな大勢の前でヌードにはなりたくない…」怯えた顔になった。
「だったら、研究所で撮るぞ」
「仕事場で、ヌードにはなりたくありません…」大粒の涙がこぼれ落ちていく。
「どっちかを選べ。イヤなら両方撮るぞ」
「研究室で撮って下さい」小さな声だ。
高杉は「それがいいよ、あそこなら人も限られているしね。でも、ここでも撮りたいな」そう言いながら笑顔になっているが、黙ったままの美沙だ。

「そうだ、あそこで撮ろうよ」突然、高杉が指さしたのは観覧車だ。
「行こう、あそこなら2人きりだしね」言われるままに観覧車に乗り込む。
「スカートを脱いでよ」言われるまま、スカートを引き下げ、下半身はストッキングとガーターベルト姿になっている。
それを高杉がカメラで撮っていく。
「早くして、見られたら困るから」慌てる美沙を後目に「最上階に来たら、素っ裸 だからね。準備 して」逆らえないからボタンを外して準備をすると、程なく、2人が乗ったゴンドラが最高点に来た。
「脱いで、今撮るよ」美沙は急いで、ブラウスと上着を脱ぎ全裸になったが、乳首が恥ずかしさで膨らんでいる。
「いいよ、凄くいいよ!」そんな事など知るよしもなく、美沙を撮っていく。
「もういいでしょう、下がりだしたし…」ゴンドラが下がりだした。
「着てもいいよ」その言葉に、ブラウスと上着を着込み、スカートも履いていく。
そして、ボタンを掛け直し、乱れを直し終えると乗り場に戻った。
「間に合った!」深呼吸する美沙だ。  




 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA