塀に囲まれた白百合 赤井の視察

【第12話】

時間がドンドン経っていく。
「有美、楽しかったかしら?」
「ええ、久しぶりだしね」2人は起きあがり、浴室に入っていく。
「どうして、ヘアを剃ったか分かる?」
「多分、旦那さんの舌が、アソコをなめやすくでしょう」
「その通りよ。それに、信二さんがヘアを剃るの。剃った日は凄く燃えるのよ、私も燃えるけど」2人はシャワーを浴びながら話し合っていた。

「有美も、いずれは夫を貰わないと」
「分かっているわ。いつまでも、刑務所入れないのは知っている。でも…」後が続かない。
「男が怖いんでしょう。私も最初はそうだったけど、信二さんとセックスしてから考えが変わったわ」
「セックスって、そんなに考えを変えるの?」
「そうなの。オチンチンには魔力があるみたいで、夫が好きになってしまったのよ。いやだったのに、不思議だね」
(セックスすれば、女は変わるのかしら?)思いめぐらす有美だ。

「どう、有美もヘアを剃って貰う、信二さんに?」
「イヤよ、男に性器の中を見せるなんて!」拒む有美だ。
2人は体の隅々まで洗い、バスタオルを巻き付けてから浴室から出てきた。
「お腹空いたでしょうから、用意するわ」
「私も手伝うわよ」2人は服を着てから食事の支度をした。

その夜、有美はふと目が覚めた。
「いや、いやー!」小さな悲鳴が聞こえてくる。
「珠美の声だわ、隣からだ…」襖越しから明かりが漏れている。
「何をしているのかしら?」悪いとは思いながらそっと襖を開けて覗いた。
「!」思わず声を出すところだ。

珠美は両腕を赤い紐で縛られ、両乳房の上下にも巻き付けられて、乳房を絞り上げ、天井から吊る下げられている。
「有美がいるの、今日はやめて」
「欲しいんだ、有美のヌードを見たら、珠美としたくなったんだ」
「わかったわ、でも今夜は軽くよ。聞こえるから」
「分かっているよ。まずは、剃るからね」

「ヒー!」足が広げれ、乳房を絞り込んでいく。
(縛られた上、性器を剃られるなんて…)生えかけたばかりの絨毛が、カミソリで剃られていく。
珠美が「あ、あ、あー!」声を上げると「気持ちいいのか、淫乱な珠美!」問いただす。
「はい。珠美はオ○ンコが好きですから…」
「そうか、そんなにオ○ンコが好きか」指が淫裂に入り動いていく。
「あん、あん、あん!」自然と体が反って、さらに乳房を締め付けている。
「オッパイにも。オッパイにもしてください…」
「何だ、もうオッパイにして欲しいのか。スケベだぞ珠美は」
「珠美は淫乱ですから、仕方ありません…」乳房も撫でられて、指が動く度に淫裂から淫汁が流れ出ている。

「下さい、オチンチンでして下さい…」
「もうやりたいのか、オ○ンコを!」
「はい、珠美とオ○ンコして下さい」
「そうか、オ○ンコしたいのか、だったらやるぞ」背後から全裸になった信二が肉竿で淫裂を突きだした。
「いいわ、オ○ンコが気持ちいい!」乳房がさらに絞り上げられて、変形している。
(変わったわ、珠美さんが、変わった…)黙ってみている有美だが、指が淫裂を触っている。

(射精したわ、あんなに出して!)珠美の淫裂から白い液体が流れ出ている。
「今度はバックからだ、オ○ンコが好きなんだろう?」
「はい、もっとオ○ンコして下さい」天井から吊された紐が解かれて、お尻を突き上げている。
「いいね、オ○ンコが丸見えで。ほら、これを先にしないと」萎縮した肉竿を口の中に押し込まれている。
「フグ、フグ!」(汚い、射精したばかりのオチンチンをなめている!)有美はそれを見ていた。

やがて、肉竿が大きくなり、使用可能となっていく。
「ほら、バックからだ」頭で体を支え、お尻を両手で持たれ肉竿で突かれていく。
「あん、あん、あん!」腰の動く度に、悶え声を上げている。
「もっと下さい、もっと奥まで突いて下さい」
「こうか?」股間同士が密着して「ピシャ、ピシャ!」と音がしていく。
「そうです。珠美はこれが好きです…」両腕を縛られ、乳房が変形しているのに、気持ちよさそうに声を上げていった。

そして、放出を終えて珠美夫婦はぐったりしている。
「あなた、よかったわ。頑張ったのね」
「ああ、珠美もよかったよ。これで間違いないよ」
「勿論です、あなた!」腕を縛った紐が解かれて2人は抱き合う。
(演技だったんだ。でも、あんなので、感じるのかしら?)珠美の部屋の明かりが消されて、有美も布団の中に戻り、眠りに入った。

翌日、珠美夫婦は有美を車に乗せて観光案内をしていく。
信二は珠美に気を遣い休暇を取って「ここが有名な所よ」史跡を回り続けてから、レストランに向かった。
「お待ちしておりました。お連れ様がお待ちになってます。こちらへどうぞ」3人はボーイの案内でテーブルに向かうと、男性がいた。
信二は「来ていたか、安心したな」顔が笑顔になっている。
「ずいぶん、待たせたかしら?」珠美も言うと「いいえ、そんなにじゃありませんよ」応えている。

(あいつだわ、オッパイとスカートの中を見ていた奴だわ)その男は電車で有美の前に座った男だった。
「紹介するよ、僕の仕事仲間で赤井君だ」
「赤井秀夫です」
「赤井君は、男世界での仕事だから、女性をよく知らないんだよ。困った事にね」
「あら、有美だってそうよ。井田有美さんなの。刑務官をしているけど、女性ばかりで男性を知らないのよ」
「井田有美です」一応挨拶していく。
「赤井です、よろしくお願いします」こうして、赤井が加わり、4人で観光巡りをしていく。

その夜は珠美が有美と一緒に寝ている。
「いいの、旦那さんとエッチしなくて」
「いいんだって、昨日はいっぱいしたから休まないと。今日は有美とするからね」
「わかったわ、もうできないかも知れないしね」2人は夜遅くまで抱き合い、悶え声を上げ続けていた。

そして、数週間が過ぎた。
いつものように刑務官室で仕事をしていると所長が現れた。
「来週視察があります。案内は井田有美さんにお願いしますよ」
「私が案内ですか?」体が震えていく。
「そうです、井田さんとの指名ですから」
(どうしてよ。どうして、私が選ばれるのよ!)不満に思いながらも「分かりました、やってみます」力無く答える有美だ。

「頼みましたよ」所長が出ていくと「有美さん、イヤよ。別れなければいけないなんて」美穂は泣き顔になっていく。
「泣かないの、女性は皆が体験しなければならない事なのよ」
「でも、所長さんだけは、どうして、いいのよ?」
「亡くなったの、婚約中に。だからそのままなの」
「だったら、有美さんの婚約者も亡くなったら、これからも一緒にいられるの?」
「バカな事言わないで。縁起悪いわよ」尚子が美穂に釘を刺した。
「そうよ、いずれ美穂も体験しなければいけないのよ」そっと美穂を抱きしめる有美だった。

だが、有美に落ち着きがない。
(オチンチンで膣を裂かれるんだ…。きっと、痛いはずだ…)珠美夫婦のことが目に浮かんだ。
(でも、痛くないって言っていたし…)考えてばかりいた。
「有美さん、心配なんでしょう。視察案内が!」尚子が見抜いて言う。
「そうなの。男の相手だなんて、ホントはイヤなの。ここにいたいしね」諦めて言う有美だ。
「珠美さんもそうだったわ。でも、幸せだったんでしょう?」
「ええ、とてもいい夫婦になっていたわよ」
「だったら、有美さんも珠美さんみたく、賭けないと」
「そうね、尚子の言う通りだわ」やっと踏ん切りが付いて視察の日を迎えた。

刑務官室には刑務官の全員が揃っている。
そこに、所長に案内された男が入ってきた。
(赤井さんだわ。赤井さんが、私を求めただなんて!)思わず顔が強ばってしまった。
「視察に来られた赤井秀夫さんです。井田さん、案内をお願いしますよ」笑顔で言う所長だ。
「赤井秀夫です、よろしくお願いします、井田有美さん!」赤井は有美に握手を求めた。
(どうして、私を選んだのよ。男は嫌いなのに!)
(僕はあなたが気に入ったんだ。有美さんに賭けるんだ、僕の人生を!)有美も握手していく。

「早速ですが、案内をお願いします」
「わかりました、ご案内します」有美は秀夫を連れて刑務所内を案内していく。
「ここには、オナニー室があると聞いてますが?」
「それでしたら、これから案内します」有美は刑務所内にある、オナニー室に案内していく。
「ここに座って、受刑者がオナニーをします」恥ずかしそうに有美が言う。
「オナニーは、どのようにやるんですか、実演して貰えませんか?」
「わかりました、私が実演します」(イヤだけど、やらない訳にはいかないし…)視察官の言う事は、聞かなければならないのを知っているから、嫌々ながら制服を脱いでいく有美だ。

上着、ワイシャツと脱いで上半身はブラジャーだけになっている。
(恥ずかしいわ、男の前で脱ぐなんて!)顔を赤らめ、震える指でズボンを脱いでいく。
「綺麗ですね、思った通りの体つきです」感心しながら赤井は有美の下着姿を見ている。
「恥ずかしいです、そんな事を言われると」俯いたまま、パンティを掴み下げた。
(オ○ンコが見えるぞ、さすがに処女は綺麗だな。変形もしてなければ、黒ずんでもない!)ピンクの割れ目が、足を上げる度に見えている。

(性器の中まで、見られた…)赤い顔が、さらに赤くなっていく。
パンティを脱ぎ終えると、今度はブラジャーを脱いでいく。
「大きなオッパイですね、触っていいですか?」
「だめです。まだ、婚約してませんから、見るだけです」体を引いていくと、有美のブラジャーからこぼれ出た乳房が揺れていく。
(触りたい、早くオ○ンコもしたい!)赤井の股間が一気に膨らんでいる。

それには有美も気が付いた。
(間違いなく、指名されて処女膜を破られてしまう!)体を震わせながら、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「それでは始めます、受刑者はこうします!」真っ赤な顔になった有美は、目を閉じて、ゆっくり乳房を撫でながら、淫裂の割れ目に沿って指を動かしていく。
(見られている、私のオナニーを見られている!)太股もブルブル震えていた。
「受刑者は、そうやっているんですね?」
「はい、受刑者はこうしてます」

「有美さんも、オナニーをしますか?」赤井が言う。
「はい。たまにします。でも、同性愛の方が多いです…」恥ずかしさで声が上擦っている。
「有美さんの女なんですね。シンボルを見せてください。もっと足を開いて!」
(性器を見たいだなんて。そんな…!)やるしかないのは知っている。
有美はゆっくり足を広げて、赤井に自分の股間の奥を見せていく。
(見られている、性器の中まで見られている!)有美は目を閉じ指が動かしている。
(やりたい、有美とオ○ンコがしたい!)赤井はチャックを下げて、肉竿を取り出し、有美の目の前に差し出した。

「開けて、目を開けて!」赤井の言葉に有美は目を開けた。
「!」(オチンチンだわ、こんなに大きなオチンチンが!)目の前に、そそり立つ肉竿があるではないか。
「やって、下さい。せめて、口でして欲しい。イヤならここでオ○ンコするよ、規則違反だけど」
「イヤ、セックスは立ち会いでしたい。口でさせて!」有美は喪失してからの立ち会いはイヤだった。
(処女の証明をしないと、名折れだし…)過去の先輩に倣いたくて、嫌々ながら赤井の肉竿を口に迎え入れた。
「ウ、フグ、フグ!」大きな肉竿が有美の咽まで入っていく。
「オッパイも触るからね」有美の両乳房が揉まれていく。
(イヤ、こんなのイヤよ、婚約してからしましょう、それだったら何をされてもいいわよ、縛られてもいいわ!)

飢えた赤井はゆっくり乳房を揉んでいく。
「やめて、もうやめましょう。婚約したらいいけど、今はいやです!」やっと、肉竿を吐きだして出して言う有美だ。
「そうだな、有美さんの言う通りだ。婚約してからセックスしよう」素直に肉竿をズボンの仕舞い込もうとするが、勃起しているから、なかなか収まらない。
(大きいわ、膣が裂けないかしら?)肉竿に怯えながらも「服を着ても、いいですか?」聞く。
「いいよ、確かめたから。早く行こうよ、所長室に!」

「私を指名する気ですね?」
「勿論さ、同僚の紹介で会った日から、有美さんのヌードを思いながら、やっていたんだよ」
(不潔よ、私のヌードでオナニーなんて!)黙ったまま、脱いだパンティを履いていく有美だ。
(早くやりたいな、有美とオ○ンコが!)赤井は有美がパンティを履いた後、ブラジャーを乳房に被せているのを見ていた。
(イヤ、お願いですから見ないで下さい。セックスの相手はしますから)ブラジャーを着け終えると、制服も着込んで刑務官の姿に戻った。

 



 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA