新型ウィルス 剃毛

【第4話】


翌日、美沙は、また高杉の研究室を訪ねた。

「お待ちしていました。早速ですが、オ○ンコを見せて貰えませんか?」
「わかりました…」顔を強ばらせ、スカートの裾を持ち上げると真っ黒い絨毛が現れた。
「足を広げて!」言われるまま足を横に開く。
「いいですね、早くやりたいです」両手で淫裂を撫でだすと「う、う、う!」美沙は嗚咽を上げだした。
「そんなに、泣かなくてもいいじゃないですか」指が膣の中を動いていく。
「う、動かさないで。指はイヤ!」
「チンポならいいんでしょう。ここで、やりましょうか?」
「ダメ、指でいいです…」そう言うしかない。
まさか、こんな所でセックスする訳には行かない。

「だったら、我慢して下さいよ」指の動きに合わせ腰も動いている。
(いいね、以外に敏感だな。もう濡れているぞ)処女を喪失したばかりだが、高杉の指に膣が反応している。
「所長、オ○ンコはわかりました。オッパイの方は?」
「わかりました…」返事をすると、ボタンを外していく。
勿論、ブラジャーを着けてはいないから、直ぐに乳房が現れた。
「いいですね、所長のオッパイが…」その乳房を揉みだす。
「もう、いいでしょう?」
「そうですね、これくらいにしますか。これからもある事だし」素直に引き下がり、乳房から手を退けた。
すると、美沙は急いでボタンを掛け、服の乱れを直して研究室から出た。

そして、休日が来た。
美沙は、嫌々ながら訪ねてきた高杉を部屋の中に迎え入れた。
「いいですね。さすがに、所長ともなるとワンルームマンションですか。羨ましいですね」そう言いながら撮影の準備を始めた。
美沙は覚悟はしていたが、ヌードを撮られるとあって、強ばった顔をしている。
「所長、そんな怖い顔しないでくださいよ、笑顔になって脱いで下さい」その言葉に、強ばった顔がさらに強ばり、体が震えている。
(いいね、所長の恥ずかしがった姿も最高だな)ビデオカメラを構えた。

「脱ぐけど、誰にも言わないで。それに、見せないで下さい…」上擦った声で言い終えると、震える指でシャツを脱ぎだした。
(そうだ、それでいい。これからは、俺の言うがままにして貰うからな)美沙を撮っていく。
美沙はシャツを脱ぐと、スカートも脱いで、揃いの青い下着姿になり、その下着も脱いで、全裸を高杉に晒していく。
「所長、恥ずかしいですか。この前は、堂々とヌードを撮らせてくれたのに」
「この前はどうかしていたのよ。ヌードを撮られるなんて我慢できない」泣き声で答えた。
「でも、撮らせる約束ですからね」全裸になった美沙の体を、なめ回すように撮っていく。

暫く全裸を撮ると「ヘアが邪魔ですね。それも、剃りましょうよ」とヘアを剃るように言う。
「そんな、ヘアを剃ったら、性器が丸見えになってしまうわ」
「外人のモデルは、ヘアを剃っていますよ。このように剃って下さい」インター ネットで仕入れた写真を手渡した。
その写真にはヘアを短くして、恥丘にわずかの絨毛を残し、淫裂を剥き出しにしている姿が映っている。
「私にも、こうしろというの?」唇がブルブル震えている。

「そうです。私の前で剃って下さい」
「イヤ、性器を丸出しにするなんて、できない!」
「やらないなら、今までの約束はなかった事にしますが、いいんですよね?」低い声で言うが、それは脅迫と同じだ。
「剃ります、ですから誰にも言わないで」小さな声で答えた。
「最初から、そうおっしゃるなら、私も言いませんでしたよ。それより、準備して下さい」
「わかりました。準備します…」流れる涙を手で拭き、絨毛を剃る準備を始めた。

そして、準備が出来ると高杉の前に戻ってきた。
「所長、始めて下さい。それに、剃ったヘアはこれに入れて下さい」ビニール袋を差し出す。
「ヘアをどうするの?」
「仕舞っておくだけですよ。それより始めないと」高杉の言葉に、美沙は絨毛の先端を掴み、ハサミで切りだした。
その様子を高杉はビデオに撮っている。
そして、短くし終えると石鹸液を塗り、カミソリで剃りだした。
美沙の手が動くと、絨毛が根本から剃られ、地肌が見え、淫裂の肉襞もハッキリ見えてくる。
「いいよ、最高だよ。所長のオ○ンコは!」興奮気味にビデオを撮っている、高杉の股間が大きく盛り上がっている。
美沙は「そんな、オ○ンコなんて、言い方はしないで下さい…」泣きながら、カミソリを動かし絨毛の全てを 取り払った。
剃り終えると「これでいいでしょうか?」足を開いて淫裂を晒した。
「いいですよ。最高です」少女のように無防備になった淫裂を高杉がビデオに収 めていく。
その間、美沙は恥ずかしいのか、悔しいのか、嗚咽を上げている。

やがて、ビデオを撮り終えると高杉はビデオを置いて服を脱ぎだした。
「お願い、セックスしてもお腹の中には出さないで下さい…」膣の中射精されるのはイヤだった。
「そうは行きませんよ。この前のように、出させて貰いますよ」拒んで、なおも服を脱いでいく。
「妊娠はしたくないの。お願いだから出さないで」
「それなら、薬を飲んで下さいよ。後から飲む薬もありますから…」そう言われれば、美沙も返す言葉がなく、黙り込んで、露わになった肉竿を見つめていた。

そんな、美沙を後目に服を脱いで全裸になると、高杉は抱き付いてベッドに寝かせた。
「所長、行きますよ」
「待って、まだ準備が…」拒むが、淫裂に肉竿が入っていく。
「ヒ~!」前戯無しの挿入に、淫裂から裂かれる痛みが走る。
「まだ、早い…」痛みを堪えると、淫裂深く高杉の肉竿がピストンを始めた。
「あ、あ、あ!」乳房も握られながら声を上げていく。

「所長、俺とのオ○ンコはいかがですか?」肉竿の動きを早めた。
「そんな、オ○ンコだなんて…」目を閉じ、黙ったままだ。
「言って下さいよ、オ○ンコの感想を!」乳首も握りつぶした。
「き、気持ちいいです…」顔を歪めて言う。
「何が気持ちいいんですか?」高杉は手を緩めない。
「お、オ○ンコよ。高杉さんとのオ○ンコが気持ちいいです…」悔しさに泣き声だ。
「そうですか。僕とのオ○ンコが、そんなに気持ちいいなら、またしてあげますよ」一気に仕上げに掛かった。
美沙は「あ、あ、あ!」激しく動く肉竿に背中も反っていく。
(射精されるわ、もうすぐ射精される!)美沙は逃れたいが、どうする事もできない。
その予想通り「う~!」呻き声を上げて動きが止まり、それと同時に子宮の奥で暖かい感触がしている。
「そんな、射精だなんて…」涙がまた流れた。

高杉は絞るようにして、噴射を終えると肉竿を抜いた。
勢いよく、淫裂から白い液体が流れ出ていき、それを塞ごうと美沙が手で押さえた。
「ダメです、手を退けて!」高杉は射精された淫裂をビデオで撮ろうとしている。
「やめて、これだけは撮らないで!」 射精される前ならともかく、精液で汚された淫裂をビデオに撮られるのは、女性とし最大の屈辱だ。
「手を退けないなら約束を守りませんよ」
「そんな、酷い…」泣きながら淫裂から手を退けた。
「そうです、それでいいです。それにもっと笑顔になって」言われた通り作り笑顔をしている。
高杉は悔し涙を流す、美沙の隅々までビデオに収めた。




 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA