新型ウィルス 逆転した立場

【第3話】


高杉は射精が済むと美沙を抱きしめ、乳房を吸っていく。

「だめ、もうだめよ!」次第に美沙に冷静さが戻ってきた。
(何だ、射精したらもう戻るのかよ。以外に早いな)マウスの実験では確認したが、物足りない。
それに、乳房を吸っていたら、また肉竿が膨らんできた。
「やめて、お願いです!」
「所長、今度は私が後ろからですよ」
「イヤ、もうやめて!」嫌がる美沙を四つん這いにして後ろから挿入した。

「ヒ~!」先程とは、打って変わったように顔を歪め悲鳴を上げている。
それでも、高杉は両手を離さず肉竿をピストンしていく。
「あ、ああ~!」美沙は乳房を前後に揺らせながら、悲鳴に近い声を上げている。
(いいね、所長をレイプしているみたいで…)笑顔で腰を振り続けて、昇りきると、また淫裂の中に噴射した。

「所長、気持ちよかったでしょう?」
「良くない。私をレイプしておきながらな酷いわ」泣きながら、美沙は股間を両手で押さえた。
指と指の隙間から、鮮血に染まった精液が流れていく。
「レイプだなんてとんでもない。所長がオ○ンコして下さいと言ったじゃないですか」悪びれる様子もなく鮮血で汚れた肉竿を拭いていく。
「嘘よ、そんな事言った覚えないわ」
「そんな事言うならこれを見て下さいよ」撮ったばかりのビデオの再生を始めた。

「ほら、所長がオ○ンコして下さいと言っているでしょう」確かにテレビからは、美沙の「高杉君、セックスして…」と聞こえている。
「嘘よ、そんな事言うわけない!」首を振って拒んでも、画面に映し出される姿を認めるしかない。
美沙は全裸を晒す画面に、声を上げて泣きだした。
「そんなに泣かなくていいじゃないですか。そんなに、僕とのオ○ンコが気持ちよかったですか?」美沙の唇を
吸った。

「やめて、早く出ていって!」語気を荒めて言う。
「わかりました。出ていきますよ」ビデオを停めて、テープを取りだした。
「それは返して!」美沙が奪おうとした。
「そうは行きませんよ。これがなかったら、レイプされたって訴えられますからね」高杉は大事にテープを抱え部屋から出た。
「参ったな。こんな早く効き目がなくなるなんてな」廊下で服を着ていると 「う、う、う!」美沙の泣き声が聞こえてきた。
「泣いたって遅いよ。もう俺とオ○ンコしたんだから。これからもやらせて貰うからな」悪びれる様子もなく、服を着込むと自分の研究室に戻った。
「所長で効果はわかったが、もっと使い道 はないかな?」またウィルスの増殖を始めた。

翌日、高杉は何もなかったように普段通りに仕事をしていると、美沙が訪ねてきた。
「高杉君、お話ししたいことがあるの」
「話ね。それよりも、年上に向かって君付けはないでしょう?」
「ごめんないね。高杉さんに、お話がありまして」慌てて言い直す美沙だが、今までとは立場が逆転している。
「そうですよ、それでいいんです。ところで話って何ですか?」
「昨日の事よ。お願いだから、誰にもあのビデオを見せないで欲しいの。それに、セックスの事も …」恥ずかしいのか、項垂れたままだ。

「勿論、誰にも見せませんよ。その変わりいいでしょう?」スカートの裾を持ち上げた。
「な、何をする気なの。声を出すわよ!」
「そんな、態度だったら約束できませんね。皆に見て貰います」
「それは、やめて。好きなようにしていいから、誰にも見せないで。それに…」
「オ○ンコの事も、言って欲しくないですよね?」高杉は、なおも持ち上げると、白いパンティが股間を包んでいる。

「今日は白ですか。明日は、何も無しでお願いできませんか?」そのパンティを引き下げ絨毛を撫でていく。「やめて、見るだけにして貰えませんか?」泣き声で言う。
「そんなの無理ですよ。所長のオ○ンコを、見るだけだなんて…」絨毛を掻き分け、淫裂を触っていく。
「許して…。お願いだから、性器は触らないで下さい…」下を向いた美沙の目から涙が落ちた。
「仕方ないですね。オ○ンコがイヤなら、オッパイにしますか」今度は、白衣のボタンを外して、乳房を露わにしていく。
ブラウスの裾を引き上げ、ブラジャーをずらして両乳房を露わにし、握りしめた。
「やめて、お願いです…」美沙は泣き声になっている。
「所長、泣いているんですか。これくらいで泣いてどうします。これからも僕と付き合うんですよ」その言葉に顔が震えだした。

「そんなに、怯えなくていいでしょう。取りあえず、今回はフェラして下さい」
「イヤ、そんな事できない!」
「何だ、フェラ知っているんだ。やらないなら、約束はできませんからね」
「やるわ。だから、誰にも言わないで…」高杉の正面に膝を付け、チャックを引き下げると、手を入れて肉竿を取りだした。
「この事も、言わないで。約束よ」そう、言ってから、肉竿を口に入れる。
「言いませんよ、約束します…」上擦った声で、返事すると同時に、肉竿が膨らんで いく。

「ウグ、ウグ!」美沙は、週刊誌で読んだ通りに、舌で肉竿をなめながら、首を振りだした。
「気持ちいいですよ、所長にフェラして貰えるなんて夢みたいで…」満足そうに、美沙の頭を撫でていく。
(さてと、素っ裸の写真とオ○ンコビデオだが、どうしたらいいか…)考えながら頭を撫でていると、クライマックスを迎えた。
「出る、出る!」その声に、美沙は首を振るが、頭を押さえられ肉竿を吐き出せない。
(イヤよ、口に射精されるなんて!)不快な液体が咽の奥に漂いだした。
「所長、気持ちよかったです」絞るように、出し終えると肉竿を抜いた。
と、同時に美沙は「オェ~!」白い糸を垂らしながら吐きだす。

「そんな吐き出すなんて失礼な。これからは飲んで下さい」
「そんな、飲むだなんて…」顔が曇った。
「イヤですか、僕のザーメンを飲むのが?」
「飲みます。ですから、誰にも言わないと…」美沙はそれを言うのがやっとだ。
「わかっていますよ。それより、今度の休みは付き合って貰えますからね」
「セックスもですか?」小さな声だ。
「当然です、所長のヌードを撮りますから」
「イヤ、ヌードはイヤ。絶対に脱がないからね!」

「仕方ないですね。ビデオで我慢します。それに、コピーして裏に売っても、いいんですよね?」
「やめて。そんな事されたら、生きていけない…」美沙の涙が止まらない。
「だから僕の言う事を聞いて下さい。誰にも見せませんよ、所長のヌードは」そう言いながら唇を吸った。
「約束よ。ヌードを誰にも見せないって!」
「約束します。それから、明日は下着無しで来て下さいよ。ブラもパンツも 無しで」
「わかったわ、下着無しで来るわ」美沙は、手で涙を拭き、研究室から出ていく。
それを見て高杉は「これで、俺の思うがままになるぞ!」笑顔で培養器を見つめている。




 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA