塀に囲まれた白百合 慰安会

【第10話】

美穂が乳房を縛られてから30分ほど経った。
「良かったわ、有美さん!」顔を真っ赤にしている。
「もう、ダメよ。こんな、変態の真似事はしないからね」
「わかってます、有美さん」紐が解かれ、鬱血した乳房にブラジャーを押しつけ、ホックを留めていく。
その後に制服を着込み、有美と一緒に刑務官室に戻って来た。

「あら、早かったのね。もう、いいの?」
「はい、火照りも収まりました」
「そう。それなら、巡回に行きましょう」美穂と有美は、受刑者達が作業をしている作業棟に足を運んでいく。
「異常は無いみたいね」
「はい。まじめにやっています」
「そう、安心したわ」作業棟を一回りすると、雑居房に足を運んだ。
「あら、まだ気を失っているわよ」美穂の目の前には、生まれたままの姿の女性が5人並んでいる。
「これでも懲りないのよ。この5人はね」
「よほど、飢えているのかしら?」
「きっと、そうかもよ」話をしながら刑務所の中を見回り終えて刑務官室に戻って来た。

そして、夕方近くになって、あの受刑者5人が刑務官室を訪れた。
「あらー。髪の毛を切った上にヘアまで剃ったなんて!」5人は全裸だった。
しかも、髪の毛を短く切り、股間のヘアも綺麗に剃ってある。
「これで許して下さい。1週間はフルヌードで過ごしますから…」恥ずかしそうに、真っ赤な顔になっている。
「美穂、どうする?」
「そうね。性器の中を毎日見せてくれるならいいわよ」薄笑いを浮かべる美穂だ。

「こうですね?」5人は両手で自分の淫裂を広げていくが、恥ずかしいのか、顔を横に向けて淫裂の中を美穂達に晒していく。
「あら、こんなに黒ずんで。やり過ぎよ、レズとオナニーを!」
「言わないで下さい、恥ずかしいんです!」淫裂を広げた手が震えている。
(そうよ。もっと、恥ずかしい思いをしないとね)「わかったわ。1週間はその姿で暮らしてね」
「許して貰えて、ありがとうございます」5人は刑務官室から出て雑居房に戻った。

翌朝、受刑者の全員が外に集められた。
その中に、生まれたままの姿の5人がいて、乳房と淫裂を露わにして列に並んでいる。
「あら、あなた達、またヌードになったのね。もう、しないといいながら、またやったんだ!」所長は全裸の5人に声を掛けた。
「本当に、もうしませんから、許してください…」泣きながら言う受刑者だ。
「許すのは、私じゃないわよ。とにかく、その姿で頑張って」所長が訓辞をしてから解散となり、それぞれ決められた作業を行っていく。

そのころ、所長は今度の事件で、受刑者達も刑務官をレズの相手にしたいと知り、考えを巡らせている。
「そうだ、全員がヌードになって慰安会をしたらいいわ」とんでもない事を思いつてしまった。
そのことが、刑務官室にいた有美や美里達に知らされた。
「そんなー。受刑者と一緒にヌードになるなんて!」
「私達は彼女たちの監視役ですから、ヌードなんてイヤよ。私達を見ながらオナニーもするんでしょうから…」反対の声があがった。

「でも、考えてごらんなさいよ。受刑者達の演劇や踊りを見るのもおもしろいわよ。しかも、ヌードでするのよ」
「所長もヌードに?」
「勿論よ。恥ずかしいけど、ヌードになるわよ」所長がそう言えば、従わざるを得ない。
「分かりました。いつ慰安会を行いますか?」
「2週間後にしましょう。それに、あなた達も何かしないとね」
「分かりました、何かします…」渋々承知した。

慰安会の事は受刑者に伝えられた。
「バカだった。あの子のヘアヌードを見れるんだったら、やるんじゃなかった…」後悔している全裸の受刑者だ。
「でも、あなた達のお陰で、私達もあの子の素っ裸が見れるのよ。感謝するわよ」全裸になった受刑者達は仲間から乳房を触られたり、淫裂を触られたりして歓迎された。
「でも、何をするの、慰安会で?」
「雑居房ごとに、やるっていってたわね。内は踊りで行きましょうよ」
「踊れるの、あんた?」
「勿論よ。私、ストリッパーもやらされたから、自信あるわよ」
「そう、それならいいわ。踊りで行きましょう」
各房ごとに出し物も決まり、作業が終わると部屋の中で練習が行われていく。

当然に有美や美里達も練習している。
有美達は演劇を計画し「はい、そこで有美さんと美穂のラブシーンよ」待っていましたとばかりに、美穂と有美が抱き合い唇を重ねていく。
「ダメよ、オッパイを撫であってからよ。性器も触って!」
「尚子ったら、監督が板に付いているわね」
「当然よ、演劇部出身ですから」有美と美穂は言われた通りに、服の上から胸を撫で合い、股間を撫であってから唇を重ねていく。
「いいわよ。次は克子さんと香織さんのベッドシーンね」
「恥ずかしいわ、こんなのを受刑者の前でやるなんて…」
「文句は言わないの。私だってオナニーをするんだから」尚子が言い放つ。
練習は美里の班でも行われていた。
「はい、そこで歌って!」踊りながら歌う、ミュージカルに取り組んでいた。

練習は毎日のように行われ、いよいよ慰安会の日となった。
「恥ずかしいわ、ヘア丸出しのヌードだなんて…」恥ずかしそうに刑務官室で制服を脱いでいく。
「乳首が立ってるわ。興奮してるの、美穂?」
「だって、恥ずかしいわよ。受刑者にヘアヌードを見せるなんて…」ブラジャーを脱ぎ、パンティも脱いでいく美穂だ。
「あら、克子さんも乳首が立っているわよ!」
「仕方ないわよ、恥ずかしいの。性器も興奮しているのよ」パンティを脱いでいく克子だ。

勿論、有美もパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
「有美さん、綺麗よ。早くしたいわ」露わになった乳房を美穂が撫でだす。
「ダメ、今はダメ。始まってからしましょう」有美も美穂の乳房を撫でて言う。
「そうね、始まってからね」乳房から手を退けていく2人だ。
「準備はいいわね。行きましょう!」全員がフルヌードになると、刑務官室から出て、慰安会の会場のへと向かった。

一行が乳房を揺らせ、お尻を振って歩いていくと「待っていたわよ、入って」やはりフルヌードになった美里が入り口で待っている。
「美里さんも綺麗ね。ヘアも手入れしてあるんだ!」
「あら、有美さんも綺麗よ。ヘアを手入れすれば、もっと綺麗に見えるわよ。それより入って!」里見にせかされて、中に入ると受刑者達も、乳房と股間を露わにして立っている。
「来たわよ、新入りの子が!」ヒソヒソと話されて、美穂の乳房と股間を食い入るように見ている。
(見られているわ、性器とオッパイが!)美穂の体が赤く染まっていく。
「可愛いわ、あの子と楽しみたいわ」
「ダメよ。あの子は相手がいるから」
「残念ね、楽しみたいのに…」
「それにしても、みんな綺麗なオッパイね。それに、皆が処女なんだって!」
「ホントなの?」
「ホントよ。ここの刑務官は、処女でないと、なれないんだって!」そんな話が交わされている。
「静かに。それではこれより慰安会を始めます」お腹に脂肪の付いた所長の言葉で、ヌードの慰安会が始まった。

最初は踊りから始まった。
「いいわね、オッパイを揺らすのも」
「そうよ、オナニーしたくなっちゃった」こそこそと、乳房と淫裂を触っていく受刑者だ。
その間にも、演技が進んで受刑者達の皆が終え、美里の班も終えて最後に有美達の番になった。
「いくわよ!」有美達は練習した通りに演技していく。
「有美さん!」「美穂!」全裸の2人は練習した通りに、乳房と股間を撫で合いながら唇を重ねていく。
「私もしたくなったわ」「私としようよ」2人に倣い、お互いに乳房と淫裂を撫で合う。
「あ、あ、あー!」美穂と有美は悶え声を上げ、見ている受刑者達も悶え声を上げ始めた。

美穂と有美のレズが終わると、今度は克子と香織が抱き合い、シックスナインで乳房を吸い合い、淫裂もなめ合っている。
「欲しい、私も欲しい!」「私もよ、欲しいの!」受刑者達もシックスナインになって、淫裂を指で触り合っていく。
「いいわ、いいわよ!」悶え声も上がり、会場は熱気を帯びてきた。
「美里さん、欲しい!」「いいわよ、私もしたくなった」刑務官達も抱き合い、乳房、淫裂と触り合う。

舞台には、新たに尚子は登場した。
「あ、あ、あー!」克子と香織の愛し合う姿を見ながらオナニーを始めていく。
「私もオナニーしたい…」所長も指で淫裂と乳房を弄り始めた。
「もっとしましょう、行きたいの…」
「私もよ、行くまでしましょう」美穂と有美も舞台に出て、シックスナインになり淫裂と乳房を触り合う。
「あん、あん、あん!」「いいわ、いいわよ!」2人の淫裂からは淫汁が流れている。
いや、2人だけでなく、受刑者や刑務官の皆が淫裂から淫汁を流している。 

そして、慰安会は2時間ほどで終えた。
「よかったわ。また慰安会を計画してください」
「あら、そんなによかったの?」
「はい、こんなに濡らしてしまいました…」受刑者達の太股が淫裂から流れた淫汁で濡れている。
それは、受刑者だけでなく、刑務官の皆も太股が淫汁で濡れていた。
「井田さんは、どうでした?」
「はい。たまにはいいと思います、私も行きましたし…」興奮が冷めず、顔が火照っている。
「そうね、私もこんなに濡らしたしね、半年に1回ぐらいならいいでしょう」
「ありがとうございます」笑顔になっている受刑者達だ。
「でも、許可の無い同性愛は許しませんよ。それにオナニーも」
「わかっています。慰安会と同性愛室はいいですよね?」
「そうよ、規則は守ってね」
「守ります。楽しみたいですから」
「いい心がけよ。約束したからね」所長の一言で、半年に1回のヌード慰安会が決まった。

慰安会が終えてから数日経ったある日、刑務官室に戻った有美に、珠美から手紙が届けられた。
「有美さん、手紙よ」「ありがとう」受け取り、封を切って読んで行くと「へーえ!」声を上げてしまった。
「どうしたの。声なんか、出して」
「珠美からよ。幸せだって書いてあるのよ」
「ホントかしら。だって、有美さんと楽しんでいた仲でしょう?」
「それがね、旦那さんに抱かれてから、考えが変わったって書いてあるのよ」
「信じられないわ。有美さんも、そう思うでしょう?」
「そりゃあ、信じられないわよ。1回、男とセックスして考えが変わるなんて、信じられないし…」

「それだったら、珠美さんに会いに行きましょうよ」
「そうね、会ってみたいわ。珠美も遊びに来てくれって書いているし。でも、全員は無理よ、休暇が取れないし」
「代表して、有美さんに行って貰いましょうよ」
「わかった。代表して会いに行くわ」同僚と約束した有美は早速手紙を書いていく。
「その代わり、3日間は休暇を取るからね」
「いいわよ、有美さんの好きな日に取っても」
「だったら、再来週に取る」手紙にも訪問する日を書き込んだ。
そして、珠美からも「歓迎します。ぜひ来てください」との手紙も届き、有美は同僚の見送りを受けて、刑務所から出て行った。

 



 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA