シチリアの熱い風 懐かしい感触

【第9話】


俊介はそんな風に軽く流してくれた。

(どうして怒らないの?嫉妬してくれないの?私への心遣いで我慢しているの?)

激しく罵られることを覚悟していた私は、あまりの歯応えの無さに拍子抜けしてしまった。

その夜の俊介はすごかった。
風呂から上がった私に、待ちかねたように激しく抱きしめて、そのままベッドに押し倒した。
そして身体中にキスの雨。

「ああん!まだ髪も乾かしていないのに~」
「イヴ!君が欲しいんだ!今すぐに欲しいんだ」
「いやん!そんなに乱暴にしないで~」

俊介は乳房を揉み始めたが、おだやかに攻めてきたあの頃とは全く違う。
すごく激しいのだ。

「痛い!そんなに強く揉んじゃいや!もっと優しくして・・・」

俊介は早々と私の両足を開かせて、顔を近づけてきた。

「ねえ、イヴ、ここをどんな風にされたの?」

俊介は私の返事を待たずに、クリトリスの包皮を指で剥き出しにした。

「あぁん・・・いやぁ・・・」
「ねえ、ここをこんな具合にいじられたの?」

覆うものを失ったクリトリスを、俊介は指でクリュンクリュンと円を描き始めた。

「あ、そこ、だめ、そこ、だめ、感じちゃう!いやん!」
「それともこんな風に舐められたのか?」
「ああっ!ダメッ!いやっ!そんなこと、そんなことされてないわぁ~!」
「嘘だろう?きっとされたはずだ!」

俊介は舌の回転速度を上げて左右に往復させてきた。

(レロレロレロレロ!レロレロレロレロ!)

「ああっ!いやっ!そんな激しくしちゃだめぇ~~~!!」

私の性感を知り尽くした男の愛撫はさすがに効く。
私のアソコからは早くも恥ずかしい蜜が滴り落ちているのが分かる。
あぁ、何と懐かしい感触だろうか・・・
ジョルジョも下手ではなかったが、俊介はやはり壷を心得ている。

「ふふふ、すけべなイヴ。もうこんなによだれを垂らしちゃって」
「いやん、そんな恥ずかしいこと言わないで・・・」

俊介は嫌らしい言葉を並べながら、私の柔らかな蜜壷をめちゃめちゃに揉みしだく。
俊介は私とは逆向きにうずくまって、蜜壷を覗き込むようにしながら激しく攻め立てる。
チラリと見える俊介のペニス・・・ジョルジョよりも小さめだけど、硬さではジョルジョよりも上だろう。

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA